国勢調査について

 国勢調査は国内の人口・世帯の実態を明らかにするため、1920年から5年ごとに実施しています。

 調査基準日

 令和2年10月1日

 調査対象

 日本国内にふだん住んでいるすべての人、世帯が対象です。日本に住む外国人も対象に含まれます。

 調査事項

 世帯員について(15項目)

〇「氏名」

〇「男女の別」

〇「出生の年月」

〇「世帯主との続き柄」

〇「配偶の関係」

〇「国籍」

〇「現在の住居における居住期間」

〇「5年前の住居の所在地」

〇「在学・卒業等教育の状況」

〇「就業状態」

〇「所属の事業所の名称及び事業の種類(産業)」

〇「仕事の種類(職業)」

〇「従業上の地位」

〇「従業地又は通学地」

〇「従業地又は通学地までの利用交通手段」

 世帯について(4項目)

〇「世帯の種類」

〇「世帯員の数」

〇「住居の種類」

〇「住宅の建て方」

 調査の方法について

 国勢調査員が各世帯を訪問し、調査書類を配布します。

 回答について

 調査への回答は、インターネット回答、郵送提出、調査員への提出の中から選択することができます。

※スマートフォン、パソコンなどでいつでも回答可能なインターネット回答をおすすめしています。