○東松島市遊漁礁管理規程

平成17年4月1日

訓令甲第168号

(趣旨)

第1条 この規程は、特定地域等振興対策事業施工による遊漁礁(並型漁礁)の管理及び利用の適正を図るため必要な事項を定めるものとする。

(管理)

第2条 施設の管理責任者は、市長とする。

2 市長は、施設の管理運営業務について市内の漁業協同組合(以下「管理代理者」という。)に委任する。

3 管理代理者は、最善の注意を払い、施設の保全に務めるものとする。

4 管理代理者は、施設に事故が発生したときは、遅滞なく市長に報告し、その措置について指示を受けるものとする。

(利用)

第3条 施設を利用できるものは、東松島市に属する漁業協同組合の組合員及び一般遊漁者とする。

2 施設の利用は、当該事業目的に即応した効率的利用を図るものとする。

(利用料)

第4条 施設の利用料は、原則として徴収しない。

(その他)

第5条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、その都度市長が管理代理者と協議して定める。

附 則

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

東松島市遊漁礁管理規程

平成17年4月1日 訓令甲第168号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第4章
沿革情報
平成17年4月1日 訓令甲第168号