平成27年国勢調査人口等基本集計の公表
(平成28年10月26日更新)

27年度国勢調査結果確報値

【総務省統計局】http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/index.htm

平成27年国勢調査の速報値公表

27年度国勢調査速報値

国勢調査とは

 国勢調査は、国の最も基本的な統計調査として大正9年(1920年)以来5年ごとに実施されており、平成27年国勢調査は20回目になります。
 人口などを中心に調べるこの調査は、少子高齢化にある日本の未来を描くために、なくてはならないデータを得るものです。

 また前回国勢調査(平成22年10月)実施後の平成23年3月に東日本大震災が発生し、大規模な人口移動が起きていることから、当該震災の影響を人口の観点から把握するうえでも、今回の国勢調査は大変重要な調査なります。

 国勢調査へのご理解、ご協力をお願いします。

『国勢調査2015年キャンペーンサイト』の公開

 リンクはこちら

「国勢調査2015キャンペーンサイト」
http://kokusei2015.stat.go.jp


「国勢調査2015フェイスブック」
http://www.facebook.com/kokusei2015

調査の流れ


 国勢調査は、以下の流れで実施されます。

 総務省 - 都道府県 - 市町村 - 国勢調査指導員 - 国勢調査員 - 世帯

 調査は、国勢調査員が各世帯を訪問し、調査票を配布する方法で行われます。

 調査員による実地調査の事務は、次の日程で行います。
■インターネット回答用IDの配布  9月10日(木)~12日(土)

■インターネット回答のなかった世帯への調査票配付 
9月26日(土)~30日(水)

■調査票の回収 10月1日(木)~7日(水)

調査員について

 総務大臣から任命された調査員が、9月上旬に各家庭をまわり、インターネット回答用IDを配布します。その後、インターネット回答のなかった世帯にのみ調査票などを配布します。10月上旬に再度、調査員が回収にうかがいますので、調査員へ手渡すか郵送提出をしてください。               
 提出後は国勢調査指導員や市の職員らにより審査が行われます。 
 調査員は、調査員証と腕章をつけていますので、ご確認ください。

平成27年国勢調査における新たな取り組み

○オンライン先行方式の導入

 昨今のプライバシー意識の高まりに配慮する取り組みとして、インターネット回答(パソコン・スマートフォン・タブレット端末)ができるようになりました。具体的には、紙の調査票を配布する前に全世帯へ調査員が訪問をし、インターネット回答用IDを配布します。

平成27年国勢調査東松島市実施本部の設置について

 「平成27年10月1日を基準日として実施される国勢調査において、全庁的体制により適正かつ効率的に調査事務を行うため「平成27年国勢調査東松島市実施本部」を5月1日に設置しました。

 事務局は復興政策部復興政策課地域振興班が担当となります。