○東松島市ワンコインで健康づくり支援事業補助金実施要綱

平成21年3月31日

訓令甲第25号

(趣旨)

第1条 この訓令は、市内に住所を有する60歳以上の者及び障害者並びにその介護者の健康増進と社会参加の拡大を図ることと、健康増進施設の利用促進を図るために、補助金を交付するものとし、東松島市補助金等の交付に関する規則(平成17年東松島市規則第25号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この訓令に定めるものとする。

(補助対象者)

第2条 補助対象となる者(以下「補助対象者」という。)は、施設利用日において、次の各号のいずれかに掲げる者とする。

(1) 満60歳以上の市民

(2) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項により障害者手帳の交付を受けている市民

(3) 療育手帳制度について(昭和48年厚生省発児第156号厚生事務次官通知)により、宮城県で発行された療育手帳交付を受けている市民

(4) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている市民

(5) 前3号に掲げる者の介助者。ただし前3号に掲げる者1人に対し補助対象となる介助者は1人とする。

(対象施設)

第3条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 東松島市健康増進センター(以下「ゆぷと」という。)

位置 東松島市矢本字河戸342番地2

(補助金の交付対象及び補助額)

第4条 補助金の交付対象は、ゆぷとの1回利用券又は回数券を使用して施設を利用した時とし、補助対象者に行うものとする。ただし、指定管理者が利用拡大のために行う優待券及び無料券については、この限りでない。

2 補助金の額は、1人1回の利用につき100円とする。

(補助対象期間)

第5条 補助金の交付対象期間は、平成23年8月1日から平成24年3月31日までの施設利用分とする。

(権限の委任)

第6条 補助金の交付を受けようとする補助対象者は、ゆぷとを管理運営する者(以下「指定管理者」という。)に対し、補助金の交付申請、請求及び受領に関する一切の権限を委任するものとする。

(補助申請)

第7条 前条の規定による委任を受けた指定管理者は、規則第3条に規定する書類により補助金の交付申請を市長に対し提出するものとする。

2 補助金の交付を受けようとする補助対象者は、施設利用時に健康保険証、運転免許証、身体障害者手帳その他補助対象者であることが確認できる官公庁等が発行する書類(以下「証明書類」という。)を指定管理者に提示し、ワンコイン健康づくり支援事業利用者名簿(別記様式)に記入しなければならない。

3 指定管理者は、前項の規定により提示された証明書類を確認し、補助対象者に代わってワンコイン健康づくり支援事業利用者名簿に必要事項を記入することができる。

(交付の決定)

第8条 市長は、前条の補助申請書類を審査し、規則第4条の規定により補助金の交付を決定するものとする。

(決定の通知)

第9条 市長は、補助金の交付を決定したときは、規則第6条により通知するものとする。

(実績報告)

第10条 指定管理者は、月を単位に、規則第12条に規定する書類にワンコイン健康づくり支援事業利用者名簿を添えて、市長に報告するものとする。

(補助金の交付方法)

第11条 この訓令による補助金の交付は、月を単位に前条の報告等の書類を審査し、第4条第2項に規定する補助金を支払うことにより行うものとする。

(補助金の請求)

第12条 指定管理者は、規則第3条に規定する書類により補助金の交付を市長に請求するものとする。

(決定の取消及び返還)

第13条 市長は、偽りその他不正な手段により補助金を受けた者がある場合は、当該補助金の全部又は一部を取り消すことができる。

2 市長は、前項の規定により補助金の交付決定を取り消した場合において、既に補助金が交付されているときは、期限を定めて当該取り消しに係る補助金の返還を命じるものとする。

(その他)

第14条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月23日訓令甲第10号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年8月1日訓令甲第44号)

この訓令は、公示の日から施行する。

画像

東松島市ワンコインで健康づくり支援事業補助金実施要綱

平成21年3月31日 訓令甲第25号

(平成23年8月1日施行)