特別名勝「松島」現状変更申請について

特別名勝松島の保護地区内で現状変更を行う場合は、現状変更申請が必要であり、なおかつ、事前協議が必須となりますので、計画がある場合は早めにご相談ください。

現状変更申請に関する決裁については、東松島市教育委員会、東松島市特別名勝松島保存管理専門委員会(以下、「専門委員会」という。)委員長、専門委員会、文化庁と内容により異なります。

 

各案件の例

○東松島市教育委員会案件

 電柱設置、フェンス設置や土留め程度の外構工事など

○専門委員会委員長案件(毎月1回開催)

 住宅新築、カーポート新築、物置等軽微な建築物新築など

○専門委員会案件(2カ月に1回開催[偶数月])

 大規模な案件(体育館新築、大規模な公園整備など)

○文化庁案件(随時受付けますが、委員会での協議が必要となる場合があります)

 第1種保護地区(1A)、第2種保護地区(2A)、特別保護地区、海面保護地区内の現状変更全て

 ※許可・不許可については、文化庁が判断するため事前協議の段階で早め(最短でも1か月以上、概ね2~3か月前)に協議願います。

 

特別名勝松島の保護地区区分については、下記PDFをご参照ください。

 

特別名勝松島現状変更手続きについて [ 64 KB pdfファイル]

特別名勝松島保護地区区分図PDF版[ 604 KB pdfファイル]

特別名勝松島保存管理計画(宮城県HPにてご確認ください)

特別名勝松島現状変更申請に関する提出書類について [ 37 KB docファイル]

特別名勝松島現状変更申請書 様式 [ 21 KB docxファイル]

特別名勝松島現状変更申請書 記載例[ 115 KB pdfファイル]

 

特別名勝松島の地区内において住宅を新築される方(まちづくりルールガイドライン

低層住宅地区.pdf [ 1377 KB pdfファイル]

特定街区地区.pdf [ 1299 KB pdfファイル]

 

専門委員会及び専門委員会委員長決裁の開催日程

3月開催の専門委員会委員長決裁は、月19日(金)に実施します。

資料の提出期限は3月12日(金)までとなりますので計画がある場合は、期限厳守でご提出願います。

4月開催の専門委員会及び専門委員会委員長決済は4月13日(火)に実施します。

資料の提出期限は4月6日(火)までとなりますので案件がある場合は、期限厳守でご提出願います。

 

期限を過ぎて提出された案件については、次回以降の委員長決裁、もしくは専門委員会案件となる場合がありますのでご注意ください。

期限を過ぎてからの追加資料等は申請者が事務局で指定する部数を印刷して前日までに提出、または当日持参していただくこととなります。

※資料を提出していただく際には、上記資料提出期限よりも余裕をもって事前に当係にご協議願います。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により専門委員会及び専門委員会委員長決済の開催を注意する場合がございますので、その際はご理解いただきますようお願いいたします。

 

特別名勝松島地域景観形成助成事業について

※令和3年3月まで終了となる事業です。

1 事業内容

東日本大震災により被災した個人及び事業主が平成23年3月12日以降、特別名勝松島地域内(宮戸・野蒜・東名・新東名・大塚地区)に、景観に配慮した建築物を新築または増築した場合に助成する事業です。

 

2 対象

文化財保護法の規定による現状変更許可を受けた建築物に限ります。(上記、『特別名勝「松島」現状変更手続きについて』を参照。)

市外からの転入者でも、り災証明書があれば助成対象となります。

被災した個人の同居親族も申請できますが、詳しくは問合せください。

 

3 申請方法

文化財保護法の規定による現状変更申請により、許可を受け、終了報告書の提出を行っていることが必要となります。

現状変更申請を行っていない、許可はされたが終了報告書が提出されていない住宅及び建築物は助成対象となりません。

 

※補助金交付申請書(様式第1号)は、窓口にご用意しておりますので、窓口で記入していただきます。

※この事業は、令和2年度終了の事業となります。手続きが済んでいない方は早めの申請をお願いします。

詳細については、下記データをご参照ください。

特別名勝松島地域景観形成助成事業について

委任状

特別名勝「松島」現状変更申請及び特別名勝松島地域景観形成助成事業補助金の流れについて下記データをご参照ください。

現状変更及び助成事業手続きの流れ

 

※申請の窓口は、奥松島縄文村交流館となりますので、お間違いにならないようご注意ください。


奥松島縄文村歴史資料館 電話0225-88-2292