○東松島市交通安全指導隊規則

平成17年4月1日

規則第65号

(趣旨)

第1条 この規則は、東松島市交通安全指導隊条例(平成17年東松島市条例第114号。以下「条例」という。)に基づき、指導隊に関して必要な事項を定めるものとする。

(服務)

第2条 指導隊は、交通の指導整理に当たるため指導隊の行事計画に定めるもののほか、東松島市交通安全対策会議、警察機関及び交通安全協会等の要請による行事又は緊急を要する場合、随時出動するものとする。

2 前項による要請を行う場合は、緊急を要する場合のほか、あらかじめその要請の趣旨を市長に申し出なければならない。

(職務)

第3条 隊長は隊務を総理し、指導隊を代表する。

2 副隊長は、隊長を補佐し、隊長に事故があるときは、その職務を代理する。

3 分隊長は、各分隊を指揮し、その実践に当たる。

4 班長は、隊長の命に従い隊員を指揮し、その実践に当たる。

(幹部会議)

第4条 隊長は、指導隊の運営を円滑にするため、必要に応じ幹部会議を招集する。

2 前項の幹部会議は、班長以上の職にあるものをもって組織するものとする。

(参与)

第5条 指導隊に参与を置く。

2 参与は、市長、副市長、矢本交番所長及び交通安全協会矢本・鳴瀬支部長の職にある者とし、隊長の諮問に応じ、又は会議において発言することができるものとする。

(貸与品)

第6条 指導隊員に対する貸与品の種類、員数、使用期間及び貸与期間は、別紙のとおりとし、貸与期間については、別に定める。

2 貸与品は、現品をもって支給する。

3 貸与品は、期間経過後といえども次回の貸与を受けるまで保存しなければならない。

4 貸与品を貸与期間の終わらないうちに損傷又は亡失したときは、代品を交付する。ただし、損傷又は亡失が故意又は怠慢に基因するときは、その原価を使用残期に対する年割計算で弁償させることができる。

5 貸与品は、退職、休職、死亡等の事故が発生したときは、これを直ちに返納させるものとする。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第19号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

品目

員数

貸与期間

備考

制帽

2個

5年

冬用・夏用

制服上下衣

2着

5年

冬用・合服

防寒外とう

1着

5年

 

防寒ズボン

1着

5年

男子のみ

冬用ズボン

1着

5年

女子のみ

夏用ズボン

1着

5年

男子のみ

夏用スカート

1着

5年

女子のみ

ベルト

1本

5年

 

雨合羽

1着

3年

 

ワイシャツ

1着

5年

 

夏用シャツ

2着

5年

長袖・半袖

ネクタイ

1本

3年

 

夜光胴衣

1着

5年

 

短靴

1足

5年

 

長靴

1足

5年

 

ヘルメット

1個

5年

 

停止棒

2本

5年

点灯式・指揮棒

腕章

1個

3年

 

手袋

2着

3年

冬用・夏用

モール

1式

5年

 

警笛

1個

5年

 

ワッペン

3個

5年

 

ネームプレート

1個

5年

 

階級章

1個

5年

 

東松島市交通安全指導隊規則

平成17年4月1日 規則第65号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第6章 交通安全・防犯
沿革情報
平成17年4月1日 規則第65号
平成19年3月30日 規則第19号