○東松島市職員記章及び身分証明書に関する規程

平成17年4月1日

訓令甲第46号

(趣旨)

第1条 この訓令は、別に定めがあるものを除くほか、東松島市職員の着用する職員記章及び身分証明書に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において職員とは、東松島市常勤の特別職の職員及び東松島市職員定数条例(平成17年東松島市条例第25号)第2条に規定する職員並びに地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める職員をいう。

(職員記章の着用)

第3条 職員は、その身分を明らかにするため職務執行中必要と認められる場合は、職員記章(様式第1号)を着用するものとする。

(職員記章の着用位置)

第4条 職員記章の着用位置は、原則として次のとおりとする。

(1) 背広服又はこれに類似する服装にあっては、左見返し

(2) 詰えり又はこれに類似する服装にあっては、左えり

(3) その他の場合は、左胸部

(身分証明書)

第5条 職員が職務執行中に着用する身分証明書は、様式第2号のとおりとする。

(職員記章の貸与及び身分証明書の交付)

第6条 人事主管課長は、新たに職員となった者に対し、職員記章の貸与及び身分証明書の交付を行うものとする。

2 職員が退職等により職員でなくなったときは、直ちに職員記章及び身分証明書を人事主管課長に返還しなければならない。

(貸与等の禁止)

第7条 職員記章及び身分証明書は、いかなる理由があっても他人に貸与又は譲渡してはならない。

(職員記章及び身分証明書の再交付)

第8条 職員は、職員記章及び身分証明書を紛失し、又は損傷し、使用に耐えなくなったときは、直ちに別に定める届出書を提出し、再び貸与又は交付を受けなければならない。

2 前項の規定により別に定める届出書を提出するときは、損傷の場合は、現品を添え、紛失の場合は、実費を納付しなければならない。ただし、やむを得ない理由があると認めるときは、実費の納付を免除することができる。

(身分証明書の記載事項変更)

第9条 職員は、身分証明書の記載事項に変更を生じたときは、直ちに書換えの手続をとらなければならない。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日訓令甲第22号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日訓令甲第20号)

この訓令は、公示の日から施行する。

附 則(平成28年12月28日訓令甲第107号)

この訓令は、平成29年1月1日から施行する。

東松島市職員記章及び身分証明書に関する規程

平成17年4月1日 訓令甲第46号

(平成29年1月1日施行)