○東松島市キャラクター等の使用に関する要綱

平成18年2月20日

訓令甲第6号

(目的)

第1条 この要綱は、市のシンボルとなり、市民に広く愛され、個性あるまちづくりと市のイメージを内外に伝えるため、キャラクター等の有効的な活用を図ることを目的とする。

(キャラクター等の定義)

第2条 この要綱において「キャラクター等」とは、次の各号に定めるものとする。

(1) 市が定めた別図1の基本デザイン及び市長が別に定める展開デザイン

(2) 市が定めたキャラクターの愛称「イート」「Eart」の文字

(使用の許可)

第3条 キャラクター等を使用する者(以下「申請者」という。)は、あらかじめキャラクター等使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しその許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の規定により申請書の提出があったときは、その内容について審査し、適当と認める場合はキャラクター等使用許可通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

3 キャラクター等の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)がその使用に際して商標登録出願を行うことはできない。

(使用の不許可)

第4条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、キャラクター等の使用を許可しない。

(1) 第1条の目的に反するおそれがあるとき。

(2) 法令及び公序良俗に反するおそれがあるとき。

(3) 宗教的な活動に利用するとき。

(4) 不当な営利目的の宣伝や広告に利用するとき。

(5) 個人の宣伝等に利用するとき。

(6) 市のイメージを損なう活用や社会通念上許可することが不適当と認められるとき。

(7) その他市長が不適当と認めたとき。

2 前項の規定によりキャラクター等の使用を許可しないときは、キャラクター等使用不許可通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(申請内容の変更等)

第5条 使用者が申請内容等を変更する場合は、あらかじめキャラクター等使用変更許可申請書(様式第4号)を市長に提出し許可を受けなければならない。

2 市長は前項の規定により許可する場合は、キャラクター等使用変更許可通知書(様式第5号)を申請者に通知するものとする。

(使用許可の取消し)

第6条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、キャラクター等の使用許可を取消すことができる。

(1) この要綱に基づく規定に違反したとき。

(2) この要綱に基づく許可の条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、市長が不適当と認めたとき。

2 前項の規定により許可を取消された者は、当該許可にかかるキャラクター等を使用してはならない。

(損害賠償)

第7条 市長は、前条第1項各号のいずれかに該当する行為により、市に損害を生じさせた者に対して賠償を請求することができるものとする。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成18年2月20日から施行する。

別図1(第2条関係)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

東松島市キャラクター等の使用に関する要綱

平成18年2月20日 訓令甲第6号

(平成18年2月20日施行)