熱中症の予防について

 今年は6月末から記録的な暑さとなり、6月末から7月はじめにかけて、熱中症による緊急搬送人員、死亡者数は例年になく高い水準となりました。これから8月にかけては、もっとも気温が高くなる時期であり、熱中症リスクは引き続き高くなることが考えられます。これらの被害を防止するため下記の対策をご確認いただき、予防対応を心がけましょう。

 1.熱中症警戒アラートを活用しましょう。
  アラート発表時には
  ○エアコンを適切に使用しましょう
  ○不要不急の外出は避けましょう
  ○外での運動は、原則、中止/延期をしましょう
  ○のどが渇く前に水分補給しましょう

 2.エアコンをしかっり使いましょう
  ○無理な節電をせず、夜もしっかり使用しましょう
  ○日中はすだれなどで日差しを和らげるなど上手に使いましょう

 3.マスクをはずしましょう
  ○熱中症を防ぐために屋外ではマスクをはずしましょう
  ※近距離(2mが目安)で会話するときはマスクの着用を
  ○特に運動時には、忘れずマスクをはずしましょう

 4.停電時など、どうしてもエアコンが使えないときには
  ○日光を遮り、風通しよくしましょう
  ○濡れたタオル等を肌に当て、うちわであおぎましょう
  ○できる限り、冷房設備が稼働しているところへ避難しましょう
  ○停電時の断水に備え、飲み水を備蓄しましょう
  ○電力需給ひっ迫時には、浴槽やバケツに水を貯めておきましょう

 【参考】
 熱中症警戒アラート・熱中症に関するリーフレット
 https://www.wbgt.env.go.jp/alert.php