HPVワクチンは、平成25(2013)年6月から、積極的な勧奨を一時的に差し控えていましたが、令和3(2021)年11月に、専門家の評価により「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、原則、令和4年4月から、他の定期接種と同様に、個別の勧奨を行うこととなりました。

 ※平成9年度生まれ~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性の中に、通常のヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの定期接種の対象年齢(小学校6年から高校1年相当)の間に接種を逃した方がいらっしゃいます。まだ接種を受けていない方に、あらためて、HPVワクチンの接種の機会をご提供しており、令和7年3月末まで公費接種が可能となります。対象の方には令和4年5月下旬に通知を発送しております。接種を希望される方で転入等により手元に予診票が無い場合は健康推進課までご連絡ください。

関連リンク
対象者

 接種日時点で東松島市に住民登録のある、小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子

令和4年度 対象者年齢一覧表
学年・年齢 生年月日
小学校6年生(12歳)相当 平成22年4月2日~平成23年4月1日
中学校1年生(13歳)相当 平成21年4月2日~平成22年4月1日
中学校2年生(14歳)相当 平成20年4月2日~平成21年4月1日
中学校3年生(15歳)相当 平成19年4月2日~平成20年4月1日
高校1年生(16歳)相当 平成18年4月2日~平成19年4月1日

 

※キャッチアップ接種について

・平成9年度~平成17年度(平成9年4月2日~平成18年4月1日)生まれの女性で過去にHPVワクチンを合計3回接種していない方は令和7年3月末まで接種できます。

・平成18・19年度(平成18年4月2日~平成20年4月1日)生まれの方は、通常の接種対象の年齢(高校1年相当)を超えても、令和7年3月末まで接種できます。

  •  
接種期間

  定期接種:高校1年生相当の年度の3月31日まで

  キャッチアップ対象者:令和7年3月31日まで

接種回数と標準的な接種スケジュール

 ◆ 接種回数

 3回接種(標準接種期間は中学校1年生)

 ※ 通常、全3回の接種完了までには約6か月の期間がかかります。

 ◆ 接種スケジュール

 HPVワクチンは2種類あります。どちらも子宮頸がんに大きく関与している16型・18型を含むワクチンですが、ワクチンの種類によって接種間隔が異なりますのでご注意ください。

 なお、必ず同じ種類のワクチンを3回接種してください。(ワクチンを途中で変更した場合の有効性や安全性は確認されていません。)

 

ワクチンの種類 回数 標準的な接種間隔

2価ワクチン

(ワクチン名:サーバリックス)

3回

2回目:1回目の接種から1か月以上の間隔をおいて接種

3回目:1回目の接種から6か月以上の間隔をおいて接種

※ 2回目と3回目の接種は必ず2か月半以上の間隔をおくこと

4価ワクチン

(ワクチン名:ガーダシル)

3回

2回目:1回目の接種から2か月以上の間隔をおいて接種

3回目:1回目の接種から6か月以上の間隔をおいて接種

※ 2回目と3回目の接種は必ず3か月以上の間隔をおくこと

 

接種料金

 定期接種対象期間内であれば無料で接種できます。

 ※ 期間を過ぎると全額自己負担となります(1回約17,000円程度)

接種を受ける方法と実施機関

 ◆ 接種に必要なもの

  ・ 母子健康手帳

  ・ 東松島市のHPV(子宮頸がん予防)ワクチン予診票(16歳未満の場合は保護者が記入してください。)

 ◆ 接種を受ける方法 

 1.市から発行の予診票・案内をご確認いただき、東松島市定期予防接種委託医療機関に予約をしてください。

  (令和4年度 東松島市子宮頸がんワクチン予防接種委託医療機関一覧.pdf [ 90 KB pdfファイル]をご参照ください。)

 2.予約した日に医療機関を受診し、医師の診察・説明を受け、予防接種をうけてください。

注意事項

 (1)子宮頸がん予防ワクチンの接種により期待される効果や、予想される副反応等について、接種をうける本人もよく理解して受けてください。

 (2)13歳以上の場合、保護者の署名記入によりお子様だけでの接種も可能ですが、急な体調変化を来たす恐れもあるため、保護者の同伴をおすすめします。