要介護・要支援状態にある方が、医療機関を入退院してご自宅と行き来される際に、医療機関と介護サービス事業所、かかりつけ医、歯科、薬局等の間でその方の情報を共有し、連携する仕組みとなります。

 この仕組みを「ルール」として定着させ、本人と家族が退院後、安心して在宅で生活できる地域づくりを進めていきます。