私たちが生涯にわたって健康を確保することは、豊かな人生の基本です。東松島市では、市民一人ひとりが自分の食事を考え、判断する能力を身につけて健康を実現していくことを目的に食育を推進しています。

 どうしたら健康的に生きていけるのか、どうしたら病気にならずに過ごせるのかを食生活の視点から一緒に考え、実践していきましょう。

食育のススメ

  1. 食に関する計画
  2. 食インフォメーション
  3. 食ボランティアの紹介
  4. 食に関する教室について

2.食インフォメーション

 東松島市の食材を使ったレシピや、市内の食にかかわる団体のおすすめレシピをご紹介しております。下記ホームページをぜひご覧ください!
http://cookpad.com/kitchen/14611201(※外部リンクにジャンプします)

 さらに、月に1回メールで食にかかわる情報もお届けします。メールマガジンの登録フォームからぜひご登録ください。
メールマガジンのご案内

ご登録は下記のQRコードから(読み取れない場合はこちらのQRコード.pdf [ 59 KB pdfファイル]から)
  

「健康な食生活と東松島市の食材」ポスターコンクールを行いました!

 市内の小中学生を対象に「健康な食生活と東松島市の食材」ポスターコンクールを行いました。たくさんのご応募ありがとうございました。素敵な作品がたくさん集まりました。
平成27年度東松島市ポスターコンクール入賞作品[ 1128 KB pdfファイル]

平成28年度東松島市ポスターコンクール入賞作品 [ 637 KB pdfファイル]

平成29年度東松島市ポスターコンクール入賞作品[ 380 KB pdfファイル]

平成30年度東松島市ポスターコンクール入賞作品[ 581 KB pdfファイル]

1日の塩分の目標量が変わりました

 皆さん、塩分をたくさん取ると血圧が高くなるというのはご存知ですよね。

 東松島市でも男性で60.8%、女性で57.6%の方は、血圧が高く、生活改善が必要な結果でした。(平成27年市の特定健診結果より)

 では1日どれぐらいの塩分を目標にしたらよいかご存知でしょうか。

 1日の塩分の目標量は、男性8g未満・女性7g未満です。(日本人の食事摂取基準2015年度版)
 高血圧の予防や治療には男女6g未満(高血圧治療ガイド2014)

 普段の食事はいかがでしょうか。高血圧は、自覚症状もなく痛みも伴いません。しかし、脳卒中や動脈硬化などの別の疾病に繋がっていきます。日常の食事から薄味や減塩を心がけて元気に過ごしましょう。

3.食ボランティアの紹介

 東松島市食生活改善推進員会をご存知ですか?「私たちの健康は私たちの手で」を合言葉 に、食生活から地域の健康づくりを支えることを目的としたボランティア活動を行っています。おやこ料理教室や男性の料理教室など地域の皆さんの健康づくりのお手伝いもしております。ご興味のある方はぜひ健康推進課の栄養士までご連絡ください。

4.食に関する教室について

 健康推進課では、地域で食をテーマとした教室等の開催の際に、管理栄養士・栄養士の派遣を行っています。「食べてあなたも健康の達人」「目でわかる大人の食事量」「食卓から健康づくり」「1日に何をどれだけ食べたらいいの?」「食中毒予防」「災害時の食事」等要望にあわせて対応いたします。詳細な教室メニューはこちらのPDFから。

 また、東松島市内に留まらず石巻地域で食に関する団体のお助け情報ができました!話を聞くだけではなく、体験を通して食について楽しく学んでみませんか?協力団体はこちらからご覧ください。
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/et-hc/syokuiku.html(外部リンクにジャンプします)