HOME >防災・危機管理 > 東松島市内震災復旧・復興状況写真2016.2

東松島市内震災復旧・復興状況写真

東松島市では、平成23年3月11日に発生した東日本大震災(地震名:東北地方太平洋沖地震)により、大きな被害と多くの犠牲者がでました。震災後、もうすぐ5年が経とうとしています。
ここでは、現在の復旧と復興状況を写真でお知らせします。

最終更新年月:2016年(平成28年)2月

■掲載している写真全般に関する問い合わせ   総務課秘書広報班  内線1216

 

【東松島市内の東日本大震災被害写真と復旧・復興状況写真】

※無断使用・無断転載は固く禁じます。 リンク・著作権・免責事項

◆大曲浜地区

大曲浜地区被害写真
▲津波により港から住宅地を抜け運河まで流された船

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲船や瓦礫が撤去され震災後よりきれいにはなったが・・・

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
 ▲瓦礫はなくなったが、被災跡地は原野のまま・・・

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況




▲残った住宅も解体され、土地区画整理事業が進められています

 

大曲浜地区被害写真
▲住宅街が流され原野のようになった大曲浜

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲ほとんどの住宅が流出し、残った住宅も津波危険区域のため解体予定

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲ほとんどの住宅の解体が終了。今後の区画整理が待たれます

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲土地区画整理事業の真っ最中。盛土と造成が行われています

 

大曲浜地区被害写真    

大曲浜地区被害写真
▲地震により陥没した大曲浜の県道。先の橋は流された船の衝突で落下

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲仮橋が設置され当面の通行は可能に 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真 
▲当分は仮橋のままで通行
平成25年11月現在の写真 平成25年11月現在の写真
 ▲堤防も仮復旧の状況       ▲左写真の拡大。内側を埋立中

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況

平成28年2月現在の状況
▲以前の橋の位置に新たな橋を建設中

 

大曲浜地区被害写真
▲津波により流出し、堤防決壊で海と繋がった田んぼの中に残る住宅

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲瓦礫が撤去されたが、水田の復旧には1~2年が掛かる見込み

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲平成26年度には、ほ場整備が行われ復旧する予定

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲ほ場整備が完了し、東西へ横断する高盛土道路の工事が進む

 

大曲浜地区被害写真
▲家屋の瓦礫が滞積した蜂谷前から見た大曲浜

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲ほとんどの瓦礫が撤去されたが復旧はこれから

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲平成26年度の「ほ場整備」が待たれる

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲ほ場整備も終わり春から田植えが始まる

 

大曲浜地区の被害状況大曲浜地区の被害状況大曲浜地区の被害状況大曲浜地区の被害状況大曲浜地区の被害状況大曲浜地区の被害状況大曲浜地区の被害状況大曲浜地区の被害状況
▲大曲浜地区の被害状況

 

◆移転先地の復興事業進捗状況

■平成25年11月現在の東矢本駅北地区移転先地の状況
(東矢本駅北地区土地区画整理)
東矢本駅北地区土地区画整理
▲中央の造成地が東矢本駅北地区土地区画整理

 

 

■平成25年11月現在のイオンタウン矢本北側災害公営住宅の状況
(小松・谷地地区災害公営住宅)
小松・谷地地区災害公営住宅
▲左下が完成した3階建ての災害公営住宅。平成26年春入居予定

 

 

 

◆野蒜地区
野蒜地区被害写真
▲津波により住宅街が流され消滅・・・(新町)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲かつての住宅街も津波危険区域により非住宅地のため原野に

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲現在も震災後と変わらない状況

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲現在は堤防と水門の復興工事を実施中

 

野蒜地区被害写真
▲住宅のほとんどが基礎だけ残し流出(新町)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲残った住宅や基礎は近々解体撤去の予定

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲瓦礫は撤去されたが、津波危険区域のため住宅を建築できずそのまま

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲住宅地から農用地等として活用するため整備された

 

野蒜地区被害写真
▲防波堤も大きく削られるなど津波の前には無力

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲仮復旧で防波堤を整備

■平成25年11月現在の状況     ■平成28年2月現在の状況
平成25年11月現在の写真 矢印 平成28年2月現在の状況
▲復旧時から変わらず

 

野蒜新町地区の被害状況野蒜新町地区の被害状況野蒜新町地区の被害状況野蒜新町地区の被害状況野蒜新町地区の被害状況野蒜新町地区の被害状況野蒜新町地区の被害状況野蒜新町地区の被害状況
▲野蒜新町地区の被害状況写真

 

野蒜地区被害写真
▲野蒜小学校の1階まで津波が押し寄せ体育館も冠水

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲体育館脇の校庭には仮設野蒜市民センターと仮設消防署等を設置

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲被災した野蒜小学校体育館は危険なので取り壊された

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲野蒜亀岡地区。5月から移転先北部丘陵地の土地引渡しが開始予定

 

野蒜地区被害写真
▲津波により仙石線も流され、前側2両は折れ曲がり住宅地内に

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲仙石線車両も撤去され跡地は雑草だらけ

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲現状は変わらず 

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲現在も変わらず

 

野蒜地区被害写真
▲野蒜海岸沿いの市道の道路も削られ海(湖)のように・・・

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲仮復旧された隣接する県道。市道は砂利道で仮復旧

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲海岸側工事のため、現在は市道側のみが宮戸地区に行くメイン道路

 

 ■平成25年11月現在の野蒜地区移転先地の状況(野蒜北部丘陵土地区画整理)
野蒜北部丘陵土地区画整理
▲手前はベルトコンベアー排出口でその上に旧野蒜駅。その上右が新野蒜駅
を含む野蒜地区の移転先地

野蒜北部丘陵土地区画整理
▲中央が東名地区の移転先地。手前が野蒜小で一番手前は鳴瀬二中跡地

奥松島ソーラーパーク
▲奥松島運動場跡地に建設された奥松島ソーラーパーク

 

 野蒜州崎・赤崎地区の被害状況写真野蒜州崎・赤崎地区の被害状況写真野蒜州崎・赤崎地区の被害状況写真野蒜州崎・赤崎地区の被害状況写真野蒜州崎・赤崎地区の被害状況写真野蒜州崎・赤崎地区の被害状況写真野蒜州崎・赤崎地区の被害状況写真
▲野蒜洲崎・南赤崎地区の被害状況写真

野蒜地区被害写真
▲津波で東名運河に流された家屋と破壊された家屋の瓦礫

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
 ▲瓦礫等は撤去されたが、ガードレールは仮復旧

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲ガードレルは復旧されたが、道路は復興工事車両が通過するため仮復旧 

 


 ▲津波を受け1階が浸水した野蒜駅

■平成28年2月現在の状況

▲現在の旧野蒜駅駅舎跡はコンビニとして活用

 
▲野蒜北部丘陵地に完成した野蒜駅。平成27年5月30日仙石線が全線開通 



▲震災時、野蒜駅に停車していた点検専用車両も被災

■平成28年2月現在の状況

▲現在もほぼ当時のままで残されている旧野蒜駅ホーム

 

野蒜地区被害写真

▲野蒜の駅前通りの住宅。自動車や瓦礫が1階に流入

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲移転しないで、現地での復旧を目指す住民の方々

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲現地再建が完了した方々。多くの住民は仮設住宅で区画整理完了を待つ

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲震災後5年を迎え、震災以前のような生活を営む現地再建者の方々

 

野蒜地区被害写真
▲閑静な住宅街もほとんどの住宅が流出・倒壊(西余景)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲津波危険区域になり住めなくなった西余景地区

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲被災家屋や建造物が撤去され更地に。奥では避難道路を建設中

 

野蒜西余景地区の被害野蒜西余景地区の被害野蒜西余景地区の被害野蒜西余景地区の被害野蒜西余景地区の被害野蒜西余景地区の被害

▲野蒜西余景地区の被害状況

野蒜地区被害写真
▲大きくねじ曲げられた線路(東名駅) 

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲米軍のトモダチ作戦で線路が撤去 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲現在も瓦礫撤去後のまま

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲更地になった旧東名駅跡。新東名駅は高台に新設された

■平成28年2月現在の状況

▲野蒜北部丘陵地に新たに完成した東名駅 

 

 野蒜新東名地区の被害状況写真野蒜新東名地区の被害状況写真野蒜新東名地区の被害状況写真野蒜新東名地区の被害状況写真野蒜新東名地区の被害状況写真野蒜新東名地区の被害状況写真野蒜新東名地区の被害状況写真

▲野蒜新東名地区の被害状況写真

 

◆大曲地区

大曲地区被害写真
▲津波の後も冠水が引かず、流された車が住宅の前に寄りかかる(上納)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲潮位による冠水はなくなったが、大雨が降ると冠水の危険が 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲地盤沈下したままでも、ほぼ震災以前の生活に戻ってきている 

 

大曲地区被害写真
▲道路には流された車や物置が散乱(横沼)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲以前の様子を取り戻したようにも見えるが・・・ 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲多くの住宅は現地で修繕又は建て替えを行っている

 

大曲地区被害写真
▲住宅には2m位の浸水の跡(上納)
大曲地区被害写真
▲住宅内は冷蔵庫なども倒れ、床には真っ黒な泥が残る

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲復旧修理が進む一般住宅

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
  ▲現地で再建修繕が完了した住宅
平成25年11月現在の写真
▲震災以前のような生活状況

 

大曲地区被害写真
▲避難者の車が校舎前に(大曲小学校)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲避難所としては閉鎖され、以前のように授業が行われている

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲校庭や花壇の清掃を行う児童たち

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲震災後、校舎屋上に太陽光パネルを設置

 

大曲地区被害写真 
▲大曲浜から流出した建物・車・破壊された建物の瓦礫が滞積(横沼)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
 ▲瓦礫は撤去されたが、現地での復旧には時間が掛かる見込み

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲整備を待つ水田

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲1級都市計画道路の建設予定地。今後、宮城県が工事を進めます

 

◆牛網・浜市地区

牛網・浜市地区被害写真
▲道路に流出した住宅(牛網・浜市)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲瓦礫は撤去されたが、移転するか現地復旧するかが今後の課題

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲流出した住宅のほとんどは移転したが、残った住宅は修繕で現地再建

■平成28年2月現在の状況

▲被災家屋や瓦礫が撤去され、農用地としての利用が行われる跡地(左)

 

牛網・浜市地区被害写真
▲ほとんどの住宅が冠水(牛網)

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲住宅地内の空き地には仮設住宅を建設

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲空き地にも住宅が建設され、ほとんど埋まってきている小野駅前地区

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲平成27年12月に小野駅前地区災害公営住宅完成。被災者が入居済

 

■平成25年11月現在の牛網・浜市地区移転先地(土地区画整理事業)

牛網・浜市地区土地区画整理
▲中央の造成地では山を削り土地の盛土を行っている

 

◆赤井地区 

赤井地区被害写真
▲津波により定川堤防が決壊。冠水する赤井南区

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲以前の平穏さを取り戻したかのような赤井南区 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲ほとんどは以前の生活に戻った赤井南地区

 

赤井地区被害写真
▲多くの住宅が1週間以上冠水したままになった赤井南区

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲冠水していたのが嘘のように、以前の状況にもどりつつある 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲地盤沈下の対策として復興事業が進められている

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲排水機場も大型化され地盤沈下による雨水排水に対応

 

赤井地区被害写真
▲避難者の車の全てが水没した矢本第二中学校

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲校庭の水没車や汚泥が撤去されたが、地震により体育館が使用不能 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲手前の体育館を解体し新たに建設中。手前にはテニスコート等を整備予定

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲奥に体育館が新設され、2階には避難場所も設置されている

 

◆小野地区

小野地区被害写真
▲浜市地区の堤防決壊で小野の住宅地も冠水

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲幸い小野地区ではほとんどの家が床下浸水

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲左側水路奥に災害公営住宅が建設中

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲左奥に小野中央地区災害公営住宅(平成26年3月完成 5階建)が見える

 

◆宮戸地区

宮戸地区被害写真
▲破壊された堤防・海岸線と住宅街(月浜) 

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲震災後のままの堤防と海岸線 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲仮復旧した堤防と海岸線

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲堤防の復興工事が進められている

 

宮戸地区被害写真
▲津波にえぐられた県道。水道管がむき出しに

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲仮復旧された県道 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲復旧した県道

 

宮戸地区被害写真
▲津波に破壊された多くの住宅(室浜) 

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲瓦礫が撤去され漁業の早期復旧を目指す室浜地区 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲共同経営での漁業が再開され復興事業に着手した室浜地区

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲復興事業が進む室浜地区

 

■平成25年11月現在の室浜地区移転先地の状況(室浜地区土地区画整理)

室浜地区土地区画整理

■平成25年11月現在の大浜地区移転先地の状況(大浜地区土地区画整理)
大浜地区土地区画整理

 

 

宮戸地区被害写真
▲道路に流出した住宅

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲道路自体には大きな被害もなく、以前のように 

 

宮戸地区被害写真
▲宮戸との通路松ヶ島橋の道路が流され、宮戸島が孤立

■平成23年11月現在の状況
平成23年11月現在の写真
▲橋脚までの道路の土砂を盛り直し、無事連絡道路が仮復旧 

■平成25年11月現在の状況
平成25年11月現在の写真
▲以前のように復旧した道路。海岸線では、復興工事が進められる

■平成28年2月現在の状況
平成28年2月現在の状況
▲現在は、橋の架替工事が進められている

 

■東松島市内の浸水区域

東松島市内の浸水区域

  浸水区域図 (PDF_685KB)

 

先頭へ戻る(ページTOPへ)

 

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー