○東松島市災害義援金配分委員会設置要綱

平成23年4月20日

訓令甲第20号

(設置)

第1条 東松島市地域防災計画(平成18年策定)に基づき、東日本大震災被災者に対する義援金(以下「義援金」という。)の配分が公平かつ効果的に行われるよう東松島市災害義援金配分委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次の各号に掲げる事務を所掌する。

(1) 配分対象者に関すること。

(2) 配分基準に関すること。

(3) 配分時期に関すること。

(4) 配分方法に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、義援金の配分に関し必要な事項に関すること。

(組織)

第3条 委員会は、別表に掲げる委員によって構成する。

(委員長)

第4条 委員会に委員長を置く。

2 委員長は、副市長をもって充てる。

3 委員長は、委員会を代表し、会務を総括する。

4 委員長に事故あるとき、又は委員長が欠けたときは、委員長があらかじめ指名する委員がその職務を代行する。

(監事)

第5条 委員会に監事2人を置き、別表に掲げる者とする。

2 監事は、義援金に関する会計を監査する。

(会議)

第6条 委員会の会議は、必要に応じて委員長が招集し、委員長が議長となる。

2 会議は、委員の半数以上の出席がなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席した委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

4 委員長は、会議で協議し、又は決定した重要な事項について、市長に遅滞なく報告するものとする。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、保健福祉部福祉課において処理する。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、委員会の運営に関して必要な事項は、委員長が別に定める。

附 則

この訓令は、公示の日から施行し、義援金の配分完了をもって廃止する。

別表(第3条、第5条関係)

東松島市災害義援金配分委員会・監事名簿

委員

副市長

総務部長

保健福祉部長

東松島市社会福祉協議会長

東松島市民生委員・児童委員協議会長

学識経験者

住民の代表

監事

東松島市代表監査委員

東松島市社会福祉協議会代表監事

東松島市災害義援金配分委員会設置要綱

平成23年4月20日 訓令甲第20号

(平成23年4月20日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第6節 災害対策
沿革情報
平成23年4月20日 訓令甲第20号