子宮頸がん予防ワクチン接種は、平成25年4月1日より法律に基づく定期接種として実施しておりますが、厚生労働省から「副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を差し控える」との通知を受け、同年6月14日より、積極的な接種勧奨が差し控えられています。(下記の厚生労働省ホームページをご参照ください。)

 上記の状況を踏まえ、東松島市では、厚生労働省より新たな見解が示されるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンについての勧奨通知や予診票の送付等を一時的に見合わせています。

 しかし、予防接種を受けること自体を妨げるものではないため、接種を希望される方は定期接種として予防接種が受けられます。厚生労働省作成リーフレット 「HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」、「HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ」をよくご覧いただき、ワクチンの「意義・効果」と「接種後に起こりえる症状」についてご理解いただいた上で、接種を希望される場合は下記のとおり予防接種を受けてください。

関連リンク
対象者

 接種日時点で東松島市に住民登録のある、小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子

令和2年度 対象者年齢一覧表
学年・年齢 生年月日
小学校6年生(12歳)相当 平成20年4月2日~平成21年4月1日
中学校1年生(13歳)相当 平成19年4月2日~平成20年4月1日
中学校2年生(14歳)相当 平成18年4月2日~平成19年4月1日
中学校3年生(15歳)相当 平成17年4月2日~平成18年4月1日
高校1年生(16歳)相当 平成16年4月2日~平成17年4月1日

 

定期接種対象期間

  高校1年生相当の年度の3月31日まで

接種回数と標準的な接種スケジュール

 ◆ 接種回数

 3回接種(標準接種期間は中学校1年生)

 ※ 通常、全3回の接種完了までには約6か月の期間がかかります。

 ◆ 接種スケジュール

 HPVワクチンは2種類あります。どちらも子宮頸がんに大きく関与している16型・18型を含むワクチンですが、ワクチンの種類によって接種間隔が異なりますのでご注意ください。

 なお、必ず同じ種類のワクチンを3回接種してください。(ワクチンを途中で変更した場合の有効性や安全性は確認されていません。)

 

ワクチンの種類 回数 標準的な接種間隔

2価ワクチン

(ワクチン名:サーバリックス)

3回

2回目:1回目の接種から1か月以上の間隔をおいて接種

3回目:1回目の接種から6か月以上の間隔をおいて接種

※ 2回目と3回目の接種は必ず2か月半以上の間隔をおくこと

4価ワクチン

(ワクチン名:ガーダシル)

3回

2回目:1回目の接種から2か月以上の間隔をおいて接種

3回目:1回目の接種から6か月以上の間隔をおいて接種

※ 2回目と3回目の接種は必ず3か月以上の間隔をおくこと

 

接種料金

 定期接種対象期間内であれば無料で接種できます。

 ※ 期間を過ぎると全額自己負担となります(1回約16,000円程度)

接種を受ける方法と実施機関

 ◆ 接種に必要なもの

  ・ 母子健康手帳

  ・ 東松島市の子宮頸がん予防ワクチン予診票(保護者が記入してください。)

 ◆ 接種を受ける方法 

 1.予防接種を希望する場合は、市(健康推進課)へご連絡ください。連絡後、市から予診票を送付します。

  (東松島市矢本保険相談センターの窓口で受け取ることもできます。)

 2.東松島市定期予防接種委託医療機関に予約をしてください。

  (東松島市子宮頸がん予防ワクチン予防接種委託医療機関一覧をご参照ください。)

 3.予約した日に医療機関を受診し、医師の診察・説明を受け、予防接種をうけてください。

注意事項

 (1)子宮頸がん予防ワクチンの接種により期待される効果や、予想される副反応等について、接種をうける本人もよく理解して受けてください。

 (2)13歳以上の場合、保護者の署名記入によりお子様だけでの接種も可能ですが、急な体調変化を来たす恐れもあるため、保護者の同伴をおすすめします。