HOME >くらしの情報 > 健康・保健 > 高齢者肺炎球菌予防接種 

予防接種

高齢者肺炎球菌予防接種高齢者の肺炎球菌ワクチン接種の費用を助成します。

東松島市ではこれまで、65歳以上の方を対象に、高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌ワクチン)予防接種費用の一部助成を行ってきました。 
平成26年10月よりこの予防接種が定期予防接種となったことに伴い、費用の一部助成の対象となる年齢が変更となりました。

平成28年度中に下記の年齢となる方が今年度の対象者です。
対象者の皆さまには、4月中旬に一部助成に必要となる予診票を郵送しておりますので、医療機関に持参のうえ接種してください。


年齢 生年月日 年齢 生年月日
65歳 昭和26年4月2日~昭和27年4月1日生 85歳 昭和6年4月2日~昭和7年4月1日生
70歳 昭和21年4月2日~昭和22年4月1日生 90歳 大正15年4月2日~昭和2年4月1日生
75歳 昭和16年4月2日~昭和17年4月1日生 95歳 大正10年4月2日~大正11年4月1日生
80歳 昭和11年4月2日~昭和12年4月1日生 100歳 大正5年4月2日~大正6年4月1日生
(ただし、過去に高齢者用肺炎球菌ワクチンの接種歴がある方は、助成の対象外となります。) 

※60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害をお持ちの方も助成対象となる場合がありますので、お問い合わせください。
※)この予防接種は、主治医とご相談のうえ、効果及び副反応等を十分に理解したうえで接種してください。

●高齢者肺炎球菌ワクチンについて
「肺炎球菌ワクチン」は、高齢者の肺炎の原因となる病原体の中で最も頻度の高い「肺炎球菌」による肺炎を予防するワクチンです。
肺炎球菌には80種類以上の型がありますが、そのうち成人の肺炎の原因となることが多い23種類の型に対して有効なワクチンを日本では使用しています。
このワクチンは、肺炎の発症を完全に予防できるものではありませんが、日本で流行している肺炎球菌による肺炎の約80%に対応できるといわれており、少なくとも重症化を防ぎ、入院や死に至るリスクを減らすことができます。
また、肺炎球菌が引き起こす呼吸器感染症の他、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などの予防効果もあります。

●効果と副反応
肺炎球菌ワクチンは、1回の接種で5年以上効果が持続するといわれています。
副反応については、インフルエンザワクチンと同様に安全性は高く重篤な副反応は極めてまれです。よく見られる副反応には、注射部位のかゆみ、疼痛、発赤、腫脹、軽い発熱、関節痛、筋肉痛などがあります。
接種時期は、一年中いつでもできますが、日本では予防接種法の規定でインフルエンザなどのワクチン接種から一週間以上あける必要があります。

助成回数 1回のみ、2回目以降は全額自己負担
自己負担金 自己負担金4,000円 ※生活保護受給者は無料
(全額自己負担の場合は8,000円~10,000円ほどかかります)
助成方法 市が指定する医療機関窓口に市が交付する予診票を提出する
接種期限 平成29年3月31日まで
受付方法 上記対象年齢に当てはまる方に予診票を郵送します

●高齢者肺炎球菌予防接種 指定医療機関について(PDFファイル)

東松島・石巻管内
塩釜管内

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー