○東松島市「心の復興」事業補助金選定委員会設置要綱

平成29年5月19日

訓令甲第52号

(設置)

第1条 応急仮設住宅、災害公営住宅等に居住する東日本大震災被災者の心身の健康の維持向上、生活の安定等に資する活動を行う法人格を有する団体に交付する東松島市「心の復興」事業補助金(以下「補助金」という。)について、申請書類を評価し、補助金を交付する団体を選定するため、東松島市「心の復興」事業補助金選定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会の所掌事務は、次に掲げるものとする。

(1) 補助金交付申請書等の評価

(2) 補助金交付団体の選定に関する助言

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(組織)

第3条 委員会の委員は、次に掲げる者をもって構成し、市長が委嘱する。

(1) 復興政策部長

(2) 移転対策部長

(3) 保健福祉部長

(4) 産業部長

(5) その他市長が必要と認める者

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱の日から当該委嘱の日の属する年度の末日までとし、再任を妨げないものとする。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に、委員長及び副委員長を置き、委員の互選により定める。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会は、委員長が必要に応じて招集し、その議長となる。

2 会議は、委員長及び委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

3 委員長は、必要があると認めるときは、委員会に関係者の出席を求め、その意見を聴き、又は説明を求めることができる。

4 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、復興政策部復興政策課において処理する。

(経費)

第8条 委員会に要する経費は、市の予算の範囲内で賄うものとする。

2 東松島市役所職員でない委員には、原則として予算に定める報償等を支給する。

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成29年6月1日から施行する。

東松島市「心の復興」事業補助金選定委員会設置要綱

平成29年5月19日 訓令甲第52号

(平成29年6月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成29年5月19日 訓令甲第52号