読み上げる
(音声読み上げについて)

HOME >情報

「東まつしまサポートファンド」の募集を開始します

2017/06/15

東松島市において地域の支え合いを進めるためのファンドを28年度に創設しました。2年目となる29年度は、新規に自治会向けの助成を加えた3つのテーマで公募しますので、ぜひ応募ください。

(A)組織助成:立ち上げ・ステップアップ 上限30万円
(B)事業助成:交流や連携の場づくり 上限10万円
(C)自治会助成:調査や実践への取り組み 上限30万円(新規)

■助成対象期間 9月1日(金)~平成30年1月31日(水)

■応募期間 7月1日(土)~31日(月)※当日必着。

応募にあたっての事前説明会を開催します。

■日時 6月20日(火) 1.14時~ 2.19時~

■場所 蔵しっくパーク

■問 東まつしまサポートファンド事務局 公益法人地域創造基金さなぶり 電話022-748-7283(平日9時30分~18時30分)

放送大学平成29年度第2学期生募集

2017/06/15

放送大学とは・・・

  • テレビ・ラジオ放送やインターネットを利用して、自宅に居ながら大学教育を学ぶことができる開かれた大学です。
  • 10代から90代の幅広い世代、約9万人の学生が、大学を卒業したい、学びを楽しみたいなど様々な目的で学んでいます。
  • 心理学・福祉・経済・歴史・文学・情報・自然科学など、約300の幅広い授業科目があり、1科目から学ぶことができます。

※資料を無料で差し上げています。下記まで請求下さい。

■出願期間 第1回 8月31日(木)まで、第2回 9月20日(水)まで

■問 放送大学宮城センター 電話022-224-0651

国民ねんきんだより~年金をあきらめていた皆さんへ~

2017/06/15

年金を受け取るために必要な期間(保険料納付済等期間)を、25年から10年に短縮します。これにより、年金を受け取れる方を増やし、これまで納めていただいた年金保険料をなるべく年金のお支払いにつなげることができます。

年金受給資格期間

 

■対象 65歳以上の方で、年金を受け取るために必要な期間が10年以上の方
※対象の方には平成29年2月末~7月までの間に日本年金機構から「年金請求書」を順次お送りする予定です。

■手続き 日本年金機構から「年金請求書」が届きましたら、必要事項を記入のうえ、必要書類と併せてお近くの年金事務所や年金相談センターまでお持ちください。

■受給開始時期 平成29年9月分を10月にご指定の口座へ年金を振り込みます。(以降、2カ月分の年金を偶数月にお支払いします。)

■年金額 年金保険料を納めた期間に応じて支給される年金額が決まります。保険料を納めた期間が長ければそれだけ年金額が多くなります。また、国民年金の後納制度や任意加入により、年金額を増やすことができる場合がありますので、年金事務所へご相談ください。

■問 日本年金機構石巻年金事務所 電話0225-22-5115(自動音声案内)

エンジョイ!かんきょうライフごみ減量化推進事業家庭ごみ分別・減量化説明会及び施設見学の募集

2017/06/15

市では、資源ごみの分別と可燃ごみの減量をより理解していただくため、「家庭ごみ分別・減量化説明会」および「施設見学」を実施しています。参加を希望する団体・サークルは、下記まで問い合わせください。

〇家庭ごみ分別・減量化説明会(担当者が出向いて説明します)

■日時 年末年始を除く毎日 7時~20時 説明時間 20分~90分(要望に応じます)

■場所 団体・サークルで希望する場所

■内容 資源ごみの分別と可燃ごみの減量に関する事項など

■参加人員 おおむね10人以上

〇ごみ処理施設の見学

■日時 月曜日から金曜日(祝日は除く) 10時~15時 ※説明時間は要望に応じます

■場所 矢本リサイクルセンター 東松島市・鳴瀬一般廃棄物最終処分場

■内容 各施設の概要ほか

■問 環境課環境班 内線1153

 

6月は「土砂災害防止月間」です

2017/06/15

一瞬のうちに家や田畑、人の命まで奪ってしまう土砂災害。こうした災害の多くは、長雨や大雨などがきっかけとなって起こります。土砂災害は予測が難しい災害ですので、普段からの準備と心構えが大切です。各家庭や行政区、自治会、自主防災組織などにおいても、身を守るための備えをお願いします。

〇日ごろから・・・

お住まいの場所が土砂災害警戒区域等指定箇所かどうか、あらかじめ確認しておきましょう(当該箇所については宮城県土木部防災砂防課のホームページなどで確認できます。ただし、指定されていないから安全ということではありません)。また、土砂災害が発生したときや、発生する恐れがあるときの対応(情報伝達、安否確認の方法や避難所へのルートなど)についても、しっかり確認しておきましょう。

〇雨が降り始めたら・・・

テレビ、ラジオ、インターネットなどで雨量などの気象情報や土砂災害警戒情報を確認しましよう。特にまとまった雨などが予想されているときなどは、警戒が必要です。
市では、災害の発生が予想されるときや、住民に避難を呼びかけるために『避難勧告』や『避難指示』を発令します。発令されたときは、直ちに避難を開始してください。
また、身の危険を感じたときや夜間に大雨が予想されるときなどは、市から『避難勧告』や『避難指示』が発令されていなくても、自身の判断で安全な場所へ早めの自主避難を行ってください。
土砂災害に対する意識を高め、身の安全を守りましょう。

■問 建設課建築営繕班(鳴瀬庁舎2階) 内線2203・2205

子宮がん検診・脳ドックが始まります

2017/06/01

〇子宮がん検診

■検診実施期間 6月1日(木)~平成30年1月31日(水)

■対象 19歳以上の女性

■受診者負担金 19歳~69歳 3,000円 70歳以上 1,000円

■受診医療機関 市内外指定医療機関(個別検診)
※申込みをした方には、5月下旬に受診票を郵送していますので、受診票の裏面に記載している日程と指定医療機関を確認のうえ受診してください。

〇脳ドック

■検診実施期間 6月1日(木)~11月30日(木)

■対象 48歳・53歳の方

■受診者負担金 11,000円

■受診医療機関 仙石病院または真壁病院
※申込みをした方には、5月下旬に受診通知書を郵送しています。仙石病院にて受診希望の方は下記へ、真壁病院にて受診希望の方は直接病院へ予約のうえ受診してください。

※申し込みをされていない方で、受診希望の方は下記までご連絡ください。
※年齢は、平成30年4月1日までに到達する年齢を基準とします。

■問 健康推進課健康推進班 内線3108・3109

認知症サポーター啓発マスコット「ロバ隊長」を作りたい方募集します

2017/06/01

フェルトで作る「ロバ隊長」のマスコット、親ロバ10体・子ロバ5体が作れるキットを無料でお渡しいたします。

■対象者 東松島市民どなたでも

■作成期限 平成30年2月末まで

■問 地域包括支援センター 電話0225-83-1966

平成29年度 障害者検診事業

2017/06/01

身体に障害がある方の身体機能やADL(日常生活動作)能力の低下などを早期発見し、二次障害の予防、生活機能の維持・向上を図ることを目的に実施します。

■期間 5月~12月の第2水曜・第4金曜 9時~12時、13時~16時(全16回)

■場所 宮城県リハビリテーション支援センター(名取市美田園2-1-4まなウェルみやぎ内1階)

■対象

  1. 身体障害者手帳(肢体不自由)を所持している18歳以上の方
  2. 同センターおよび他病院・施設などで継続してリハビリを受けていない方
  3. その他、同センター医師が必要と判断した方

■参加費 無料

■定員 第2水曜日:4人まで 第4金曜日:6人まで

■申し込み 予約制・先着順 ※詳しい内容は問い合わせください。

■問 宮城県リハビリテーション支援センタークリニック班 電話022-784-3592 FAX:022-784-3593

国民ねんきんだより

2017/06/01

平成29年4月分(6月受け取り分)からの年金額について

平成29年4月分(6月15日支払分※1)から年金額は、法律の規定により、平成28年度から0.1%の引き下げとなります。
また、平成29年度の在職老齢年金に関して、法律に基づき以下のとおりとなります。

平成28年度 平成29年度
60歳代前半(60歳~64歳)の支給停止調整開始額 28万円 28万円
60歳代前半(60歳~64歳)の支給停止調整変更額 47万円 46万円
60歳代後半(65歳~69歳)と70歳以降の支給停止調整額 47万円 46万円

※ 平成29年5月分以降の年金が全額支給停止となる方などについては、5月15日にお支払いしています。

■問 日本年金機構石巻年金事務所 電話0225-22-5115(自動音声案内)

毎月11日は市民防災デー(6月は避難所・避難場所の確認)

2017/06/01

6月のテーマは、「避難所・避難場所の確認」です。避難所には、地区センターなどの身近な集会施設で災害発生時に自主防災組織が基本的に運営する地区避難所、大規模な避難者収容施設で非常食等が配備されている小中学校、高校、市民センター等の地域避難所があります。また、安全な状況が確認できるまで一時的に避難する施設である避難場所があります。災害時に避難が必要になった際のことを考え、地域や家族でもう一度避難場所を確認し、話し合いましょう。また、避難経路についても、塀際や狭い路地は避け、広く安全な経路を実際に歩いて確認し、地域全体で防災意識を高めましょう。

■避難所・避難場所の確認チェックリスト(□にレ点を入れてみましょう。)

□避難所・避難場所の確認・・・自宅の最寄りの地区避難所や地域避難所に加え、職場など生活圏の避難所も確認しましょう。また、遠方に出かけた際も避難所を確認しましよう。

□避難経路の確認・・・災害が発生した際、迅速な避難を行うため、避難経路の確認が大切です。また、竿がい発生した際、想定していた避難経路が使用できない場合もあります。複数の避難経路を確認し、その際にブロック塀などの危険物に注意し、周囲に目を配り、行動しましよう。

■問 東松島市自主防災組織連絡協議会(事務局:防災火危機対策班) 内線1164

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー