○東松島市予定価格事前公表の試行に関する要綱

平成19年10月25日

訓令甲第69号

(趣旨)

第1条 この要綱は、本市における入札・契約制度のより一層の透明性及び公平性の確保並びに不正行為の防止を図るため、東松島市財務規則(平成17年東松島市規則第24号)第109条第4項の規定にかかわらず、予定価格の入札執行前の公表(以下「事前公表」という。)の試行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(事前公表の対象)

第2条 事前公表の対象は、市の発注する建設工事のうち、一般競争入札及び指名競争入札で行われるもので、東松島市契約業者審査委員会が指定するものとする。

(事前公表の内容)

第3条 事前公表をする予定価格は、消費税及び地方消費税相当額を控除した価格とする。

(事前公表の方法)

第4条 事前公表の方法は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に掲げる方法により行う。

(2) 指名競争入札 東松島市建設工事執行規則第7条第2項の規定による通知

(入札執行に係る措置)

第5条 東松島市競争契約入札心得(平成17年東松島市訓令甲第173号)第4条第3項の規定によらず、事前公表を行った工事の入札回数は1回とし、予定価格を超える価格の入札は失格とする。

第6条 この要綱に定めるもののほか、事前公表の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成19年11月1日から施行する。

東松島市予定価格事前公表の試行に関する要綱

平成19年10月25日 訓令甲第69号

(平成19年11月1日施行)

体系情報
第6編 務/第4章
沿革情報
平成19年10月25日 訓令甲第69号