宮城オルレ「奥松島コース」がオープンしました。

(宮城オルレ「奥松島コース」の新浜岬からの眺め)

 

(宮城オルレ「奥松島コース」の大高森山頂からの眺め)

 
 

オルレとは

韓国発祥のトレッキングコンテンツである「宮城オルレ奥松島コース」が10月8日オープンしました。「オルレ」とは韓国・済州島発祥のトレッキングコースの名称であり、済州島の言葉で「通りから家に通じる狭い路地」という意味です。

オルレの魅力は海岸線や山なみなどの自然、民家の路地などを身近に感じ、自分なりにゆっくりと楽しみながら歩くところにあります。

奥松島コースの特徴

奥松島コースの特徴は、セルコホームあおみなを起終点とした全長約10㎞、所要時間約4時間の初級~中級向けコースとなっており、コースのテーマは「縄文の古から続く、松島の原風景を肌で感じる風わたる青の国へ」です。

   
   

コースの序盤は大高森薬師堂、奥松島縄文村歴史資料館、里浜縄文の里史跡公園を巡ります。

コース中盤は波津々浦や月浜地区にある稲ヶ崎公園、新浜岬といった景勝地や大浜海岸など海に面したところを歩きます。

コースの終盤は観音寺裏の山道を通り、大高森裏山道を登った後には、松島四大観の一つで「壮観」と呼ばれる大高森頂上から見る松島湾や太平洋、牡鹿半島の360度のパノラマが広がります。晴れて空気が澄んでいるときは金華山まで見えるといわれています。

   
   

「里浜縄文の里史跡公園」で日本最大級の貝塚を見て縄文時代の歴史を体感した後は、多くの木々や花に癒されながら、「稲ヶ崎公園」や「大高森」などの奥松島を見渡す景勝地を巡ります。

   
   

オルレの歩き方

オルレは馬の形をした目印である「カンセ」や「矢印」、「リボン」などを巡って歩くトレッキングです。それぞれがコースの途中に設置してあります。

また、奥松島コースの記念に、スタート時とゴール時にスタンプを押印します。(スタンプはセルコホームあおみな遊覧船案内所に設置しています。)

 

①カンセ

馬の形をした目印です。カンセ(馬)の頭の方向に進みましょう。

オルレの象徴であるカンセは済州の方言で、野生の子馬を表します。スタート地点からカンセの頭の方向に進みます。

②矢印

方向が変わるときなどに、木製の矢印や石などにペイントされた矢印があります。青が正方向、赤は逆方向です。

③リボン

見失わない程度の間隔で木の枝や電柱などにリボンが結ばれています。リボンを確認しながら進みましょう。

オルレのマナー

・民家付近を通るときは、勝手に敷地に入らない。

・ゴミは必ず持ち帰る。

・道端に自生している花木は採らない。

・リボンや目印などは触らない、持ち帰らない。

・住民や私有財産を撮影するときは、必ず同意を得る。

・途中で出会う旅行者や地元の方々と笑顔であいさつを交わす。

注意事項

・コースから外れたり、危険な行動は控える。

・自然の中を歩くので、ハチや蛇などに気を付ける。

・秋は夕暮れ時間が早くなるので、余裕を持った時間配分を心掛ける。

・途中、滑りやすい箇所もあるので、滑りにくい靴やトレッキングシューズなどを履く。

・なるべく動き安く目立つ服装が望ましい。

・車道を歩くときは、車に気を付ける。

・台風、豪雨、豪雪など荒天時は、歩かない。

オルレの服装

○リュック

日帰りなら20ℓ~25ℓくらい、1泊以上なら30ℓくらいが良いです。リュックを背負うときは、腰のベルト、胸のベルトの順で締め、肩の紐を引っ張って、リュックが肩にぴったりになるようにすると負担がかかりません。

○登山服 

トレッキング用ウェアは、体を温めたり、汗を早く逃がしてくれる機能があるため、歩いたり、休んだりするときに体温維持に役立ちます、ウィンドブレーカーや帽子や、レインコートを準備すると良いです。

○靴 

オルレでは、履きなれたミッドカットやトレッキング用の靴が良いです。

奥松島コースのマップ(スタート地点の「セルコホームあおみな」に地図を置いています。)

 

 

奥松島コースの紹介

①セルコホームあおみな(スタート地点/フィニッシュ地点)営業時間:8時30分から17時

   
   

奥松島コースのスタート・ゴール地点。

観光案内・遊覧船案内所・牡蠣食べ放題のバーベキュー場の他、宮戸島ならではの観光案内や特産品・お土産の販売をしております。

お土産には、牡蠣と並ぶ東松島市の特産品の海苔がお薦めです。東松島市の海苔は出来栄えを競う奉献乾海苔品評会で優勝(1位)を取るほど高品質です。また足湯もありますので歩き疲れた足を癒していただけます。ソフトクリームも販売中(バニラ・抹茶)

駐車場完備(第1駐車場:8時30分から17時まで/第2駐車場:24時間開放) 

電動バイク・貸自転車レンタサイクルあり

貸自転車レンタサイクル 申し込みフォーム

セルコホームあおみな フェイスブック  

②大高森薬師堂(大高森中腹)

大正4年に大高森の中腹に建てられたお堂です。これは当時の宮城県知事森正隆氏が建設したもので、堂内には白木作りの薬師如来像が奉記されています。

③奥松島縄文村歴史資料館

縄文土器や骨角器、石器、装身具などが展示されているほか、縄文人になりきることができる体験メニューにチャレンジすることができます。

④さとはま縄文の里史跡公園

里浜貝塚は縄文時代前期から弥生時代にかけて続く日本最大級の規模を持つ貝塚です。展望台からの景色も素晴らしく、春にはきれいな菜の花畑が見られます。

⑤タブノキ(椨の木)

さとはま縄文の里史跡公園の裏にある御神木の大きなタブノキ。タブノキはクスノキと似ていて見間違えることから「たぶらかす木」が転じたのが名前の由来という説もあります。

⑥波津々浦

静かな内湾の水面を眺めながら、ゆっくりと堤防を歩きます。

⑦陸の奥松島

奥松島の名所には、昔は海だった名残が岩肌などにみられます。現在は、水田となっている場所も昔は海でした。

⑧稲ヶ崎公園

蔵王連峰、松島湾、牡鹿半島、晴れた日には福島県相馬地方まで眺められます。周辺の椿の林も見どころです。

⑨月浜海水浴場

海の透き通るような青ときれいな砂浜が特徴的な海岸です。夏には、月浜海水浴場が開設され、たくさんの海水浴客で賑わい、波が穏やかなため、小さなお子様連れのご家族も安心して楽しんでいただけます。

⑩新浜岬

「馬の背」と呼ぶ、馬の背中のように切り立った岬が特徴です。展望園地は日当たりがよく、のんびりするには格好の場所です。

⑪歴史を紡ぐ林道

 

観音寺から続く林道で、住職のお話では、「人が歩くと活きる道」と伝わる道です。昔は集落と集落を繋ぐ道や通学路として使われていました。たくさんの緑に囲まれた癒される道です。

⑫大高森

宮戸島の中心部にそびえる山。松島四大観の一つ「壮観」と呼ばれています。山頂の展望台からは、美しい松島湾と広大な太平洋を360度の大パノラマで一望できます。

奥松島の花暦(はなごよみ)

春の花

       
カタクリ ソメイヨシノ 八重桜 御衣黄
菜の花 山桜 ニッコウキスゲ

夏の花

       
ヤマユリ すかしゆり ハマヒルガオ ハマナス セッコク

秋の花

     
ミヤトジマギクオ 彼岸花(曼珠沙華) ハマギク
   
コハマギク コスモス かわらなでしこ

冬の花

ツバキ

東松島市の観光地

松島を海から楽しむ嵯峨渓遊覧船 奥松島遊覧船案内所 [セルコホームあおみな内](年中無休 ご利用時間:8時30分から17時)※荒天による欠航あり

   
   

日本三大渓「嵯峨渓」を巡る遊覧船。嵯峨渓は、優美な松島とは対照的な荒々しい景観が魅力。20m~40mの海食崖が続く迫力満点のパノラマを、遊覧船から目の当りにすることができます。

乗船料金:嵯峨渓コース(60分/大人2,000円 小学生1,500円)※最少運行人数3人(第2・第5嵯峨)。新型船「嵯峨みらい」は最少運行人数5人。

遊覧船の運航時間:8時45分発から最終便16時(10月から3月は最終便15時)年中無休

住所:東松島市宮戸字川原5番地1(あおみな内)

お問い合わせ・ご予約:奥松島遊覧船案内所 TEL:0225-88-3997

日本三大渓のひとつ嵯峨渓(さがけい)は、太平洋の波が人間にとって永遠とも思える歳月をかけ、岩肌が少しづつ削られてできた自然の産物です。女性的なやさしいいんしょうの松島と対照的に、切り立った崖や営利な岩肌が男性的で荒々しい印象を与えてくれます。奥松島・宮戸島の秘境をめぐる「奥松島遊覧船」は驚きと感動の世界へといざないます。

ブルーインパルス

松島基地は、第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」の本拠地となっており、市内上空では日常的に飛行訓練が行われているため、基地周辺でタイミングが合えば出会えるかもしれません。青と白にカラーリングされた6機の飛行機が、白い噴煙で線を描きながら加齢なアクロバット飛行で魅力します。また、市内のお店には、たくさんのブルーインパルスグッヅが販売されています。

滝山公園

   

桜の名所で、4月中旬~5月上旬にソメイヨシノや八重桜など様々な種類の桜が咲き誇ります。展望台からは、海岸線や街並みの景色、ブルーインパルスの飛行訓練の様子が楽しめます。

KIBOTCHA(キボッチャ)

   
   

旧野蒜小学校が、防災をテーマにした総合防災宿泊施設として生まれ変わりました。宿泊・シアター・大浴場・レストラン・BBQ場、遊びを通じて防災を学ぶ体験ルームなどがあります。

東松島市東日本大震災復興祈念公園

   
   

旧JR野蒜宿舎を、東日本大震災の被害状況や復興の歩みを学ぶことが出来る「震災復興伝承館」としてリニューアル。また、祈念広場には、震災により亡くなられた方々への鎮魂と慰霊のために、震災復興モニュメントが建てられています。

美馬森(みまもり)八丸牧場

   

通称 美馬森(東松島市野蒜)にある八丸牧場では、この牧場ならではの乗馬レッスンや牧場体験、馬とのコミュニケーションから様々なことを学ぶホースマンシッププログラム等が行われています。

新宮戸八景

   
   
   
   

宮戸島において、地元の方々が新たな8箇所の名所を「新宮戸八景」として選定しました。オルレコースの大高森・さとはま縄文の里史跡公園・稲ヶ崎公園・新浜岬がこれに含まれていますが、それ以外の4つの名所を見て回るのもオススメです。

東松島市のグルメ

牡蠣

 

2本の1級河川から注ぐミネラルやプランクトンなど栄養分が豊富な漁場で育てる牡蠣は、サイズもより大きく身も締まっていて、甘みのある深い味わいとなっています。かき小屋で焼き牡蠣を楽しんだり、鍋やフライなど食事処で様々な牡蠣料理を味わうことができます。

のりうどん

 
   

東松島の特産品である海苔を麺に練り込んだ「のりうどん」。つるつるした喉越しと海苔の風味が大人気です。特にオススメは、冷やしのりうどんで、他にもサラダのりうどんなど、お店ごとに工夫を凝らしたメニューが楽しめます。お土産に乾麺と専用のつゆが販売されています。

東松島市のお土産

海苔

 

品評会で優勝し皇室に献上された実績を多数持つ高品質な東松島の海苔。焼き海苔や味付け海苔のほか、塩のり、つくだ煮、のりドレッシングなど様々な商品が販売されています。

のびるバウム

   

野蒜で作られた小麦粉や米粉を使用した、農家自らが作るバウムクーヘンです。のびるバウム(ソフト)、のびるバウム(ハード)、のびるこどもバウムの3種類があり、サイズも大きなものと手のひらサイズがあるので、お土産や贈り物にぴったりな商品です。

オルレ奥松島コース周辺の飲食店

奥松島焼き牡蠣施設 [セルコホームあおみな内](ご利用期間:10月中旬より翌年2月中旬 ご利用時間:9時から15時30分) 

   
   

牡蠣1時間食べ放題 牡蠣は奥松島(東名・宮戸)産!宮城県下でも常に上位に評価されているものを使用しています!

料金(1時間)大人(中学生以上)2,000円(税込) 小人(小学生)1,000円(税込)

奥松島公社の嵯峨渓遊覧船とセットでご利用の場合1割引き

5個750円・10個1,500円(税込)の別コースもあります。

ご利用はセルフサービスとさせていただきます。

飲み物、食べ物の持ち込みは自由です。(詳しくはお問い合わせください)

※漁の都合や悪天候により漁獲できない場合は、ご利用が中止となることがありますので、事前にお問い合わせください。

問い合わせ:奥松島遊覧船案内所[セルコホームあおみな内] TEL・FAX 0225-88-3997

宮戸つばめ食堂 [セルコホームあおみな内](営業時間:金土日のみ(10時~16時30分)休/月火水木)

   
   
地元産の食材をたっぷり使った、お腹も心も大満足なご飯が食べられる、海が見える奥松島宮戸の食堂です。

 島で唯一の食堂で、牡蠣や海苔など地元特産の食材を生かした料理のほかスイーツなどカフェメニューも提供し、住民や観光客らの憩いの場となっています。

電話:080-9639-7218

住所:東松島市宮戸字川原5-1

宮戸つばめ食堂 フェイスブック

宮戸つばめ食堂 インスタグラム

えんまん亭

   
   

営業時間10:30-19:00(ラストオーダー18:30)、休/不定休

海の幸ラーメン、かきラーメン、あさりラーメン、うに丼、ホルモン焼き定食など

住所 東松島市野蒜字北赤崎8-4

TEL 080-5579-3769

えんまん亭(インスタグラム)

かき小屋 海鮮堂

   
   

営業時間11:00-15:00、休/不定休

焼き牡蠣、カキフライ定食など

住所 東松島市野蒜字南赤崎71-38

TEL 0225-98-3715

かき小屋 海鮮堂(ホームページ)

KIBOTCHA 森のKITCHEN

   
   

営業時間 11:00-21:00(平日11:30-)

東松島御前(のりうどん付き)、日替わり野蒜定食、からあげ丼など

住所 東松島市野蒜字亀岡80番

TEL0225-25-7319

KIBOTCHA 森のKITCHEN(ホームページ)

奥松島の民宿のお食事(ランチのみも可能※要予約)

奥松島コース周辺にある9軒の民宿それぞれが提供するお食事(ランチのみも可能※要予約)

 

 

 

東松島市内の宿泊(宮戸地区・オルレ奥松島コース周辺の民宿)

大高森観光ホテル (※ランチのみ可能 要予約)

「大高森観光ホテル」ホームページhttp://www.ootakamori.com

電話 0225-88-2121  住所 東松島市宮戸字川原3  

1泊2食付7,000円~(税別)  素泊まり4,000円~(税別)  日帰り食事3,000円~(税別) 

送迎 無

漁師民宿 桜荘 (※ランチのみ可能 要予約)

「漁師民宿 桜荘」ホームページhttp://sakura-k2.com

電話 0225-88-3206  住所 東松島市宮戸字里25  

1泊2食付7,600円~(税込)  素泊まり3,880円~(税込) 日帰り食事1,500円~(税込)※予算に応じ・要予約  

送迎 有

民宿 いすず

電話 0225-88-3090  住所 東松島市宮戸字里35

1泊2食付8,500円~(税別)

送迎 無し

旅館 薬師堂 (※ランチのみ可能 要予約)

電話 0225-88-2054  住所 東松島市宮戸字牛山崎9

1泊2食付7,000円~(税別) 素泊まり3,500円~(税別) 日帰り食事1,500円~(税別)

送迎 無し

民宿 山根 (※ランチのみ可能 要予約)

「民宿 山根」ホームページhttp://www.k2f.jp/yamane/

電話 0225-88-3349  住所 東松島市宮戸字村64

1泊2食付7,000円~(税別)  素泊まり3,500円~(税別)  日帰り食事2,000円~(税別)

送迎 有

民宿 かみの家 (※ランチのみ可能 要予約)

「民宿 かみのいえ」ホームページhttp://okumatsushima.wixsite.com/kaminoie

電話 0225-88-4141  住所 東松島市宮戸字月浜16-1

1泊2食付7,000円~(税込)  日帰り食事3,500円~(税込)

送迎 有

民宿 新浜荘 (※ランチのみ可能 要予約)

「民宿 新浜荘」ホームページhttp://ntqsf941.wixsite.com/sinhamasou

電話 0225-88-2045  住所 東松島市宮戸字三サ河31

1泊2食付7,000円~(税込) 素泊まり3,500円~(税別) 日帰り食事3,000円~(税込)

送迎 有

民宿 西の家 (※ランチのみ可能 要予約)

電話 0225-88-2063  住所 東松島市宮戸字村64

1泊2食付7,000円~(税込) 素泊まり3,500円~(税込) 日帰り食事2,500円~(税込)※予算に応じ対応可

送迎 無

汐さいの宿 ちどり館 (※ランチのみ可能 要予約)

「汐さいの宿 ちどり館」ホームページhttp://chidorikan.com/

電話 0225-88-2066  住所 東松島市宮戸字横山11-1

1泊2食付7,000円~(税別) 素泊まり4,000円~(税別) 日帰り食事 ※予算に応じ対応可

送迎 有

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※送迎の有無はコースまでの送迎ではなく、宿まで。

※宿泊および日帰り食事は、全て要予約。

東松島市 野蒜地区の宿泊施設

KIBOTCHA(キボッチャ)

2018年4月、旧野蒜小学校が、防災をテーマにした総合防災宿泊施設として生まれ変わりました。宿泊・シアター・大浴場・レストラン・地元の物産店と、それをすぐに食べられるBBQ場、遊びを通して防災を学ぶ体験ルームなどがあります。

KIBOTCHA(キボッチャ)ホームページhttp://kibotcha.com/

電話 0225-25-7319  住所 東松島市野蒜字亀岡80番地

1泊2食付6,750円~(税別) 1泊朝食付5,000円~(税別) 素泊まり4,000~(税別)

レストラン 有

送迎 有

東松島市内の日帰り温泉施設

KIBOTCHA(キボッチャ)の大浴場

住所:東松島市野蒜字亀岡80番地

電話:0225-25-7319

KIBOTCHA大浴場(ホームページ)

東松島市健康増進センターゆぷと

住所:東松島市矢本河戸342−2

電話:0225-84-3855

東松島市健康増進センターゆぷとの温泉(ホームページ)

アクセスとお問い合わせ

 

 

宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」のご紹介

「気仙沼・唐桑コース」も奥松島コースと同時にオープンしました。

宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」(気仙沼観光推進機構のホームページ)

【WONDERFUL 唐桑!!】宮城オルレ気仙沼・唐桑コースを中学生がPR (youtube)

【WONDERFUL KARAKUWA!!】宮城オルレ気仙沼・唐桑コースを中学生がPR (English)(youtube)

唐桑町観光協会のホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」の風景)

宮城オルレについて

 

 

九州オルレのご紹介

九州オルレ( 一般社団法人 九州観光推進機構のホームページ)

九州オルレ(フェイスブック)

九州オルレ(インスタグラム)

韓国・済州オルレのご紹介

済州オルレ(公式ホームページ)

済州島の観光(済州観光公社のホームページ)

社団法人済州オルレ(フェイスブック)