HOME >選挙管理委員会 > 投票の流れ

投票の流れ

ここでは,投票の流れを簡単に説明します。

いざ、投票所に入ると係員や立会人がずらっと並んでいて緊張しがちですが、実際の投票のやり方は簡単です。

複数の投票があって複雑なときは、係員がその都度ご説明しますので、お気軽においでください。
せっかくの投票が「無効」などにならないよう、落ち着いて、正確な投票を心がけましょう。

投票時間

投票日の投票は,午前7時から午後8時までできます。
ただし、選挙によっては、投票時間が変更されている場合があります。

市報ひがしまつしまなどでお知らせしていますので、必ずご確認ください。

投票所入場券

選挙の告示日に投票所入場券を郵送します。入場券がいつになっても届かないという方は、市選挙管理委員会へご連絡下さい。


入場券は,投票の際に選挙人名簿の本人照合に使いますが、これは投票が円滑におこなえるようにするためのものであり、投票用紙との引換券ではありません。
入場券が届かない場合や、入場券を紛失・持参しなかったりした場合でも、投票所の係員に申し出てください。ご本人であることを確認できれば、投票をしていただけます。
なお、「無投票」となった場合には、入場券は郵送いたしません。

どうしても、当日投票所に行けない

お仕事や旅行などにより、投票日当日都合により投票所に行くことができない方のために、期日前投票・不在者投票の制度があります。

詳しくは期期日前投票不在者投票在外投票のページをご覧ください。

投票の流れ

それでは、実際の投票の流れを見ながら、一緒に投票事務に携わる人たちの仕事についても見ていきましょう。

1.投票所入場券に記載された投票所へ向かい、受付に入場券を渡します。
『受付係』は、ご本人の入場券かどうか、名前を読んで確認します。(読み間違いがあったら申し訳ありません。ご指摘下さい)
お住まいの住所によって、投票所が指定されています。最近市内に引っ越してきたり住所が変わったという方は、ご自分が行く投票所を入場券で確認してください。
投票所入場券を持参しなかった方などは、『受付係』に申し出ください。

2.『名簿対照係』が、持参された投票所入場券と「選挙人名簿」を照合し,投票をこの投票所でする方かどうかを,確認をします。(投票日当日は指定された投票所以外での投票はできません。)
これは、二重投票などを避けるための確認です。

3.投票をこの投票所でする方かどうかを確認できたら、『投票用紙交付係』が投票用紙を交付します。

4.投票記載台にて、投票用紙に候補者名等を記入します。
記載台の前に氏名掲示がありますので、確認しながら記入してください。
投票用紙への記入は、必ず投票者が自分で書かなければなりません。
ただし、目の不自由な方や身体に故障等のある方は、「点字投票」や「代理投票」ができますので、最寄りの係員へ申し出てください。

5.投票用紙を投票箱へ投函します。
投票用紙をしっかりと投票箱の中に入れて下さい。
国政選挙などでは、政党名を記載する投票などもありますので、その場合はもう1度、『投票用紙交付係』が声をおかけいたします。
投票の流れは、以上になります。お疲れさまでした。

投票所には、ほかにも投票事務に関わる方がおります。

・投票管理者
投票所で、公正な選挙が行われ、また適正に事務執行が行われるように、投票所を管理する方です。

・投票管理者職務代理者
投票管理者が何らかの理由で席をはずす場合に、その職務を行うです。

・投票立会人
投票には少なくても2人以上の「投票立会人」が必要です。
立会人は、その投票区の「選挙人名簿」に登録された方がなります。投票立会人は、投票管理者と一緒に、公正な選挙が
行われ、また適正に事務執行が行われているかを見守る方です。

無効票にならないためには


投票用紙には、候補者の名前を正しくはっきりと書きましょう。

無効票になる代表的な例は次のとおりです。

※誰の名前を書いたのかわからないもの
※候補者名を書く用紙に政党名を記載したもの、政党名を書く用紙に候補者名を記載したもの
※候補者の氏名のほか他事(候補者や政党以外の、選挙とは関係ないこと)を記載したもの
※白紙(何も書かない)で投票したもの
※名前だけ又は苗字だけ記載したものについては、有効投票として扱われますが同じ苗字または名前の候補者が複数いる場合は得票数によって按分されます。

点字投票と代理投票


目の不自由な人や病気やけがなどで字が書けない人のために、次のような投票方法があります。


1.点字投票
目の不自由な人は、投票所の係員に「点字で投票したい」ことを申し出れば、点字で投票することができます。
「点字投票用の投票用紙」が交付されますので、それに点字で記入してください。


2.代理投票
病気やけがなどで字が書けない人は「代理投票」ができます。

「代理投票をしたい」ことを投票所の係員に申し出し、投票管理者がこれを認めると2人の補助者が指定され、そのうちの1人が本人の指示する候補者の名前を書き、あとの1人が立ち会って投票が行われます。なお、誰に投票をしたのかや誰が代理投票をしたのかという秘密は厳守されることになっています。

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー