○東松島市環境未来都市推進ワーキンググループ設置要綱

平成24年7月5日

訓令甲第46号

(設置)

第1条 内閣の新成長戦略に位置付けられ平成23年12月22日に選定された「環境未来都市」の実現を円滑に推進することを目的とし、関係課での情報共有を図るとともに、各種事業分担の調整を行うため、東松島市環境未来都市推進ワーキンググループ(以下「WG」という。)を設置する。

(組織)

第2条 WGは、東松島市職員のうちから20人以内をもって構成員とする。

2 WGに参画する構成員(以下「構成員」という。)は、次の所属課から当該課長が推薦する職員とする。

(1) 総務部防災課

(2) 復興政策部復興都市計画課

(3) 総務部市民協働課

(4) 市民生活部環境課

(5) 保健福祉部健康推進課

(6) 産業部農林水産課

(7) 産業部商工観光課

(8) 教育委員会教育総務課

3 前項に定める職員のほか、WGへの参画を希望する職員を募り、構成員とすることができる。

(任期)

第3条 構成員の任期は1年とし、再任を妨げないものとする。ただし、年度の中途において構成員となった者の任期は、当該年度の末日までとする。

(座長及び副座長)

第4条 WGに座長及び副座長を置く。

2 座長の選出は、構成員の互選とする。

3 副座長は、座長が指名する。

4 座長は、事務を総括し、WGを代表する。

5 副座長は、座長を補佐し、座長に事故あるとき又は欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第5条 WGの会議は、必要に応じて座長が招集し、会議の議長となる。

2 座長は、必要があると認めたときは構成員以外の者の出席を求め、意見及び説明を求めることができる。

(事務局)

第6条 WGの事務局は、復興政策部復興政策課が行う。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、WGの運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、公示の日から施行する。

(初めて選任する構成員の任期)

2 この訓令の施行後初めて選任する構成員の任期は、第3条の規定にかかわらず当該年度の末日までとする。

附 則(平成25年3月29日訓令甲第23号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月10日訓令甲第15号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行し、次の各号に掲げる第13条の改正規定は、当該各号に定める日から適用する。

東松島市環境未来都市推進ワーキンググループ設置要綱

平成24年7月5日 訓令甲第46号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成24年7月5日 訓令甲第46号
平成25年3月29日 訓令甲第23号
平成28年3月10日 訓令甲第15号