弾道ミサイル落下時の行動について - 各課情報 / 東松島市公式WEBサイト

HOME >各課リンク > 総務部 > 防災課 > 弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

 

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合、極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。日本に飛来する可能性がある場合には、24時間いつでも全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して、防災行政無線で特別なサイレンとともにメッセージを住民の方へ放送するほか、緊急速報メール等により緊急情報を伝達することとしています。
万が一弾道ミサイルが発射され、落下の恐れがある場合には、直ちに以下の行動を取るようにしてください。

 

【屋外にいる場合】
〇近くのできる限り頑丈な建物や地下街になどに避難する。
〇近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠す又は地面に伏せ頭部を守る。

 

【屋内にいる場合】
〇できるだけ窓から離れるか、窓のない部屋へ移動する。

詳細につきましては、「国民保護ポータルサイト」 (こちら) をご覧ください。

問 防災課 危機対策班 内線1161