若年性認知症は、18歳から65歳未満で発症する認知症です。原因は高齢者の方と何ら変わりはありません。しかし、発症年齢が若いことで、仕事のこと、家庭のこと、その先の人生のことなど、本人や家族の不安はより大きくなります。

 東松島市では、県や関係機関とも連携し、早期に安心して相談支援を受けることができる体制整備を進めていきます。