市内公共施設(市民センター、蔵しっくパーク)での対応について

本市では、令和2年2月3日に新型コロナウイルス感染症対策本部を立ち上げ、市内公共施設においても感染拡大防止のための対策を講じています。

市内公共施設のうち貸館を行う市民センター、蔵しっくパークについては、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、以下のとおり対応することとしたのでお知らせします。

貸館について

宮城県が緊急事態宣言の対象地域外となったことに伴い、以下のとおり貸館を再開します。

施設を利用される場合は引き続き、換気や消毒対策等を実施していただくようお願いいたします。

【市民センター】
5月18日(月)から貸館を再開します。

ただし、利用人数が100名を超える規模である場合や県外利用者が多く見込まれる場合については、利用の自粛をお願いします。

また、大声での発声や歌唱、接近した距離での会話等が想定される場合は、マスク着用や適切な距離を確保してください。

【蔵しっくパーク】
5月18日(月)から貸館を再開します。

ただし、利用人数が100名を超える規模である場合や県外利用者が多く見込まれる場合については、利用の自粛をお願いします。

また、大声での発声や歌唱、接近した距離での会話等が想定される場合は、マスク着用や適切な距離を確保してください。

【地区集会所】
不要不急の利用を極力控えていただいておりましたが、5月18日(月)以降、貸館を再開します。

 

施設利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためご理解とご協力をお願いいたします。

施設の担当について

市民センター、蔵しっくパーク、地区集会所について…総務部市民協働課

※予約の取消に関する手続きについては、予約を行った各施設・担当へお問い合わせ願います。