東日本大震災における東日本大震災による被害状況(平成30年3月1日現在)

遺体収容・死者・行方不明

市内での遺体収容者      1,067人(平成30年3月1日現在)

死者(東松島市民)      1,109人(平成30年3月1日現在)

               ※このうち震災関連死66人を含む

行方不明者(安否未確認者)  24人(平成30年3月1日現在)

ライフライン被害

電気      22,574棟(契約棟数)

ガス漏れ    不明

水道      15,012棟(契約棟数)

家屋被害 平成30年3月1日現在の罹災証明書発行を基に公表分 ※参考:平成23年3月1日現在、15,080棟

全壊(流出棟数含む)          5,519棟(うち流出1,268棟)

大規模半壊               3,057棟

半壊                  2,501棟

計(全壊・大規模半壊・半壊の被害割合) 11,077棟(全世帯の約73%)

一部損壊                3,504棟

合計(総被害割合)          14,581棟(全世帯の約97%)

施設被害額 平成25年1月現在

公共施設(庁舎等)  9.86億円

市道、橋梁等施設   100.07億円

下水道施設      74.48億円

教育施設       92.64億円

福祉施設       12.23億円

保健施設       0.21億円

農林水産業施設    363.61億円

観光施設       3.57億円

情報施設       3.90億円

防災施設       8.14億円

合計         668.71億円

避難所・人数など

市内の避難所はすべて閉鎖   平成23年9月1日現在0人

 

 

 

 

東日本大震災による被災現況調査結果(国土交通省 第1次報告)