HOME >ライフイベント > 妊娠・出産 > 戸籍の届出

戸籍の届出

戸籍とは

戸籍は日本国民の身分関係を登録し公証するものです。
この戸籍をおいてある市区町村を本籍地といいます。
※東松島市の戸籍の窓口は、本庁舎市民課・鳴瀬庁舎総合支所・野蒜出張所になります。

子どもが生まれたとき(出生届)

届出人 父又は母
届出に必要なもの ・届出人の印鑑
・母子健康手帳
・出生届(医師の証明のあるもの)
・国民健康保険証(加入者)
届出窓口 本籍地・届出人の住所地、出生地
届出の期間 出生した日から14日以内に届け出てください。

命名は常用漢字、人名用漢字、カタカナ、ひらがなの範囲に限られています

 

死亡したときの手続きについて(死亡届/死産届)>

届出の期間 死亡の事実を知った日から7日以内
届出人 親族等
届出に必要なもの ・届出人の印鑑
・死亡届(医師の診断書のあるもの)
・斎場使用料(東松島市火葬場を利用する場合)
・葬儀、火葬の日程表
届出窓口 本籍地、届出人の所在地・死亡地

死亡後24時間を経過しなければ、火葬をすることができません。

 

結婚するときの手続き(婚姻届)>

届出の期間 任意(いつでも)
届出人 婚姻する2人
届出に必要なもの ・婚姻届(証人の記載のあるもの)
・届出人双方の印鑑(旧氏)
・戸籍謄本(届出地に本籍のない人)
届出窓口 本籍地、届出人の所在地

■ 証人の署名押印(成年2人)が必要です

■ 未成年者の婚姻は、両親の同意が必要です

■ 住所変更を伴う場合は、別に住民異動(転入・転出・転居)の届出をしてください

 

離婚するときの手続き(離婚届)

届出の期間 任意(調停、審判、判決離婚は成立、確定した日から10日以内)
届出人 夫と妻(調停等による場合は申立人)
届出に必要なもの ・戸籍謄本(届出地に本籍のない場合)
・[協議離婚の場合] 夫婦双方の印鑑
・[調停、審判、判決離婚の場合]申立人の印鑑、調停調書、審判書、判決書の謄本と確定証明書
・国民健康保険証(加入者)

■協議離婚は自筆の署名押印及び証人(成年2人)の署名押印が必要です

■夫婦間の未成年の子については、親権者を定めてください

■離婚により住所変更がある場合は、別に住民異動(転入・転出・転居)の届出をしてください

 

本籍を移すときの手続き(転籍届))

届出の期間 任意
届出人 戸籍の筆頭者および配偶者
届出に必要なもの ・印鑑(筆頭者と配偶者は別々の印鑑を使ってください)
・戸籍謄本(市内での転籍の場合は必要ありません)
届出窓口 新・旧の本籍地、届出人の所在地

■筆頭者と配偶者の署名と押印が必要です。ただし夫婦の一方が死亡などにより除籍されている場合は、一方のみの届け出となります

※このほかにも、養子縁組届・入籍届・認知届などがあります。

 

戸籍届出時の本人確認

婚姻・協議離婚・養子縁組・養子離縁または認知の届出は、戸籍の窓口に来られた方の「本人確認」を行いますので、運転免許証、写真付住基カードが必要です。

※戸籍の届出書は誤りの無いよう丁寧に、記入願います。

 

■問い合わせ先
 市民課窓口サービス班 内線1125

 

先頭へ戻る(ページTOPへ)

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー