国民健康保険税

対象・項目

国民健康保険税とは

国民健康保険に加入されている皆さんが、病気やけがをしたときの医療費をはじめ、出産育児一時金、葬祭費などの給付の費用にあてるために課税する税金です。また、平成12年度から介護保険制度がスタートし、40歳以上64歳(第2号被保険者)の被保険者については、医療分に介護分を併せて国民健康保険税として納めていただきます。このように保険税は国民健康保険の運営を支える重要な財源となっています。

国民健康保険税を納める人は

加入者が所属する世帯の世帯主が納税義務者になります。世帯主が国民健康保険に加入していない場合でも、世帯主が納税義務者になります。ただし、この場合加入者ではないので、国保税所得割の計算の対象にはなりません。

税率(税額)

医療分
所得割 4.8%
資産割 平成30年度分から廃止
均等割 25,800円
平等割 20,000円
課税限度額 610,000円
後期分
所得割 2.0%
資産割 平成30年度分から廃止
均等割 10,000円
平等割 8,000円
課税限度額 190,000円
介護分
所得割 2.0%
資産割 平成30年度分から廃止
均等割 12,800円
平等割 7,000円
課税限度額

160,000円

旧被扶養者に係る減免

 国民健康保険以外の健康保険(被用者保険)に加入されていた方が75歳になることで後期高齢者医療保険に移行し、その方の被扶養者であった方で、かつ、65歳以上の方(旧被扶養者)が国民健康保険に加入をされた場合、国民健康保険税の一部を減免する制度があります。対象期間は、資格取得日の属する月から2年を経過する月までです。

 詳しい内容は、担当までご連絡ください。

    お問い合わせ先
    税務課 住民税班 内線 1135から1139、1147