読み上げる
(音声読み上げについて)

HOME >トピックス

特別名勝松島地域景観形成助成事業のお知らせ~野蒜・宮戸地区における特別名勝松島地域に居住用住宅や事業用施設を新築・増設をされるみなさんへ~

2014/04/01

1.事業内容
東日本大震災により被災した個人および事業主が平成23年3月12日以降、特別名勝松島地域内に景観に配慮した建築物を新築または増築した場合に助成する事業です。

■対象要件
〇震災により被災した個人またはその同居親族が、居住用住宅を新築または増築した場合
〇震災により被災した事業主が、事業用施設を新築または増築した場合
※震災によるり災証明書で、被災されている方であることを確認します(事業主の方は、事業のり災証明書が必要)。
※新築または増築した建物は、文化財保護法の規定による現状変更許可を受けた建築物であることを確認します。
※市外からの転入者でも、震災によるり災証明書により被災されていることが確認できる方は、助成の対象となります。
※被災した個人の同居親族とは、民法第725条に規定する親族となります。

■対象事業
項目:新築または増築 
補助対象:居住用住宅
助成額:建築面積×15,000円/m2×1/3
上限額:50万円

項目:新築または増築 
補助対象:事業用建築物
助成額:建築面積×15,000円/m2×1/3
上限額:100万円

〇すでに建築が完了している方→「2.申請手続き(建築完了)」をご覧ください。
〇現在、建築中の方→「3.申請手続き(建築中)」をご覧ください。
〇これから建築する予定の方→「4.申請手続き(建築予定)」をご覧ください。

2.申請手続き(建築完了)

■申請概要
すでに建築が完了している方は、文化財保護法第125条の規定による現状変更申請により、許可を受け終了報告書の提出を行っていることが必要です。
※原稿変更新をおこなっていない場合や、許可申請は行ったが、終了報告書が提出されていない場合は助成の対象となりません。

■申請方法
申請は混雑を避けるため、完全予約制で受付を行います。事前に電話にて予約してください。
〇電話予約開始日 4月1日(火)~
〇申請受付開始日 4月14日(月)~
〇受付場所 本庁舎2階204会議室

■申請に必要なもの
〇補助金交付申請書(様式第1号)※窓口に用意しています。
〇り災証明書
〇文化財保護法第125条規定による現状変更許可書の写し
〇建築基準法第6条第1項の規定による確認申請書の写し
〇建築基準法第6条第4項の規定による確認済証の写し
〇完成した建築物の写真(全景2面以上)
〇申請者名義の預金通帳の写し
〇手続きする方の身分証明書(例:運転免許証など)
〇印鑑(スタンプ印不可)
〇被災した個人の親族が申請する場合は、被災者との親族関係がわかる戸籍謄本または戸籍抄本
〇代理の方が申請する場合は委任状
※建築基準法第6条第1項の規定による確認申請書には、建築面積確認のため、図面なども一緒に持参ください。
※建築物の写真は、2面以上(建物全景、角度の違う方向から撮影したもの)をLサイズの大きさにし、カラーで提出してください。現状変更申請終了報告書と同じもので構いません。パソコンで印刷する場合は、A4用紙に数枚並べて印刷したもので構いません。

3.申請手続き(建築中)
現在建築中の方は、文化財保護法の規定による「終了報告書」の提出後に助成申請手続きとなりますので、終了報告書の受付を行う際に、詳しく説明します。

4.申請手続き(建築予定)
今後、建築を予定されている方は、はじめに文化財保護法の規定による現状変更申請手続きが必要となります。詳しい内容は問い合わせください。助成申請は、建築終了後の手続きとなります。

◎詳しい内容はこちらのお知らせ(PDF)でも確認ください。

■問・申請予約申し込み 生涯学習課文化財班 内線3321~3323

お問合わせ

メニュー

  • 妊娠・出産
  • 育児・保育
  • 学校・教育
  • 仕事
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • 高齢者
  • 葬儀

メニュー

  • 健康・保健
  • 国民健康保険
  • 生活
  • 災害
  • 国民年金
  • ごみ
  • 税金
  • 住民・戸籍
  • 住まい
  • 環境

メニュー