HOME >各課リンク > 総務部 > 防災課 > 社会資本整備総合交付金

社会資本整備総合交付金について

 

1.制度概要

社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が目標実現のため行う社会資本の整備のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的、一体的に支援することにより、交通の安全確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定確保及び向上を実現するため平成22年度に創設されました。
地方公共団体等が社会資本総合整備総合交付金により事業を実施しようとする場合は、計画の名称や目標、期間、交付対象事業等を記載した社会資本総合整備計画を作成し、当該計画を国土交通大臣に提出し公表するものとされております。

2.社会資本総合整備計画

東松島市防災自立都市の実現に向けたまちづくり計画【第1回変更】(PDF_1,001KB)

東松島市防災自立都市の実現に向けたまちづくり計画【当初計画】(PDF_657KB)

事前評価シート(PDF_50KB)

3.社会資本総合整備計画の事後評価

地方公共団体は、交付期間の終了時に社会資本総合整備計画に記載した目標の達成状況について事後評価を行いこれを公表するとともに、国土交通大臣に報告するものとされており、このたび事後評価を行いましたので公表します。

東松島市地区防災自立都市の実現に向けたまちづくり計画に係る事後評価(PDF_771KB)



 

■問  防災課危機対策班 内線1164

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー