HOME >ライフイベント > 転入・転出 > 住民登録、印鑑登録、外国人登録、住基カード

住民登録、印鑑登録、外国人登録、住基カード

●転入・転出・転居(住民登録)関係
住民登録は、現住所や家族構成などを登録、証明するものです。
行政サービスのもとになるものですので住所や家族構成に異動があるときは届け出をしてください。本人または同じ世帯の人が届け出ることができます。

市外から引っ越して来たとき(転入届)

市外から引っ越して来た場合は、転入届けを行ってください。

■届出の期間 / 新しい住所に住んだ日から14日以内

■届出人 / 本人または世帯主。代理の場合は委任状が必要です

■届出に必要なもの

■届出窓口 / 市役所本庁舎・鳴瀬総合支所のいずれか

■国民健康保険に加入する人はその旨を申し出てください

国外から引っ越して来たとき(転入届)

外国に住んでいた人が帰国して住所を定めた場合は、転入届けを行ってください。

■届出の期間/ 新しい住所に住んだ日から14日以内

■届出人/本人または世帯主。
代理の場合は委任状が必要です

■届出に必要なもの

■届出窓口/市役所本庁舎・鳴瀬総合支所のいずれか

市外へ引っ越すとき(転出届)

市外へ引っ越す場合は、転出届けを行ってください。

■届出の期間 / 引っ越し前または引っ越し後14日以内(転出される1週間前から受付)

■届出人 / 本人または世帯主。

■届出に必要なもの

■届出窓口/市役所本庁舎・鳴瀬総合支所のいずれか

■転出証明書を発行します

■転出先の住所を事前に確かめておいてください

国外へ引っ越すとき(転出届)

外国へ1年以上行く場合は、国外への転出届けをしなければなりません。
そのほか1年以上にわたり滞在、留学、出張する場合も同様です。

■届出の期間 / 出国前(出国される1週間前から受付)

■届出人 / 本人または世帯主

■届出に必要なもの

■届出窓口 / 市役所本庁舎・鳴瀬総合支所のいずれか

市内で引っ越したとき(転居届)

市内で引っ越した場合は、転居届けを行ってください。

■届出の期間 / 新しい住所に住んだ日から14日以内に届け出てください。

■届出人 / 本人または世帯主。

■届出に必要なもの

■届出窓口 / 市役所本庁舎・鳴瀬総合支所のいずれか

住民登録をしていない方の住所の登録手続きについて

■届出の期間 / 速やかに

■届出人 / 本人

■届出に必要なもの

■届出窓口/市役所本庁舎・鳴瀬総合支所のいずれか

 

●印鑑登録・印鑑証明関係
印鑑登録はお手持ちの印鑑をあなた個人のものとし、公に立証するために登録することをいいます。
この登録された印鑑を実印といい、不動産売買や保証人などに必要とされ、個人の財産や権利を守る大切なものです。

印鑑登録に関する届け出

市内に住民登録されている方であれば、どなたでも登録することができます。
ただし、15歳未満の方および成年被後見人については登録することができません

登録できる印鑑
★登録できる印鑑は一人1個です。
★印影が8mmの正方形より大きく、25mmの正方形より小さいもの。

登録できない印鑑
★ふちが欠けたり減ったりしている印鑑
★すでに他の人が東松島市で印鑑登録している印鑑
★他にも登録できない印鑑があります。(詳しくは窓口まで)

本人による登録の申請

■届出の期間 / 任意

■届出人 / 本人

■届出に必要なもの

・本人であることを証明できるもの(運転免許証、パスポート、官公庁発行の顔写真付きの証明書など)。
証明書がない場合は、申請書に保証人(東松島市に住民登録している人)の署名、押印(保証人の登録印)が必要です。
さらに、健康保険証を提示ください。

印鑑
■届出窓口 / 市役所本庁舎・鳴瀬総合支所のいずれか
■届け出に必要な書類の不備など、すぐに登録できない場合があります。
この場合は、仮受け付けしたあと本人あてに照会書を郵送しますので、後日、必要事項を記入し、 登録する印鑑とともにお持ちになりますと登録できます。

代理人による登録の申請

本人がやむを得ず申請できない場合は、代理人選任届または委任状、登録する印鑑、代理人の印鑑が必要です。
なお、代理人の申請の場合は郵送により登録者本人の意志確認のため、 3日間程度日数がかかります。

印鑑登録証

登録を済ませてからお渡しします。この登録証は「印鑑登録証明書」をとるときに必要ですから大切に保管してください。 登録証を亡失したときは、事故防止のため直ちに届け出てください。なおご本人以外の場合は委任状が必要です。

●外国人登録
外国人登録は、日本国籍を有しない外国人の方の居住環境や身分関係を明らかにするものです。

 

外国人登録に関する届け出

■届出に必要なもの

■注意事項

●住基カード

写真付の「住基カード」なら、銀行や郵便局などで口座を開設するときや携帯電話の購入時などに公的証明書として使えます。
ぜひ、住基カードをお求めください。

住基カードに関する届け出

■有効期限 / 10年

■発行手数料 / 500円 再交付/700円

■発行窓口 / 市民課窓口

■カード交付について / 運転免許証やパスポートなど顔写真付き身分証明証をお持ちの方は、即日交付が可能です
上記のものをお持ちでない場合は、保険証や銀行カード、病院の診察券(カード)等、2種類以上の本人であることを確認できるものをお持ちください。
この場合は、郵便による本人照会のため交付まで数日を要しますので、お早めに手続きをお願いします。

■問い合せ先
 市民課窓口サービス班 内線1122

 

先頭へ戻る(ページTOPへ)

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー