○東松島市体育関係団体(個人)全国大会出場賞賜金交付要綱

平成24年3月27日

教育委員会訓令甲第7号

(趣旨)

第1条 この訓令は、全国大会以上の各種スポーツ大会に市内の団体及び個人が出場する場合、出場の栄誉を讃え、東松島市体育関係団体(個人)全国大会等出場賞賜金(以下「賞賜金」という。)を交付することで、上位大会に出場する選手を激励し、もって競技力を向上させ、本市のスポーツ振興を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この訓令において「全国大会以上の各種スポーツ大会」(以下「大会」という。)とは、次に定めるものとし、営利、政治及び宗教関係の大会は除外する。

(1) 大会の主催が国の機関(省庁)又は日本体育協会加盟団体若しくは日本レクリエーション協会の場合

(2) 海外で開催される大会

(3) 前各号に準ずる大会で教育委員会が特に認めたもの

2 この訓令において「市内の団体」とは、市内に主たる活動拠点を置く競技団体及び市内に有する事業所に所属する競技団体をいう。

3 この訓令において「個人」とは、市内に住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく住所を有する者をいう。

(交付対象者)

第3条 交付対象者は、県・東北及び国内大会ベスト4以上を経て、又は推薦(県代表等)で大会に出場する市内の団体及び個人とする。ただし、自薦により出場する場合は除くものとする。

2 前項の場合、団体の構成員は、登録選手のほか大会規定に認められている監督、コーチ、マネージャー等も含むものとする。

3 選抜チーム及び市外の団体に所属し出場する場合は個人とみなし交付対象者とする。

(賞賜金の額)

第4条 賞賜金の額は、次のとおりとする。


個人競技

団体競技

賞賜金の額

賞賜金の額

海外で開催される国際大会

1人当たり10,000円

交付対象者数に10,000円を乗じて得た額

全国大会等(日本国内で開催される国際大会も含む)

1人当たり5,000円

交付対象者数に5,000円を乗じて得た額

(交付申請)

第5条 賞賜金を受けようとする団体及び個人(以下「申請者」という。)は、東松島市体育関係団体(個人)全国大会等出場賞賜金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付し、大会出場決定後から大会終了後、原則30日経過するまでの間に申請するものとする。

(1) 全国大会等出場までの経緯経過が分かるもの(予選大会の結果・推薦書等)

(2) 出場した全国大会等の要項及び出場登録が分かるもの

(3) 出場した全国大会等の結果が分かるもの

2 前項の規定にかかわらず、申請者の親権者、団体の代表者は代理で申請を行うことができるものとする。

3 全国大会等の終了後、東松島市体育関係団体(個人)全国大会出場賞賜金実績報告書(様式第2号)をもって大会結果及び成績を教育委員会に報告するものとする。

4 教育委員会が特に必要と認める場合は、第1項の規定にかかわらず、申請期間、交付時期等を調整することができるものとする。

(交付決定)

第6条 前条の交付申請書を受理したときは、申請書類の内容を審査し適格と認めた場合に東松島市体育関係団体(個人)全国大会出場賞賜金交付決定通知書(様式第3号)をもって決定するものとする。

(賞賜金の返還)

第7条 賞賜金の交付を受けた団体及び個人は、次の各号のいずれかに該当する場合は賞賜金の全部又は一部を返還しなければならない。

(1) 自己の都合により全国大会等に出場しなかった場合

(2) 不正な方法で賞賜金の交付を受けた場合

(3) 全国大会等が中止され、又は出場できなくなった場合

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、賞賜金の交付に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年5月21日教委訓令甲第12号)

この訓令は、公示の日から施行する。

附 則(平成26年4月1日教委訓令甲第2号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月23日教委訓令甲第7号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

東松島市体育関係団体(個人)全国大会出場賞賜金交付要綱

平成24年3月27日 教育委員会訓令甲第7号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成24年3月27日 教育委員会訓令甲第7号
平成24年5月21日 教育委員会訓令甲第12号
平成26年4月1日 教育委員会訓令甲第2号
平成27年3月23日 教育委員会訓令甲第7号