制度概要

社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を
一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を
生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

社会資本整備総合交付金は、道路、港湾、河川、砂防、下水道、海岸、
広域連携、都市公園、市街地、住宅、住環境整備等といった政策目的を
実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、
施策目標実現のための基幹的な事業のほか、関連する社会資本整備や
基幹事業の効果を一層高めるソフト事業を含めた幅広い事業を一体的に支援する制度です。

平成24年度から地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や
事前防災・減災対策の取り組み、地域における
総合的な生活空間の安全確保の取り組みを集中的に支援するため、
防災・安全交付金が創設されました。

 

東松島市における都市防災・公園事業 社会資本総合整備計画

社会資本整備総合交付金交付要綱第10条第1項の規定に基づき、
社会資本整備総合整備計画を公表します。

今後の社会情勢や交付される予算規模次第では、
計画に記載の事業個所や実施期間等を変更する可能性があります。

 

現在の社会資本総合整備計画

都市公園・緑地等事業

東松島市公園施設長寿命化対策支援事業計画(防災・安全)

計画期間:平成30年度から令和3年度までの4か年

計画策定主体:東松島市

計画の目標:公園施設の安全性の確保及びライフサイクルコストの縮減等を目的に策定した
      東松島市公園施設長寿命化計画に基づき、公園における総合的な
      長寿命化対策事業を計画的に実施し、子供や高齢者をはじめ誰もが
      安全で安心して利用できる都市公園の整備を推進するもの。

計画書:   東松島市公園施設長寿命化対策支援事業計画.pdf [ 609 KB pdfファイル]
    (事前評価)社会資本整備総合交付金チェックシート.pdf [ 58 KB pdfファイル]

東松島市公園施設長寿命化計画

計画期間:平成28年度から平成29年度までの2か年

計画策定主体:東松島市

計画の目標:市内にある都市公園の長寿命化計画を策定して、
      公園施設の老朽化などに起因する事故を未然に防ぎ、
      より安全・安心で快適な公園整備を行う。

計画書:東松島市公園施設長寿命化計画(第1回変更).pdf [ 477 KB pdfファイル]
    (事前評価)社会資本整備総合交付金チェックシート.pdf [ 54 KB pdfファイル]
    (事後評価)東松島市公園施設長寿命化計画.pdf [ 146 KB pdfファイル]