HOME >くらしの情報 > 生活 > 消費生活相談 > 消費生活情報

消費生活情報コーナー

消費生活情報 ~ネット回線契約のトラブルにご注意~

【事例】 電話会社を名乗る女性から自宅に電話があり、「これからは光回線に移行する、光回線のほうが速い、電話代も安くなる」などと言われて申し込んだ。よく考えるとインターネットを使う予定もないので、契約する必要はないと思った。契約をやめたいが、どうしたらよいか。

安さや無料を強調して消費者の理解が不十分なまま契約にいたるケースが多く、クーリング・オフもできないため短期間の利用で解約を希望しても高額な解約料が発生しトラブルになっています。

<アドバイス>
・安易には返事せず、必要がなければきっぱり断りましょう。
・口頭でも契約は成立します。
・大手通信事業者と名乗って勧誘する代理店も見られます。電話をかけてきた事業者をよく確認してください。

~心配なときや困ったときは相談窓口へ~
市民課 消費生活相談室 電話/0225-82-1111 内線1117
       相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

消費生活情報 ~訪問購入にはルールがあります~

「無料で査定します」 「高く買いますよ」 の言葉に要注意!

【事例①】
「不要な着物を査定する」と電話があったので来てもらった。
ざっと見て「ついでに貴金属の査定をしてあげる」と言われ、見せたらすべて買い取りますと
一方的に言われ、代金を渡してきた。

【事例②】
「ペースメーカーの材料に使うプラチナが不足しているので貴金属を持っていたら出してほし
い」と訪問され、人助けになると思いアクセサリーを見せたら少ない金額で買い取られた。
後日返却を申し出たが手元にないと断られた。

 突然訪問した業者が貴金属等を買い取る「訪問購入」は、特定商取引法の改正が平成25年
2月21日に執行され、勧誘方法などが禁止されています。

①飛び込み勧誘は禁止されています。
②契約書面の交付をしなければなりません。
③契約書面の交付から8日以内であればクーリングオフできます。
④クーリングオフ期間中は物品の引き渡しをこばむことがでぎます

~心配なときや困ったときは相談窓口へ~
市民課 消費生活相談室 電話/0225-82-1111 内線1117
       相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

消費生活情報 ~振り込め詐欺~

だまされないで! その電話!

・「携帯電話番号が変わった…」は詐欺かも!
・「今すぐお金が必要になった→急いで振り込んで…」は詐欺かも!
・「今すぐお金が必要になった→レターパックで現金を送って…」は詐欺かも!
・「今すぐお金が必要になった→代理人の人にお金を渡して…」は詐欺かも!
・「お金を還付するから銀行(ATМ)に行って…」は詐欺かも!
・「キャッシュカードを預かる…」は詐欺かも!

<アドバイス>
電話がかかってきても、あわてず落ち着いて、事実を確認するか、
家族や信頼できる人や警察などに相談しましょう。

~心配なときや困ったときは相談窓口へ~
市民課 消費生活相談室 電話/0225-82-1111 内線1117
       相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

インターネットトラブル(オンラインゲーム)について

増え続ける子どものオンラインゲームのトラブル
家族でゲームの遊び方を話し合うとともに、クレジットカード管理の徹底を!

<事 例>
(1)子どもが携帯型ゲーム機でアイテム等を購入したケース
 【事例1】孫がゲーム機でオンラインゲームをし、祖父のカードで決済をした
 【事例2】息子が母親が処分したカードを使ってゲーム機で決済していた
(2)子どもがスマートフォンでアイテム等を購入したケース
 【事例3】娘が親のスマートフォンでゲームをし、課金時に親がパスワードを入力した
 【事例4】スマートフォンで無料ゲームを息子に遊ばせたところ電話会社から高額な請求がきた
 【事例5】子どもが親のスマホで、暗証番号を入力せずにゲームをダウンロードできていた
(3)子どもがタブレット端末や携帯型音楽プレーヤーでアイテム等を購入したケース
 【事例6】娘が親のタブレットでオンラインゲームの課金アイテムを10万円以上購入していた
 【事例7】息子が携帯型音楽プレーヤーを使いオンラインゲームで有料アイテムを購入していた

<問題点>
1.クレジットカード等の仕組みを理解していなくても、子どもは決済の手続きを容易に行っている
2.大人はオンラインゲームの決済の仕組み等を十分に理解していない
3.スマートフォンやタブレット端末のIDに、クレジットカード情報を登録していたり、機器をそのまま子ども
 に渡して使わせている
4.オンラインゲーム会社等は利用者の年齢を把握しにくい

<アドバイス>
〇親子でゲームについて確認し、話し合いましょう!
 ・スマートフォンやゲーム機の機器やゲームの仕組みについて確認しましょう。
 ・子どもが遊んでいるゲームが無料なのか、有料なのか、有料ならば何が有料なのか再確認しましょう。
〇大人はクレジットカードの管理について、注意しましょう!
 ・自分がどこにしまっているか、確認しましょう。
 ・利用明細を毎月確認しましょう。
〇トラブルにあった場合は、親子で最寄りの消費生活センターに相談しましょう!

 
~相談・問い合わせ先~
  市民課 消費生活相談室 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

消費生活情報 ~悪質業者撃退法~

 悪質業者は、だましのプロです。こんな言葉は危険です。
   ↓
「今だけ…」 「あなただけ…」 「特別に…」 「ただです…」
「今日だけ半額です!」 「見るだけでいい」 「お得ですよ」
「法律が改正されまして…」 「裁判にするよ!」 など
   ↓
◆断る言葉をはっきり伝えましょう!
◎お断りします ◎いりません ◎関心ありません ◎お帰りください
◎もう電話をかけないでください など
◆あいまいな返事はやめましょう!
×「いいです」 ×「けっこうです」
×「考えておきます」 など
※相手に承諾・了解したものと思われます。

訪問販売や電話勧誘販売では、消費者が契約を断った後の再勧誘は禁止されています
 
~相談・問い合わせ先~
  市民課 消費生活相談室 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

インターネットトラブル(ネットショピング)について

<事例>
 インターネット通販で、サッカーシューズを注文した。そのサイトは日本語なのに振込
口座が外国人名義だった。代金を前払いし、国際郵便で届いたが、注文したシューズ
と違うものが届いた。交換してほしいと再三メールを送っているが、全く連絡が取れな
い。

<アドバイス>
 ・連絡手段がEメールしかないサイトは危険です。事業者の所在地や電話番号など
  をしっかり確認しましょう。
 ・極端に値引きされている場合、模倣品の可能性があります。
 ・日本語表現が不自然なサイトは、要注意です。
 ・支払方法が前払いの時、また銀行振込み指定の場合も要注意です。
 

■相談・問い合わせ先
  市民課 消費生活相談室 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

インターネットトラブル(ワンクリック請求)について

<事例>
 パソコンで無料動画を見ようと、年齢確認で「20歳以上」をクリックしたら、登録完了
画面になり「3日以内に4万5千円支払うように・・・」と請求画面が消えない。その画面
に問い合わせの電話番号が出ている。

<アドバイス>
 登録前に登録確認画面を設けられていなければ、契約は成立していません。 

 ・あわてて料金を支払わない。
 ・電話は絶対にかけない。連絡せずに無視しましょう。
 ・クリックは慎重に・・・。あやしいサイトには近づかない。
 

<請求画面が消えない!>
請求画面の削除は、システムの復元により対処できます。
情報処理推進機構(IPA)のホームページなどを参考にしてください。
 
独立行政法人 情報処理推進機構のページは、こちら・・・

■相談・問い合わせ先
  市民課 消費生活相談員 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

 

スマートフォンに関する相談が急増しています

 スマートフォンは小型のパソコンです。スマートフォンの普及に伴い、スマートフォン
からアクセスしたという相談が急増しています。
 相談内容は、「有料の認識がないままクリックしたところ、料金の請求画面が表示
されたが、支払わなければならないか」「個人情報が業者に伝わっているのではない
か」などが多く、さらに最近は、無料アプリをダウンロードしたのに、突然、料金を請
求されたというトラブルも寄せられています。

 スマホのアプリをダウンロードする時は、こんな危険があります。
・個人情報流出(電話番号、メールアドレス、アドレス帳など)
・ウイルス感染
・不当請求など

<不正アプリを回避するポイント>
その1 アプリを入れる際には、機能や利用条件に注意しましょう!
その2 信頼できるマーケットからアプリを取りましょう!
その3 ウイルス対策ソフトの利用状況を確認しましょう!
その4 見覚えのない請求は無視し、あわてて業者に連絡せず下記へ相談しましょう!
  
~心配なとき、困ったときは相談窓口へ~

  市民課 消費生活相談員 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

頼んでいない健康食品の「送りつけ商法」にご注意ください

 主に高齢者を狙って、頼んでもいないのに突然電話で「あなたが注文した健康食品
ができたので送ります」とか「家族の方から注文があったので・・・」などと言い、商品
を送りつける事例が報告されています。
 なかには「注文時の録音がある。録音は裁判所でないと聞けない」などと虚偽の説
明や脅しで、しつこく購入を迫る、「1年間の定期購入契約の3か月分を送る」など、
非常に強引で悪質な手口の報告もあります。
・必要がなければ、きっぱりと断りましょう。
・電話勧誘販売で契約してしまっても法律で定められた期間内であれば、クーリング
 オフで、契約を解除できます。
・万一、断ったにもかかわらず商品が届いた場合、受け取りを拒否し、送り主の連絡
 先、業者名、住所などを控えましょう。頼んでいないのに勝手に送りつけてくる商品
 は代金を支払う必要はありません。代引配達などで一度払ってしまったお金を取り
 戻すのは、大変困難です。
                
  ~心配なとき、困ったときは相談窓口へ~

  市民課 消費生活相談員 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

待って!その操作 大丈夫?

 「医療費の払い戻しや税金の還付」等を名目に市役所職員を装いATMを操作させ
る「振り込め詐欺」が多発しています。

・「医療費の払い戻しや税金の還付」のためですか? ⇒ ストップ!
・指示されたフリーダイヤルに電話していませんか?  ⇒ ストップ!
ATMの操作を電話等で支持されていませんか?   ⇒  ストップ!

 東松島市では、医療費の払戻金や税金の還付金の受取りのためにATMの操作を
求めません。また、連絡先としてフリーダイヤルを指定しません
 医療費の払い戻しや税金の還付等は文書でお知らせします。電話で行うことは、あ
りません。不審に感じたときは、下記の相談窓口まで、お問い合わせください。

■相談・問い合わせ先
  市民課 消費生活相談員 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

その電話、本当に大丈夫? 振り込め詐欺では?

卒業生名簿などを悪用して卒業生宅に電話をかけ、現金を振り込みさせる新たな手口による被害が増えています。

【振り込め詐欺の手口】
  ↓
【第1段階】・「オレ○○だけど」と突然電話がかかってきます!
 卒業生名簿や同窓会名簿を入手し、手当たりしだいに電話をかけています。
 名簿で子の名前を特定できるので被害に遭いやすく、注意が必要。
第2段階】・「トラブルに巻き込まれた」などと伝えてきます!
 「会社の金を使い込んだ」「交通事故を起こした」などと言って動揺させ、冷静な判断ができない状況におとしいれます。
【第3段階】・解決方法としてお金を要求してきます!
 
トラブルを誰にも知られたくない、示談に応じるため、身の安全を守るためなどの理由から、
指定した銀行口座にすぐ振り込むようにと要求してきます。

   だまされないぞ! 予防策!! 

1.一度電話を切って、本人・家族に確認する。
2.「携帯電話番号を変えた」と伝えてきたら、他の家族に確認をとりましょう。
3.お金の話がでたら、「詐欺かも?」と疑いましょう。
4.
振り込む前に必ず誰かに相談しましょう。

■相談・問い合わせ先
  市民課 消費生活相談員 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

携帯電話・インターネット等のトラブルが増えています

(1) 「無料オンラインゲーム」で遊んでいたのに、後から高額な請求にびっくり! どうして?
 ゲームは無料でも、遊ぶためには「通信費」がかかります。
「無料」と宣伝していても、すべてが無料とは限りません。
ゲームの中で使うアイテムにお金がかかったり、ゲーム内の通貨が現実と違うため、お金の区別がつかなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

(2) 占いやゲームから突然「アダルトサイト」につながり、うっかりクリックしたら支払い請求が! どうしよう・・・
 メールやサイトに記載されているURLやリンクボタンをクリックするだけで、「登録完了しました。登録料を払ってください」などと表示されるワンクリック詐欺というものもあります。
利用した覚えがない請求は支払う必要はありません。

(3)その契約は本当に成立していますか?
 もしも事業者から契約の成立を主張された場合、「契約する意思があって、申込したのか」が重要な判断となります。
契約とはお互いの意思の合致で成立します。
つまり業者が承諾したと一方的に言っても、双方の意思表示が合致しない限り契約は成立しません。

迷惑メールが届くようになったら・・・要注意!!

・無料と表示しているサイトや迷惑メールに記載されているURLを安易にアクセスしない
・画面のクリックは慎重に・・・
・身に覚えのない請求は無視する
・「連絡ください」などとメール等がきても、業者には絶対に連絡しない
・身に覚えのないメールは無視!絶対に返信しない
・受信拒否や設定やフィルタリングサービスを活用する
・IDやパスワードは自分で管理、絶対に他の人には教えない
・画面に請求画面が表示され、消えなくなったら、すぐ相談室においでください

■相談・問い合わせ先
  市民課 消費生活相談員 電話/0225-82-1111 内線1117
         相談日/月~金(祝日・年末年始は除 く) 受付時間/9:00~15:00

 

先頭へ戻る(ページTOPへ)

 

 

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー