○東松島市第11回全国和牛能力共進会宮城大会出品牛助成事業実施要領

平成26年10月1日

訓令甲第97号

(目的)

第1条 この訓令は、第11回全国和牛能力共進会宮城大会(以下「全共宮城大会」という。)への出品牛作出に向け、第11回全国和牛能力共進会宮城県実行委員会出品対策部会(以下「全共宮城県出品部会」という。)が選定した繁殖雌牛及び指定する種雄牛から生産された肉用牛に対し、経費の一部を助成金として交付することにより、東松島市が宮城県内において優良な和牛生産地としての地位を確立することを目的とする。

(助成事業対象者)

第2条 この事業の助成事業対象者(以下「助成対象者」という。)は、次の要件を満たしている者とする。

(1) 全共宮城県出品部会が選定した肉用牛を保留し、かつ、次の要件を満たしていること。

 全共宮城大会に積極的に取り組む意思を有していること。

 推進組合が実施する研修会又は飼育管理指導に協力が可能であること。

 現在の飼養状況を4年間維持することが見込まれること。

(2) いしのまき和牛改良推進組合(以下「推進組合」という。)の会員であること。

(3) 東松島市内に在住していること。

(事業の内容)

第3条 この事業の助成対象となる牛は、全共宮城県出品部会が、全共宮城大会出品牛の母体として選定した繁殖雌牛及び指定する種雄牛から生産された肉用牛を対象とする。

2 市長は、前項の全共宮城県出品部会が選定した繁殖雌牛への指定交配経費、指定する種雄牛から生産された肉用牛に対する体力増強、粗飼料等の費用の一部を助成するものとし、出品候補牛として選定された場合は、別に特別報奨助成金を交付するものとする。

3 前項の助成金の種別、金額及び交付時期は、次のとおりとする。

種別

金額(1頭当たり単価)

交付時期

指定交配助成金

20,000円

指定種雄牛交配後

産子助成金

50,000円

産子調査確認後

二次選定助成金

50,000円

二次選定調査後

特別報奨助成金

100,000円

出品候補牛選定後

第1区(若雄) 産子調査確認後1回、出品候補牛選定後1回

第2区(若雌の1) 産子調査確認後1回、出品候補牛選定後1回

第3区(若雌の2) 産子調査確認後1回、出品候補牛選定後1回

第4区(系統雌牛群) みどりの和牛種組合による組出品のため対象外

第5区(繁殖雌牛群) 二次選定調査後1回、出品候補牛選定後1回

第6区(高等登録群) 産子調査確認後1回、出品候補牛選定後1回

第7区(総合評価群)【種牛】 指定種雄牛交配後1回、産子調査確認後1回、出品候補牛選定後1回

第7区(総合評価群)【肉牛】 指定種雄牛交配後1回、産子調査確認後1回、出品候補牛選定後1回

第8区(若雄後代検定牛群) 指定種雄牛交配後1回、産子調査確認後1回、出品候補牛選定後1回

第9区(肥育去勢牛) 指定種雄牛交配後1回、産子調査確認後1回、出品候補牛選定後1回

4 交付の対象となる繁殖雌牛は、原則として宮城県内の家畜市場から導入又は保留された肉用牛であるものとする。

(事業実施計画)

第4条 推進組合は、第11回全国和牛能力共進会宮城大会出品牛助成事業実施計画承認申請書(様式第1号)及び実施計画書(様式第2号)を作成し、市長へ提出のうえ承認を受けるものとする。

2 市長は、前項の申請書及び実施計画書を承認したときは当該計画の承認の通知を推進組合に通知するとともに、助成対象者に計画を承認した旨の通知をするものとする。

3 推進組合は、承認を受けた計画の重要な変更をしようとするときは、第1項の手続に準じて第11回全国和牛能力共進会宮城大会出品牛助成事業実施計画変更申請書(様式第3号)及び実施変更計画書を延滞なく市長に提出し承認を受けるものとする。

4 前項の重要な変更とは、次の各号のいずれかに掲げるものとする。

(1) 選定された繁殖雌牛の変更

(2) 事業の新設又は廃止

(3) その他重要な事業の変更

(事業の推進及び指導)

第5条 東松島市は、推進組合との調整を図りながら事業の円滑な推進を図るため、助成対象者に対し、当該事業の目的、内容、効果等の周知徹底を図るとともに、本事業の的確かつ円滑な実施に努めるものとする。

(報告)

第6条 助成対象者は、事業計画を承認された年度から3年間、第11回全国和牛能力共進会宮城大会出品牛助成事業実施状況報告書(様式第4号)及び実施報告書(様式第5号)を作成し、翌年度の4月20日までに提出するものとする。

(助成金申請手続等)

第7条 この訓令における、助成金の交付申請、決定等に関する事項その他助成金に係る予算の執行に関する事項については、東松島市補助金等の交付に関する規則(平成17年東松島市規則第25号)の例による。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、事業の実施につき必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成26年10月1日から施行する。

(この訓令の失効)

2 この訓令は、平成30年3月31日限り、その効力を失う。ただし、同日までに行われた第4条及び第7条に規定する申請等手続は、同日後もなおその効力を有する。

画像

画像

画像

画像

画像

東松島市第11回全国和牛能力共進会宮城大会出品牛助成事業実施要領

平成26年10月1日 訓令甲第97号

(平成26年10月1日施行)