○東松島市空き家等対策・利活用計画策定庁内検討チーム設置要綱

平成29年12月13日

訓令甲第90号

(設置)

第1条 東松島市空き家等対策・利活用計画(以下「計画」という。)の策定にあたり、東松島市空き家等対策・利活用計画策定検討委員会において検討する事項を事前に調査及び検討等を行うため、東松島市空き家等対策・利活用計画策定庁内検討チーム(以下「検討チーム」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 検討チームの所掌事務は、次のとおりとする。

(1) 計画策定に関し、必要な事項の調査及び検討

(2) 前号に掲げるもののほか、特に必要と認められる事項

(組織)

第3条 検討チームは、次に掲げる職にある者をもって組織する。

(1) 総務部防災課消防安全班長

(2) 総務部市民協働課協働推進班長

(3) 総務部地方創生推進室次長

(4) 復興政策部復興都市計画課都市計画班長

(5) 市民生活部環境課環境班長

(6) 建設部建設課建築営繕班長

(7) 産業部商工観光課観光政策班長

(8) 産業部商工観光課商工政策班長

(9) 前各号に掲げる者のほか、委員長が必要と認める者

(委員長及び副委員長)

第4条 検討チームに委員長及び副委員長各1人を置く。

2 委員長の選出は、委員の互選により決定する。

3 副委員長は、委員の中から委員長が指名する。

4 委員長は、会務を総括し、検討チームを代表する。

5 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第5条 検討チームの会議は、委員長が招集し、委員長が議長となる。

2 委員長は、必要があると認めるときは、関係者の出席を求め、その意見若しくは説明を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第6条 検討チームの庶務は、復興政策部復興政策課において処理する。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、委員長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、公示の日から施行する。

(この訓令の失効)

2 この訓令は、計画が策定された日限り、その効力を失う。

東松島市空き家等対策・利活用計画策定庁内検討チーム設置要綱

平成29年12月13日 訓令甲第90号

(平成29年12月13日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成29年12月13日 訓令甲第90号