令和3年度より東松島市西部地区の地域包括支援センターの運営を行う事業者を簡易公募型プロポーザル方式により優先交渉権者を選定します。
 地域包括支援センターは、地域の高齢者の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な相談や支援をする地域包括ケアシステムの中核機関です。 現在、市が委託し、市内2地区で行っているセンターの機能強化を図る観点から、令和3年度より市内3地区にセンターを設置します。

新着情報
業務名

 (債)令和2年度東松島市西部地域包括支援センター運営業務

業務内容
  • 第1号介護予防支援事業
  • 包括的支援事業
  • 多職種協働による地域包括支援ネットワークの構築
  • 地域ケア会議に関する業務
  • 指定介護予防支援業務
  • 任意事業
  • その他
履行期間

 令和3年4月1日から令和6年3月31日まで

担当地域

 東松島市西部地区(旧鳴瀬エリア)
 (小野、野蒜、宮戸)

提案の上限額

 51,500,000円(R3:18,500千円、R4、R5:16,500千円)

その他

 本業務の内容、参加資格要件等は下記資料を参照願います。

 ●プロポーザル実施要領等

 ●参加申込書等

 ●企画提案書等

 ●その他

スケジュール
  • 令和2年10月22日 公告
  • 令和2年10月28日 入札参加資格審査受付期限(財政課管理契約係)※1
  • 令和2年11月6日 参加申込締切
  • 令和2年11月10日 参加資格確認結果通知、企画提案書提出通知
  • 令和2年11月26日 業務提案書提出期限
  • 令和2年12月2日 プレゼンテーション
  • 令和2年12月8日 選定結果通知

※1:本プロポーザルに参加するためには、入札参加資格審査を受け、東松島市入札参加資格者名簿に登録されていることが必要です。現時点で資格者でないものについては、この期日までに市財政課管財契約係まで提出いただく必要がありますので、ご留意願います。
➡詳しくは、こちらを参照願います。