○東松島市インフルエンザ予防接種事業実施要綱

平成22年1月4日

訓令甲第1号

(目的)

第1条 この訓令は、東松島市在住の高齢者に対し、インフルエンザ予防接種(以下「予防接種」という。)を実施することにより、蔓延の予防及び感染を防止することを目的とする。

(対象者)

第2条 予防接種の対象となる高齢者(以下「対象者」という。)は、市内に住所を有する者で、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 65歳以上の者

(2) 60歳から65歳未満の者であって、心臓、じん臓、若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害を有する身体障害者手帳の保持者

(実施方法)

第3条 予防接種は、市長が指定した予防接種を実施する医療機関において、個別接種により実施する。

(費用の負担)

第4条 予防接種を受けた者は、予防接種費用の実費の一部を負担するものとし、その負担額は1,000円とする。

2 市長は、予防接種希望者が次の各号のいずれかに該当するときは、前項の費用を免除することができる。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯に属するとき。

(2) その他市長が特に免除の必要があると認めたとき。

(その他)

第5条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、公示の日から施行し、平成21年10月1日から適用する。

附 則(平成22年9月30日訓令甲第43号)

この訓令は、平成22年10月1日から施行する。

附 則(平成23年9月1日訓令甲第41号)

この訓令は、公示の日から施行する。

東松島市インフルエンザ予防接種事業実施要綱

平成22年1月4日 訓令甲第1号

(平成23年9月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 保健衛生/第1節
沿革情報
平成22年1月4日 訓令甲第1号
平成22年9月30日 訓令甲第43号
平成23年9月1日 訓令甲第41号