高齢者の独り暮らし、高齢者のみ世帯、認知症の高齢者が増加する中、医療・介護のサービス提供のみならず、市が主体となって、民間企業、社会福祉法人、民生委員、ボランティア、商工会等の生活支援サービスを担う事業主体と連携しながら、多様な日常生活上の支援体制の充実と高齢者の社会参加の推進を一体的に図っていきます。

 

(1)実施主体

     東松島市では、社会福祉法人東松島市社会福祉協議会に事業委託しています。

 

(2)実施内容

      ・生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の配置

 生活支援コーディネーターは、地域の多様な団体による様々な取組から地域課題やニーズを把握し、また新たな資源開発を通じて地域の生活支援サービスの充実と提供体制の整備を進めていきます。        

 東松島市では、市全域を担当する第1層コーディネーター1名と3つの生活圏域を担当する第2層コーディネーター3名(1名は第1層と兼務)配置しています。

 

 ・協議体の設置

 コーディネーターと生活支援サービスの提供主体となる多様な団体等が参加する情報の共有と連携強化の場を設置することで、相互の情報共有を図り、連携・協働による提供体制の整備とまちづくりにつなげます。

 東松島市では、市内8つの地域ごとに第2層協議体を設置する予定です。

 

生活支援コーディネーターチラシ.pdf [ 514 KB pdfファイル]

東松島市「高齢者の生活を支える」地域活動一覧表.pdf [ 1114 KB pdfファイル]