HOME >各課リンク > 総務部 > 防災課 > 原子力災害時における広域避難計画の策定 

原子力災害時における広域避難計画の策定

平成23年3月11日に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故において、原子力防災対策を重点的に実施すべき地域と定められていた、原子力発電所から10km圏の地域を越えて避難指示が出され、住民は遠方の自治体に広域避難を行う事態となりました。

この事故の教訓を踏まえ、平成24年10月に原子力災害対策指針が制定され原子力災害対策を重点的に実施すべき地域が原子力発電所から30km圏に拡大されるとともに、国の防災基本計画(原子力災害対策編)において、当該地域を含む地方公共団体は広域避難に関する計画を策定することとされたため、本市では市域を越える広域的な避難措置に必要な事項を定め、あらかじめ市民及び避難先自治体、関係機関等に示すことで避難が円滑に実施できる体制を構築するため策定したものです。

〇 基本方針
原子力災害と自然災害が複合して発生した場合を想定し、人命確保を最優先とした市民の安全対策を検討し、避難先及び避難ルートを定めました。

〇 対象区域
本市は、市域の3分の2以上が東北電力女川原子力発電所から概ね30km圏内の「緊急時防護措置を準備する区域(UPZ:Urgent Protective action planning Zone)」にあり、さらに35km圏内には市域全体が含まれることを踏まえ、東松島市地域防災計画 原子力災害対策編では、市全域を「原子力災害対策を講じる地域」に定めていることから、本計画でも市全域を対象区域としました。

〇 避難先
宮城県の調整により仙台市、名取市、岩沼市、亘理町及び山元町の3市2町に避難することとしております。
避難行動については、市内の8地域単位による避難を想定し避難先の収容人数と市内8地域の人口を勘案し避難所を設定しました。


原子力災害時における広域避難計画 本編(表紙、P1~P30)(PDF_1,554KB)

原子力災害時における広域避難計画 資料編(P31~P38)(PDF_159KB)

原子力災害時における広域避難計画 資料編(矢本東、矢本西)(P39~P52) (PDF_3,580KB)

原子力災害時における広域避難計画 資料編(大曲、赤井)(P53~P64)(PDF_2,928KB)

原子力災害時における広域避難計画 資料編(大塩、小野)(P65~P76)(PDF_2,948KB)

原子力災害時における広域避難計画 資料編(野蒜、宮戸)(P77~P84)(PDF_1,476KB)

原子力災害時における広域避難計画 資料編(P85~P101)(PDF_975KB)

 

※各地区の広域避難計画【概要版】はこちら

 


■問 防災課危機対策班 内線1168

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー