○本市の雨水事業について

東松島市の雨水排水事業は東日本大震災に伴う地盤沈下により、自然排水が出来なくなったため、下水道事業として平成24年度より開始しました。

雨水排水計画では1時間に47mmの大雨(約7年に1回程度)による被害を最小限に抑えるため、雨水ポンプ場を市内7カ所、雨水調整池を市内4カ所で整備し、各排水施設へ雨水を導く幹線函渠を整備しています。

しかし、近年日本各地で想定以上の降雨が観測されています。大雨及び洪水警報時は気象情報や本市から提供される情報に注意し行動して下さい。

○雨水排水施設の概要

○雨水ポンプ場

大曲・五味倉・赤井南区排水機場は東北農政局や宮城県による農業排水機場災害復旧事業と本市の都市排水下水道事業共同で整備したポンプ場であり、平成27年度に供用開始しています。

平成30年度には、渋抜雨水ポンプ場が4月に、野蒜第一雨水ポンプ場は6月、野蒜第二雨水ポンプ場については9月に供用開始しております。また、野蒜第三雨水ポンプ場については令和元年度での供用開始を目指し事業を進めています。

○雨水調整池

大曲・赤井南区雨水調整池は大曲・赤井南区排水機場を補完する雨水調整池で、下街道・上山の坊雨水調整池は雨水を貯留し、下流の水路へ排水量を調整しながら放流する雨水調整池です。

施設配置図(矢本地区).jpg [ 4587 KB jpgファイル]

矢本地区雨水処理場

施設配置図(野蒜地区).jpg [ 604 KB jpgファイル]

野蒜地区雨水排水処理場

○各施設の紹介

1.大曲雨水ポンプ場(所在地:東松島市大曲字上納前144-3)

  排水能力:6.73m3/s(都市排水下水道分:内2.03m3/s)

  ポンプ施設:横軸斜流ポンプφ500mm、縦軸斜流ポンプ φ1000mm,φ1350mm

  平成27年4月供用開始

 (撮影)平成30年7月30日現在

2.五味倉雨水ポンプ場(所在地:東松島市大曲字貝田6 )

  排水能力:5.05m3/s(都市排水下水道分:内2.97m3/s)

  ポンプ施設:横軸斜流ポンプφ400mm、縦軸斜流ポンプ φ1000mm×2台

  平成27年4月供用開始

 (撮影)平成30年7月30日現在

3.赤井南区雨水ポンプ場(所在地:東松島市赤井字川前二219-1 )

  排水能力:4.50m3/s(都市排水下水道分:内2.91m3/s)

  ポンプ施設:横軸斜流ポンプφ400mm、縦軸斜流ポンプ φ900mm,φ1000mm

  平成27年4月供用開始

 (撮影)平成30年7月30日現在

4.渋抜雨水ポンプ場(所在地:東松島市大曲字堰北193-2 )

  排水能力:5.72m3/s

  ポンプ施設:水中ポンプφ400mm×2台、縦軸斜流ポンプ φ1200mm×2台

   平成30年4月供用開始

 (撮影)令和元年6月12日現在

 

5.野蒜第一雨水ポンプ場(所在地:東松島市新東名四丁目1-1 )

  排水能力:2.33m3/s

  ポンプ施設:水中ポンプφ600mm×3台

  平成30年6月供用開始

 (撮影)令和元年6月12日現在

6.野蒜第二雨水ポンプ場(所在地:東松島市新東名三丁目18-3 )

  排水能力:3.32m3/s

  ポンプ施設:水中ポンプφ600mm×4台

  平成30年9月供用開始

 (撮影)令和元年6月12日現在

7.野蒜第三雨水ポンプ場(所在地:東松島市野蒜字亀岡  )

  排水能力:4.11m3/s

  ポンプ施設:水中ポンプφ700mm×4台

  令和2年3月供用開始予定

 (撮影)令和元年6月12日現在

8.大曲雨水調整池(所在地:東松島市大曲字道下28-1  )

  貯留量:17,900m3

  調整池形状:堀込み型ピークカット方式雨水調整池

  平成30年3月完成

 (撮影)平成30年7月30日現在

 9.赤井南区雨水調整地(所在地:東松島市赤井字川前一29-1 )

  貯留量:9,000m3

  調整池形状:堀込み型ピークカット方式雨水調整池

  令和2年3月完成予定

 (撮影)令和元年6月12日現在

10.下街道雨水調整池(所在地:東松島市矢本字南浦124 )

  貯留量:17,300m3

  調整池形状:堀込み型排水併用貯留方式雨水調整池

  平成30年10月完成

 (撮影)令和元年6月12日現在

11.上山の坊雨水調整地(所在地:東松島市野蒜字上山の坊89-1 )

  貯留量:3,700m3

  調整池形状:堀込み型排水併用貯留方式雨水調整池

  平成29年3月完成

 (撮影)平成30年7月30日現在