HOME >選挙管理委員会 > 組織構成と委員会の運営

選挙管理委員会の組織構成と主な事務

東松島市選挙管理委員会は、公職選挙法に基づき公正な選挙を行うため、市長から独立した機関として置かれるもので、議会において選挙された4人の委員により構成され任期は4年です。
また議会は、委員の選挙の際、同時に委員と同数(4人)の補充員を選挙しなければなりません。

そして、この選挙管理委員会の職務を補助執行するために、事務局が置かれています。

1 組織

選挙管理委員会(委員4名) ― 選挙管理委員会事務局(専任職員1名、併任職員5名)

2 選挙管理委員会

委員会は、4名の委員で組織する合議制の執行機関で、事務局を指揮監督し、委員会に関する事務を執行します。
委員会の開催については、年4回開かれる定時会のほか、選挙執行時など必要に応じて臨時会が開かれます。

3 事務局

書記長(総務課長兼務)以下5名の職員が置かれ、委員長の命を受け、委員会に関する事務を処理します。

4 事務

(1)公職選挙法に定める各種選挙の執行管理に関すること

ア)選挙の種類・任期及び定数

各選挙の種類・任期及び定数の内容については、 宮城県選挙管理委員会HP『選挙の種類』へリンクジャンプします。

なお、東松島市に関連する各選挙の種類・選挙区・任期及び定数は以下のとおりです。

選挙の種類 任期 定数 宮城県の定数 東松島市の定数 東松島市関連
衆議院議員 比例代表選出議員 4年(任期途中、解散あり) 180人 東北ブロックは14人(全国11ブロック)
小選挙区選出議員 300人 6人 各選挙区毎1人。東松島市は宮城県5区
参議院議員 比例代表選出議員 6年 96人 3年ごと半数改選
小選挙区選出議員 146人 4人
宮城県知事 4年 1人
宮城県議会議員 4年 40~120人 59人 1人 東松島選挙区で1人
東松島市長 4年 1人 1人
東松島市議会議員 4年 26人
(ただし、人口五万未満の市及び人口二万以上の町村の場合)
18人  


イ)選挙権と被選挙権

選挙権と被選挙権の内容については、 宮城県選挙管理委員会HP『選挙権と被選挙権』 へリンクジャンプします。

(2)直接請求の署名簿の審査に関すること

(3)選挙人名簿の調製に関すること

ア)永久選挙人名簿の調製をする時期

定時登録 年4回(3月・6月・9月・12月)
選挙時登録 各種国政・県政・市政選挙時


イ)永久選挙人名簿以外に係る選挙人名簿の調製


(4)在外選挙人名簿の調製に関すること

(5)有権者に対する常時啓発に関すること

(6)裁判員法に基づく裁判員候補者予定者及び検察審査会法に基づく検察審査員候補者予定者の選定に関すること

(7)その他庶務

 

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー