○東松島市排水設備指定工事業者等の資格審査等に関する要綱

平成17年4月1日

訓令甲第196号

(趣旨)

第1条 この訓令は、東松島市排水設備指定工事店に関する規則(平成17年東松島市規則第101号。以下「規則」という。)第7条第11条第13条及び第19条の規定による資格審査の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(委員会の設置)

第2条 この訓令に基づく事項を厳正に執行するため、東松島市排水設備指定工事店資格審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(委員会の審議事項)

第3条 委員会は、次に掲げる事項を審査する。

(1) 指定工事店として指定を受けようとするものの資格

(2) 指定工事店の指定の停止又は取消し

(3) 責任技術者の登録停止又は取消し

2 委員会は、必要があると認めたときは、その審査事項の関係者の出席を求め事情を聴取し、又は意見を聴くことができる。

(委員会の組織)

第4条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織し、それぞれ次に掲げる職にある者をもって充てる。

(1) 委員長 建設部長

(2) 副委員長 下水道課長

(3) 委員 下水道課職員 若干名

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 委員長に事故あるとき又は欠けたときは、副委員長がその職務を代理する。

4 委員会は、委員長が招集し、会議の議長となる。

5 委員会は、委員の半数以上の出席をもって成立し、議事は、出席委員の過半数で決する。

6 委員会の庶務は、下水道課施設班において処理する。

(報告)

第5条 委員会は、審査の結果を市長に報告しなければならない。

(法定及び通知)

第6条 市長は、前条の規定により報告を受けたときは、速やかにその内容を決定し、その旨を関係者に通知するものとする。

(審査の基準)

第7条 指定工事店の指定を受けようとするものの審査の基準は、規則第3条及び第4条の規定に基づくものとする。

2 規則第11条及び第19条の規定に違反した者のその指定又は登録を一定期間停止し、若しくは取り消すことができる基準は、次に定めるとおりとする。

(1) 別表第1に定める違反事項に対して付与される違反点数の累積点数が別表第2に定める点数に達したときは、同表に定める期間で指定又は登録の停止

(2) 指定又は登録の停止を受けている期間中に工事を施行したときは、6か月以内の期間の指定又は登録の停止

(3) 違反行為により著しく住民の生命、財産又は下水道事業者に損害を与えたときは、指定又は登録の取消し

(違反点数の消滅)

第8条 前条第2項の規定により付与された違反点数は、違反点数を付与された日から2年間無違反のときは、その違反点数が消滅する。

2 指定又は登録の停止処分を受けてから3年以内に同等以上の処分を受けたときは、以降の違反に対する付与点数を倍にする。

(指定又は登録期間を超えて処分したときの処分)

第9条 指定又は登録期間を超えて処分したときは、処分の期間中での指定又は登録の更新を行わないものとする。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日訓令甲第22号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年9月10日訓令甲第81号)

この訓令は、公示の日から施行する。

別表第1(第7条関係)

<付与点数基準>

違反種別

違反点数

指定店

責任技術者

1

正当な理由なく市の下水道施設及び排水設備を操作したとき。

50

50

2

無許可で新築工事、増改造工事を施行したとき。

50

50

3

無許可で撤去工事を施行したとき。

50

50

4

責任技術者の名義を借用又は貸与したとき。

50

50

5

工事指定店の名義を貸与したとき。

50

6

排水設備の新設等の申請書を提出し、確認を受けた日から正当な理由なく3月以上着手しないとき。

50

20

7

埋設物、構造物等に損害を及ぼしたとき。

20

20

8

市長が承認した材料器具以外のものを使用したとき。

30

30

9

工事完了後7日以内に完了届を提出しないとき。

30

30

10

検査時の指摘事項を15日以上放置したとき。

50

50

11

不当に高い工事費を請求し、又は受領したとき。

50

10

12

責任技術者資格証の不携帯

5

10

13

工事又は修繕の申込みに対し相当の理由なく拒んだとき。

50

14

汚水を雨水ますに、雨水を汚水ますに固着したとき。

30

50

15

再検査が多発したとき(3回ごと)

50

50

16

道路工事において道路管理者及び警察署長の許可なくして施行したとき。

50

50

17

道路工事において道路管理者及び警察署長の許可条件に違反したとき(1件当たり)

50

50

18

指定を受けてから1年以内に営業を開始しないとき又は引き続き1年以上営業を中止したとき。

10

19

正当な理由がなく市長が行う職務上の指示に従わなかったとき。

50

50

20

その他条例、規則等に違反したとき。

50

50

別表第2(第7条関係)

付与点数法

<処分基準>

違反点数

処分

100点に達したとき

1月停止

150点に達したとき

3月停止

200点に達したとき

6月停止

250点に達したとき

1年停止

300点に達したとき

取消し

東松島市排水設備指定工事業者等の資格審査等に関する要綱

平成17年4月1日 訓令甲第196号

(平成27年9月10日施行)