○東松島市外出支援サービス事業実施要綱

平成21年3月27日

訓令甲第18号

(目的)

第1条 この訓令は、家庭内において送迎すること又は公共交通機関を利用することが困難な在宅の高齢者(おおむね65歳以上の高齢者をいう。以下「高齢者」という。)及び身体障害者等に対して、移送用車両(リフト付車両及びストレッチャー装着ワゴン車等)を利用して、居宅と医療機関との送迎サービスを行うことにより、医療受診のための交通手段確保を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この訓令による事業の実施主体は、東松島市とする。ただし、市長は、事業の一部を適当な事業運営が確保できると認められる者に委託することができるものとする。

(運行の範囲)

第3条 運行の範囲は、原則として市内とする。

(利用対象者)

第4条 この訓令による事業の対象者は、市内に居住する在宅の高齢者及び身体障害者等であり、心身の障害及び傷病等の理由により常時臥床又は下肢が不自由であるために自家用車での送迎や公共交通機関の利用が困難な状態にある者で、かつ申請年度において市民税非課税世帯の者とする。

(申請)

第5条 事業の利用を希望する者(以下「申請者」という。)は、外出支援サービス利用申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を市長に提出するものとする。また、次年度以降も引き続き利用を希望する場合は、毎年5月末日までに申請書を提出し、利用の決定を受けるものとする。

(利用の決定及び通知)

第6条 市長は、前条の規定による申請書が提出されたときは、申請者の要件及び世帯の状況等を調査の上、利用の可否について決定するものとする。

2 市長は、利用を決定したときは、外出支援サービス事業利用者台帳(様式第2号。以下「利用者台帳」という。)に登録するものとする。

3 市長は、利用の可否について決定したときは、外出支援サービス事業利用決定・却下通知書(様式第3号)により申請者に通知するとともに、外出支援サービス事業依頼書(様式第4号)により委託先の長に通知するものとする。

(利用回数)

第7条 事業の利用回数は、原則として、利用者1人あたり月往復4回までとする。ただし、市長が必要と認める場合は、この限りでない。

(利用料)

第8条 利用者の自宅から往復の利用距離で2キロメートル未満は300円、2キロメートル以上3キロメートル未満は400円、3キロメートル以上5キロメートルまでは500円とし、以後、1キロメートル追加ごとに100円を加算した額とする。なお、利用にあたって必要となった有料道路料金、駐車料金等は利用者の負担とする。

(届出)

第9条 利用者又は扶養義務者は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、外出支援サービス利用者台帳登録事項変更届(様式第5号)により速やかにその旨を市長に届けなければならないこととする。

(1) 外出支援サービスの利用を必要としなくなったとき。

(2) 住所の変更等、申請等の事情に変更を生じたとき。

2 市長は、前項の届出により利用者台帳の登録内容に変更が生じた場合は、速やかに委託先の長に対し様式第4号により変更内容を通知するものとする。

(サービスの廃止)

第10条 市長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、サービスの供与を廃止し、又は停止することができる。

(1) 死亡又は市外へ転出したとき。

(2) サービスの利用を必要としないと市長が認めたとき。

(3) その他市長が不適当と認めたとき。

2 市長は、前項の規定によりサービスの供与を廃止し、又は停止したときは、速やかに利用者及び委託先の長に対し外出支援サービス事業利用廃止(停止)通知書(様式第6号)により通知するものとする。

(その他)

第11条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

東松島市外出支援サービス事業実施要綱

平成21年3月27日 訓令甲第18号

(平成21年4月1日施行)