市民の皆様へ

 現在全国的に感染者数が確認されており、本市においても増加傾向にあります。市民の皆様におかれましては、これまで以上に「こまめな換気を心掛ける」、「正しくマスクを着用する」、「人との距離を保つ」、「手洗いや手指消毒を徹底する」、「体調がすぐれない時は外出を控える」など、引き続き感染拡大防止にご協力をお願いします。一人ひとりの行動が、大切な人と私たちの日常を守ることにつながります。
 
 宮城県「新型コロナウイルス感染症対策サイト
    厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」

 

この冬は、ワクチン接種・新型コロナ抗原定性検査キット・解熱鎮痛薬のご準備を

 この冬に、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザが同時に流行した場合、多数の発熱患者が発生することとなり、医療機関の外来がひっ迫する可能性があります。 
同時流行が生じた場合でも、医療を必要とする方が適切に医療機関を受診できる体制を維持するため、早めのワクチン接種や、発熱など体調不良時の備えをお願いいたします。

1.感染拡大前のワクチン接種をご検討下さい。

2.体調不良時に備えましょう。

 1)新型コロナ抗原定性検査キット(国が承認した「医療用」もしくは「一般用」のキット)を常備しておきましょう。
    宮城県ホームページ 【無料検査】感染拡大傾向時の一般検査事業について

    「医療用抗原検査キット取扱薬局リスト(一般社団法人 宮城県薬剤師会ウェブサイト)」

 2)市販の解熱鎮痛薬を常備しておきましょう。

 3)生活必需品を備蓄しておきましょう。

 4)電話相談窓口などの連絡先を確認しておきましょう。
    受診・相談センター等の相談窓口(☎022-398-9211 または ☎050-3614-4531)、
    
#7119(おとな救急電話相談)、#8000(こども夜間安心コール)など

  
  この冬は、ワクチン接種・新型コロナ抗原定性検査キット・解熱鎮痛薬の準備を.pdf [ 1018 KB pdfファイル]
  

感染対策のポイント ~冬場は特に「換気」を心掛けましょう~

  これまでの基本的感染対策(「人との距離を保つ」「正しいマスクの着用」「手洗いや手指消毒の徹底」「3つの密の回避」など)を徹底しながら、冬場は特に「こまめな換気」「効果的な換気」を心掛けましょう。
 

◆換気のポイント◆
 換気が悪いと、空気中に長時間ウイルスが漂っていることがあります。十分な外気の取り入れ・排気とあわせ、空気の流れにより局所的に生じる空気のよどみを解消しましょう。
  ・常時窓を開けておく(家庭用エアコンの多くは換気機能はありません。)
  ・空気の流れを作るためには、
部屋の対角線上のドアや窓を開けると有効です。
  ・換気扇、扇風機、サーキュレーターなども活用しましょう。


 ※その他の換気のポイントや換気の例など下記サイトをご参照ください。
 東北医科薬科大学病院 「新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック」

 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策分科会 「感染拡大防止のための効果的な換気について」
 

◆その他 感染対策のポイント◆   ※宮城県 「BA.5対策強化宣言」の終了 「10月1日以降の対策などについて」より抜粋
・会食・食事の際は、長時間・大声を避け、会話の際のマスク着用を徹底するなど、「うつさない」「うつらない」行動の徹底に努めましょう。
・できるかぎり早期にワクチンを受けましょう。
・普段から体調管理に努めるとともに、発熱・せき・のどの痛み等、いつもと体調が異なる時は、外出や人と会うことを控えましょう。
・感染不安を感じる方は検査を受けましょう。

 県では、感染不安を感じる県民の方を対象に、感染拡大傾向時の無料検査を実施しております。
 また、薬局等で検査キットを購入(※薬事承認されたもの「対外診断用医薬品」を購入ください)し、ご自身での検査もご検討ください。

  詳しくはこちら「宮城県による無料PCR検査等の実施について」

         宮城県ホームページ 【無料検査】感染拡大傾向時の一般検査事業について

        「医療用抗原検査キット取扱薬局リスト(一般社団法人 宮城県薬剤師会ウェブサイト)」

 

 ○その他、感染対策のポイントなどについて下記サイトなどをご参照ください。
   宮城県「新型コロナウイルス感染症対策サイト
    『一般の方向け情報(
感染が疑われる方・療養中の方・濃厚接触者になった方向けの情報)』や『一般の方向け情報(県からのお願い・お知らせ)』があります。
   
内閣官房 新型コロナウイルス感染対策 感染の再拡大防止特設サイト 
   
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」
   感染拡大防止へのご協力をお願いいたします.pdf [ 1379 KB pdfファイル]
   対策1 手洗い方法.pdf [ 775 KB pdfファイル]
   対策2 環境消毒.pdf [ 273 KB pdfファイル]
   感染リスクが高まる「5つの場面」.pdf [ 516 KB pdfファイル]

 

発熱や体調不良時の受診や相談方法について

 発熱などの新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある場合は、下記のページをご参照ください。

  「新型コロナウイルス感染症相談窓口について」

  宮城県ホームページ「発熱等の症状がある方」

 また、宮城県新型コロナウイルス感染症の急増により、発熱外来や保健所業務がひっ迫していることから発生届の対象者を限定することに伴い、発生届の対象とならない方への対策として、「陽性者サポートセンター」を設置し、感染者への支援を行っています。
  宮城県ホームページ「陽性者サポートセンター」について

     

     

 

新型コロナウイルス感染症と診断された方や濃厚接触者に該当された方へ

 宮城県ホームページに「陽性判明時の対応」「療養中に気を付けていただきたいこと」「濃厚接触者の対応」などについて掲載されておりますので、ご覧ください。
 なお「療養中に気を付けていただきたいこと」に、療養期間中の外出自粛とともに『有症状の場合で症状軽快から24時間経過後、又は無症状の場合には、短時間・公共交通機関を使わない・感染予防行動を徹底した上で、食料品等の買い出しなど必要最低限の外出を行うことは差支えありません。』と掲載されております。詳細につきましては「宮城県ホームページ」をご覧ください。

 宮城県ホームページ「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ」

 宮城県ホームページ「濃厚接触者の方へのお願い」
 東北医科薬科大学病院「新型コロナウイルス感染症~感染予防ハンドブック 自宅療養をする方へ・同居の方へ~」
 厚生労働省ホームページ「ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~」

 

新型コロナウイルス感染症患者等に関する誹謗中傷等について

 新型コロナウイルス感染症はすべての方が感染する可能性のある感染症です。感染や濃厚接触したことで批判にさらされるという状況は、ご本人を傷つける他、ご家族や勤務先などいわれのない方々にも大きな影響を及ぼす恐れがあります。感染した方、医療機関や医療従事者とそのご家族等に対して差別、偏見、いじめにつながる風評被害はあってはいけません。
 市民の皆様におかれましては、関係者への誹謗中傷や個人的な憶測に基づく情報の拡散等の行為は絶対に控え、正しい情報に基づき冷静に行動していただきますようお願いいたします。

 

関連リンク

 宮城県ホームページ「新型コロナウイルス感染症関連情報」

 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」