平成30年度野蒜地区地域資源再生利活用調査業務に係る事業者募集

※ 本プロポーザルは終了いたしました。

野蒜地区地域資源再生利活用調査業務に係る事業者募集について

1 業務名称

平成30年度野蒜地区地域資源再生利活用調査業務

 

2 目的

 

 東日本大震災に伴う津波により甚大な被害を受けた野蒜(洲崎)地区は、旧来、湿地を含めた自然環境が優れた地域となっており、それを活かした観光産業の中心的な役割を果たし多くの観光客が訪れていたが、現在、その周辺は、嵩上げされた堤防や農地、道路などのハード面の復旧が進捗している。

この地域の豊かな自然環境を最大限に活かし、観光や商業との連携方策やプロモーション活動に係る活用について調査検討を実施し、魅力と活力のある場所にし、賑わいや雇用を創出したい。

また、湿地と周辺の里地里山や運河、海などの地域資源を一体的に環境教育の場として活用し、被災した地域住民の心の復興や、教育の復興などの人材育成に繋がる活用方策についても調査検討するとともに、持続可能な施設運営を目指した民間等による管理運営団体の創設も目指している。

ついては、これらを目的として、魅力ある地域の自然観光資源の活用について、自然環境等をはじめとした調査を行い、本市の持続可能で創造的な復興に寄与する新たな価値を創出する方策について導き出すことを目的とする業務である。

よって、本業務の実施主体の選定にあたり、幅広く提案を求めるものである。

 

3 業務期間

契約締結日の翌日から平成31年3月20日まで

 

4 スケジュール

内 容

期間

参加申込書受付期間

平成30年6月13日(水)から6月25日(月)午後3時まで

質問書受付期間

平成30年6月13日(水)から6月20日(水)午後3時まで

企画提案書受付期間

平成30年6月29日(金)から7月17日(火)午後3時まで

審査期間

平成30年7月18日(水)から7月26日(木)

プレゼンテーション

平成30年7月26日(木)

 

5 関連書類

 

業務関連書類

業務特記仕様書.pdf [ 150 KB pdfファイル]

業務特記仕様書 別図.pdf [ 589 KB pdfファイル]

プロポーザル実施要領.pdf [ 207 KB pdfファイル]

 

申請様式

様式第1号 参加申込書.doc [ 30 KB docファイル]

様式第3号 質問書.doc [ 37 KB docファイル]

様式第4号 提案書.doc [ 36 KB docファイル]

様式第5号 業務実績調書.doc [ 43 KB docファイル]

様式第6号 参考見積書.doc [ 28 KB docファイル]

様式第7号 辞退届.doc [ 30 KB docファイル]

 

プロポーザル結果について

 本プロポーザルについて、平成30年7月26日に東松島市野蒜地区地域資源再生利活用調査業務事業者審査委員会において、書類及びプレゼンテーションによる審査を行った結果、下記事業者を優先交渉権者として決定いたしました。

 優先交渉権者 デロイトトーマツコンサルティング合同会社