認知症による判断能力の低下から、金銭管理、消費者被害、虐待等のさまざまな問題を抱える人が増加しているため、虐待の危機対応や家族支援、権利擁護制度を活用し、高齢者等の権利を守る体制整備を進めていきます。