宮城オルレ「奥松島コース」がオープンしました!

来場者数 累計5200人!

(2018年10月8日のオープンから2019年2月末現在) 

たくさんのご来場まことにありがとうございます。

宮城オルレ「奥松島コース」の新浜岬(しんはまみさき)からの眺め

 

宮城オルレ「奥松島コース」の大高森(おおたかもり)山頂からの眺め

 

大高森は海に囲まれた山の中から選ばれる「しま山百選」の一つに選ばれています。

 

宮城オルレ「奥松島コース」の稲ヶ崎(いながさき)公園からの眺め

 

宮城オルレ「奥松島コース」の稲ヶ崎(いながさき)公園へ続く道

 

宮城オルレ「奥松島コース」のさとはま縄文の里史跡公園

 

ハイキング初心者、登山初心者でも歩けるコースです。

大高森周辺に一部急な勾配・階段がありますが、ショートカットすることも可能です。

コースの途中に「公衆トイレ」を数か所設置しています。

宮城オルレPR動画(奥松島コースと気仙沼・唐桑コースの両方が登場します。)

 

宮城オルレ奥松島コースQ&A(よくある質問)

宮城オルレ奥松島コースに関するイベント情報はこちら!

【道案内】コースの途中で迷った方はこちらのページをご覧ください。

オルレとは

韓国発祥のトレッキングコンテンツである「宮城オルレ奥松島コース」が10月8日オープンしました。「オルレ」とは韓国・済州島発祥のトレッキングコースの名称であり、済州島の言葉で「通りから家に通じる狭い路地」という意味です。

オルレの魅力は海岸線や山なみなどの自然、民家の路地などを身近に感じ、自分なりにゆっくりと楽しみながら歩くところにあります。

宮城オルレ「奥松島コース」の特徴

宮城オルレ「奥松島コース」の特徴は、「セルコホームあおみな」を起終点とした全長約10㎞、所要時間約4時間の初級~中級向けコースとなっており、コースのテーマは「縄文の古から続く、松島の原風景を肌で感じる風わたる青の国へ」です。

宮城オルレ「奥松島コース」がある”宮戸島”

 

”宮戸島”上空から松島湾を望む

 

コースの序盤は大高森薬師堂奥松島縄文村歴史資料館里浜縄文の里史跡公園を巡ります。

大高森薬師堂

 

奥松島縄文村歴史資料館 開館時間:9時から16時30分

建物の中にトイレがあります。

 

里浜縄文の里史跡公園(菜の花畑)

公園の中に公衆トイレがあります。

 

コース中盤は波津々浦(はつつうら)や月浜地区にある稲ヶ崎(いながさき)公園新浜岬(しんはまみさき)といった景勝地や大浜海岸など海に面したところを歩きます。

波津々浦(はつつうら)

 

稲ヶ崎(いながさき)公園

稲ヶ崎公園への登り口に公衆トイレがあります。

 

稲ヶ崎公園は椿の名所として知られています。

 

新浜岬(しんはまみさき)

 

新浜岬(しんはまみさき)

 

大浜海岸

大浜海岸の隣に公衆トイレがあります。

 

大浜海岸へと向かう道

 

コースの終盤は観音寺裏の山道を通り、大高森裏山道を登った後には、松島四大観の一つで「壮観」と呼ばれる大高森頂上から見る松島湾や太平洋、牡鹿半島の360度のパノラマが広がります。晴れて空気が澄んでいるときは蔵王山・栗駒山まで見ることができます。

観音寺

 

歴史を紡ぐ林道

 

歴史を紡ぐ林道

 

大高森山頂から松島湾を望む
モンサンミシェル湾やサンフランシスコ湾など、世界の名だたる湾が加盟する「世界で最も美しい湾クラブ」。松島湾は2013年に日本初の加盟を果たしました。

大高森山頂には展望台からは松島湾の絶景を360度の大パノラマで眺めることができます。

 

大高森山頂には東屋があります。

 

宮城オルレ「奥松島コース」はコースの途中に「公衆トイレ」数ヶ所をご用意しております。

 

季節ごとの宮城オルレ「奥松島コース」の名所・見どころ

宮城オルレ奥松島コースは一年を通して楽しむことができます。春夏秋冬の見どころをご紹介致します。

さとはま縄文の里史跡公園の菜の花

 

宮戸島の山桜

(写真は4月23日撮影)

 

春は宮戸島全体に山桜が咲きます。(写真は5月1日撮影)

 

稲ヶ崎公園の山桜、ツバキ、野花 (写真は5月1日撮影)

稲ヶ崎公園へ向かう道に咲く山桜

 

稲ヶ崎公園はツバキや山桜があり、春の一時期は同時に咲いている様子を楽しめます。

 

 

 

 

 

奥松島の藤の花

奥松島エリアは宮城県内随一の藤の名所となっています。

春の終わりごろ、5月初旬から下旬にかけて奥松島一帯に咲きます。

空の青と新緑の緑、藤の薄紫の色彩を楽しめます。

 

野花

【まめ】5月12日撮影

 

初夏は若葉が生茂り、青々とした新緑が楽しめます。

(写真は5月中旬に大高森山頂から撮影)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋は宮戸島全域で紅葉が楽しめます。

 

大高森山頂からの眺望

空気が澄んでいる冬期は雪化粧した舟形連峰・蔵王連峰・栗駒山に抱かれた松島湾の島々が、夏とは違った美しさを見せてくれます。

 

稲ヶ崎公園の椿

椿のトンネル

手作り椿油

白い椿も咲きます。

 

稲ヶ崎公園からの眺望

空気が澄んでいる冬期は稲ヶ崎公園から雪化粧した蔵王連峰が見えます。

 

 

宮城オルレ「奥松島コース」がKHB東日本放送の「#ハシュカリ」という番組で紹介されました。

 

 

オルレの歩き方

オルレは馬の形をした目印である「カンセ」や「矢印」、「リボン」などを巡って歩くトレッキングです。それぞれがコースの途中に設置してあります。

また、宮城オルレ「奥松島コース」の記念に、スタート時とゴール時にスタンプを押印します。(スタンプはセルコホームあおみな遊覧船案内所に設置しています。)

 

①カンセ

馬の形をした目印です。カンセ(馬)の頭の方向に進みましょう。

オルレの象徴であるカンセは済州の方言で、野生の子馬を表します。スタート地点からカンセの頭の方向に進みます。

②矢印

方向が変わるときなどに、木製の矢印や石などにペイントされた矢印があります。青が正方向、赤は逆方向です。

③リボン

見失わない程度の間隔で木の枝や電柱などにリボンが結ばれています。リボンを確認しながら進みましょう。

オルレのマナー

・民家付近を通るときは、勝手に敷地に入らない。

・ゴミは必ず持ち帰る。

・道端に自生している花木は採らない。

・リボンや目印などは触らない、持ち帰らない。

・住民や私有財産を撮影するときは、必ず同意を得る。

・途中で出会う旅行者や地元の方々と笑顔であいさつを交わす。

注意事項

・コースから外れたり、危険な行動は控える。

・自然の中を歩くので、ハチや蛇などに気を付ける。

・秋は夕暮れ時間が早くなるので、余裕を持った時間配分を心掛ける。

・途中、滑りやすい箇所もあるので、滑りにくい靴やトレッキングシューズなどを履く。

・なるべく動き安く目立つ服装が望ましい。

・車道を歩くときは、車に気を付ける。

・台風、豪雨、豪雪など荒天時は、歩かない。

オルレの服装

○リュック

日帰りなら20ℓ~25ℓくらい、1泊以上なら30ℓくらいが良いです。リュックを背負うときは、腰のベルト、胸のベルトの順で締め、肩の紐を引っ張って、リュックが肩にぴったりになるようにすると負担がかかりません。

○登山服 

トレッキング用ウェアは、体を温めたり、汗を早く逃がしてくれる機能があるため、歩いたり、休んだりするときに体温維持に役立ちます、ウィンドブレーカーや帽子や、レインコートを準備すると良いです。

○靴 

オルレでは、履きなれたミッドカットやトレッキング用の靴が良いです。

宮城オルレ「奥松島コース」のマップ

 

 

 

 

【道案内】コースの途中で迷った方はこちらをご覧ください。

 

宮城オルレ「奥松島コース」のチェックポイント紹介(①から⑬)

①⑬セルコホームあおみな(①スタート地点/⑬フィニッシュ地点)

営業時間:8時30分から17時

宮城オルレ「奥松島コース」のスタート・ゴール地点。

観光案内・遊覧船案内所・牡蠣食べ放題のバーベキュー場の他、宮戸島ならではの特産品・お土産の販売をしております。
お土産には、牡蠣と並ぶ東松島市の特産品の海苔がお薦めです。東松島市の海苔は出来栄えを競う奉献乾海苔品評会で優勝(1位)を取るほど高品質です。また足湯もありますので歩き疲れた足を癒していただけます。

オルレのコーナー
(地図等を配布しています)

各種お土産・地元の特産品を販売

各種お土産・地元の特産品を販売

遊覧船案内所
(あおみなの隣に船着き場があります。)

牡蠣食べ放題バーベキュー場
※詳細はページ下部

足湯(土日のみ/9:00~16:30)

貸自転車レンタサイクルあり
 
〒981-0412 東松島市宮戸字川原5番地1
TEL:0225-88-3997(奥松島遊覧船案内所/セルコホームあおみな内)
 
 
駐車場完備

第1駐車場:8時30分から17時まで、時間外は施錠されます。第2駐車場:24時間開放

※オルレを歩く目的で訪れる方はセルコホームあおみな裏の第2駐車場(24時間開放)へ駐車をお願い致します。

 
セルコホームあおみなは「(株)奥松島公社」によって運営されています。
 

②大高森薬師堂(大高森中腹)

大正4年に大高森の中腹に建てられたお堂です。これは当時の宮城県知事森正隆氏が建設したもので、堂内には白木作りの薬師如来像が奉記されています。

③奥松島縄文村歴史資料館

勾玉作り体験

火おこし体験

縄文土器や骨角器、石器、装身具などが展示されているほか、縄文人になりきることができる体験メニューにチャレンジすることができます。

奥松島縄文村歴史資料館(ホームページ)

 

げんちゃんハウス (奥松島縄文村歴史資料館の隣にあります)

奥松島縄文村歴史資料館マスコットキャラクター

縄文人のげんちゃん

 

2017/3/26に惜しまれつつ閉店した「げんちゃんハウス」が
宮戸地区住民の手によって2年ぶりに復活することとなりました。

奥松島オルレコースを歩くみなさんや、地域住民のみなさんにも
憩いの場が出来ることで、嬉しいニュースとなりました。

※開店日、営業日など詳細が分かり次第随時更新。写真は閉店前のげんちゃんハウス

げんちゃんハウス(facebook)

④さとはま縄文の里史跡公園

春には菜の花畑になります。

貝塚を展示しています。

展望台からの景色

 

里浜貝塚は縄文時代前期から弥生時代にかけて続く日本最大級の規模を持つ貝塚です。

展望台からの景色も素晴らしく、春にはきれいな菜の花畑が見られます。

⑤タブノキ(椨の木)

さとはま縄文の里史跡公園の裏にある御神木の大きなタブノキ。

タブノキはクスノキと似ていて見間違えることから「たぶらかす木」が転じたのが名前の由来という説もあります。

⑥波津々浦(はつつうら)

静かな内湾の水面を眺めながら、ゆっくりと堤防を歩きます。

⑦陸の奥松島

奥松島の名所には、昔は海だった名残が岩肌などにみられます。現在は、水田となっている場所も昔は海でした。

⑧稲ヶ崎(いながさき)公園

蔵王連峰、松島湾、牡鹿半島、晴れた日には福島県相馬地方まで眺められます。周辺の椿の林も見どころです。

⑨月浜海水浴場

海の透き通るような青ときれいな砂浜が特徴的な海岸です。夏には、月浜海水浴場が開設され、たくさんの海水浴客で賑わいます。

波が穏やかなため、小さなお子様連れのご家族も安心して楽しんでいただけます。

 

月浜海水浴場以外にも東松島市にはビーチがあります。

東松島市のビーチ・砂浜一覧

月浜地区の伝統行事 ”えんずのわり”

東松島市宮戸・月浜地区に伝承される小正月の鳥追い行事。毎年、小・中学生男子が1月11日~16日まで五十鈴神社脇の岩屋に籠り、共同生活を送りながら地域の繁栄や無病息災・豊漁豊作を祈願する。14日の夜には、神木を持ち地面を突き唱えながら月浜の各家々をまわり、16日の早朝、ヤヘイ紙を先端につけた竹を持ち、神社境内で鳥を追い払う動作をしてすべての行事を終える。平成18年に国の重要無形民俗文化財に指定。

⑩新浜岬

「馬の背」と呼ぶ、馬の背中のように切り立った岬が特徴です。展望園地は日当たりがよく、のんびりするには格好の場所です。

⑪歴史を紡ぐ林道

観音寺から続く林道で、住職のお話では、「人が歩くと活きる道」と伝わる道です。

昔は集落と集落を繋ぐ道や通学路として使われていました。たくさんの緑に囲まれた癒される道です。

⑫大高森

山頂には東屋があります。

宮戸島の中心部にそびえる山。松島四大観の一つ「壮観」と呼ばれています。山頂の展望台からは、美しい松島湾と広大な太平洋を360度の大パノラマで一望できます。

 

 

 

宮城オルレ「奥松島コース」を実際に歩いた方達の感想(外部サイト:YAMAP)

10月 (10月8日オープン)

2018.10.08に歩いた方の感想

2018.10.08に歩いた方の感想

2018.10.08に歩いた方の感想

2018.10.08に歩いた方の感想

2018.10.08に歩いた方の感想

2018.10.08に歩いた方の感想

2018.10.13に歩いた方の感想

2018.10.21に歩いた方の感想

2018.10.29に歩いた方の感想

11月

2018.11.04に歩いた方の感想

2018.11.10に歩いた方の感想

2018.11.11に歩いた方の感想

2018.11.18に歩いた方の感想

2018.11.18に歩いた方の感想

2018.11.18に歩いた方の感想

2018.11.24に歩いた方の感想 

2018.11.24に歩いた方の感想

2018.11.25に歩いた方の感想 

2018.11.25に歩いた方の感想

2018.11.26に歩いた方の感想

2018.11.27に歩いた方の感想

2018.11.27に歩いた方の感想

12月

2018.12.02に歩いた方の感想

2018.12.04に歩いた方の感想

2018.12.17に歩いた方の感想

2018.12.18に歩いた方の感想 

2018.12.19に歩いた方の感想

2018.12.22に歩いた方の感想

2018.12.22に歩いた方の感想 

2018.12.22に歩いた方の感想

2018.12.22に歩いた方の感想 

2018.12.24に歩いた方の感想 

2018.12.24に歩いた方の感想

2018.12.27に歩いた方の感想

2018.12.29に歩いた方の感想

2018.12.30に歩いた方の感想

1月

2019.01.05に歩いた方の感想

2019.01.13に歩いた方の感想

2019.01.14に歩いた方の感想 

2019.01.14に歩いた方の感想

2019.01.15に歩いた方の感想 

2019.01.24に歩いた方の感想

2019.01.24に歩いた方の感想 

2019.01.25に歩いた方の感想 

2019.01.27に歩いた方の感想 

2月

2019.02.02に歩いた方の感想

2019.02.03に歩いた方の感想 

2019.02.09に歩いた方の感想

2019.02.09に歩いた方の感想  

2019.02.11に歩いた方の感想 

2019.02.12に歩いた方の感想 

2019.02.17に歩いた方の感想 

2019.02.17に歩いた方の感想 

2019.02.17に歩いた方の感想 

2019.02.20に歩いた方の感想 

2019.02.21に歩いた方の感想

2019.02.21に歩いた方の感想 

2019.02.23に歩いた方の感想

2019.02.24に歩いた方の感想

 

宮城オルレ「奥松島コース」のショートコース

【平地のみを歩くコース】(所要時間約3時間)

※「奥松島コース」唯一の急こう配がある「⑪歴史を紡ぐ林道」と「⑫大高森」の2か所をショートカットしたコースになります。

「①あおみな:(P有)⇒②⇒③⇒④⇒⑤⇒⑥⇒⑦⇒⑧⇒⑨⇒⑩⇒県道27号線を歩く⇒⑬あおみな」

 

【大高森登山コース】(所要時間約1時間)

「あおみな:(P有)⇒大高森山頂⇒あおみな」

 

【縄文史跡コース】(所要時間約1時間)

「縄文村歴史資料館:(P有)⇒さとはま縄文の里史跡公園⇒タブノキ⇒波津々浦⇒縄文村歴史資料館」

 

【海岸線コース】(所要時間約1時間)

「月浜海岸:(P有)⇒稲ヶ崎公園⇒月浜海岸⇒新浜岬⇒月浜海岸」 

 

奥松島の花暦(はなごよみ) ※一部、奥松島以外で撮影された花も含みます。(すべて東松島市内で撮影)

春の花

【カタクリ】4月から6月
宮戸島の室浜周辺で撮影

 

【シュンラン】4月9日撮影

【ソメイヨシノ】4月初旬から下旬
※写真は滝山公園にて撮影

4月22日撮影

4月22日撮影

 

【八重桜】5月2日撮影
※写真は滝山公園にて撮影

 

【御衣黄】5月5日撮影
※写真は滝山公園にて撮影

【菜の花】5月初旬に撮影
4月から5月に咲きます。

【山桜】4月23日撮影

【藤】6月1日撮影

5月初旬頃から咲き始めます。

 

【山ツツジ】5月12日撮影

【山ツツジ】5月12日撮影

 

 

【ニッコウキスゲ】6月中旬撮影
5月から6月

 

 

【スミレ】5月6日撮影

 

【シャガ】5月6日撮影

 

【二輪草】5月6日撮影

夏の花

【ヤマユリ】7月25日撮影

【すかしゆり】7月15日撮影

【すかしゆり】7月15日撮影

 

【ハマヒルガオ】6月5日撮影
初夏に咲きます。
野蒜海岸や大浜海岸が自生地

【ハマナス】5月下旬に撮影

【セッコク】6月7日撮影 
藤の季節が終わるとセッコクが咲きます。
宮戸島の嵯峨渓に咲きますので、遊覧船から鑑賞するのがおすすめです。5月下旬から6月上旬が見頃です。

 

 

【ニッコウキスゲ】6月14日撮影
※東松島市の根古地区(「デイサービスセンター百合の里」周辺)にて撮影

 

【ラベンダー】7月8日撮影
※赤坂農園(東松島市大塩字寺沢9)にて撮影

 

 

 

 

秋の花

【ミヤトジマギク】(宮戸島菊)10月ごろ
キク(イエギク)とコハマギクの自然交雑種。この宮城県宮戸島で発見されました。

【彼岸花】(曼珠沙華)9月29日撮影
花期になると観音寺周辺に多く咲きます。
 
 
 

【ハマギク】

9月から10月にかけて咲きます。

【コハマギク】7月26日撮影

【コスモス】9月28日撮影

 

【かわらなでしこ】7月15日撮影

冬の花

【ツバキ】

冬から春にかけて咲きつづけます。

 

花の開花状況はこちら

 

東松島市の観光地

奥松島嵯峨渓遊覧船

日本三大渓「嵯峨渓」を巡る遊覧船。嵯峨渓は、優美な松島とは対照的な荒々しい景観が魅力。20m~40mの海食崖が続く迫力満点のパノラマを、遊覧船から目の当りにすることができます。

奥松島嵯峨渓遊覧船・案内所
乗船料金:嵯峨渓コース(60分/大人2,000円 小学生1,500円)※最少運行人数3人(第2・第5嵯峨)。新型船「嵯峨みらい」は最少運行人数5人。
遊覧船の運航時間:8時45分発から最終便16時(10月から3月は最終便15時)年中無休 ※荒天による欠航あり
住所:東松島市宮戸字川原5番地1(あおみな内)
お問い合わせ・ご予約:奥松島遊覧船案内所 TEL:0225-88-3997
 

嵯峨渓の屏風岩と呼ばれる断崖

 

 

日本三大渓のひとつ嵯峨渓(さがけい)は、太平洋の波が人間にとって永遠とも思える歳月をかけ、岩肌が少しづつ削られてできた自然の産物です。

女性的な優しい印象の松島と対照的に、切り立った崖や営利な岩肌が男性的で荒々しい印象を与えてくれます。

奥松島・宮戸島の秘境をめぐる「奥松島遊覧船」は驚きと感動の世界へといざないます。

サイクリングコース

奥松島ライド&ハイキングコース(ツールド東北のホームページ)

奥松島サイクリングと新宮戸八景散策(ツールド東北のホームページ)

東松島市内の貸自転車レンタサイクル一覧(4か所)

①セルコホームあおみな (オルレスタート地点)

東松島市宮戸字川原5番地1(あおみな内)
TEL:0225-88-3997
※スポーツタイプと普通のタイプの2種類があります。

②イートプラザ (野蒜駅前)

 
 
※レンタルできる数に限りがありますので、ご利用を計画されている場合はあらかじめご予約ください。
 
東松島市野蒜ヶ丘1丁目15-1(JR野蒜駅西側)
TEL:0225-88-2611

③KIBOTCHA(キボッチャ) (野蒜駅から徒歩5分)

電動バイクのレンタルもあります。

 
東松島市野蒜字亀岡80番地
TEL:0225-25-7319
 

④まちんど(矢本駅前)

 
 
東松島市矢本字河戸342-2
0225-83-3391
 

漁業体験(奥松島体験ネットワーク)

かご漁体験

かご漁で取れた魚介類(アナゴやカニ)

シーカヤック

シーカヤックで無人島上陸

 

カモメへ餌付け

大人数で地引網体験

漁業体験

漁業体験

 

 
収穫の喜びや海辺の自然を通して感性を育てる体験型プログラム
奥松島に息づく豊かな自然環境を活かした体験メニューが盛りだくさん。
インストラクターは全員育成講座を受講済みなので、知識豊富で安全な体験学習に参加できます。
奥松島の大自然を存分に楽しめる海洋体験や、現役量子から教わる漁業体験などがあります。
心地よい潮風を感じながらチャレンジしてみませんか。
 
 
 
現在募集中の漁業体験コース(1泊2日)(2019年3月31日まで)
 
【奥松島体験ネットワーク】
住所:東松島市宮戸字村74
電話:0225-88-2939(FAX兼用)
 
 

観光タクシーで周遊

観光タクシー トリップ☆奥松島

所要時間:1時間  野蒜駅から乗車

行ってみたいけど、車がない!!!という方におススメの観光タクシー周遊プランです。

詳細・お申込みはこちら

観光タクシー 防災と観光プラン

所要時間:2時間  野蒜駅から乗車

2時間たっぷり、東松島を満喫しませんか?

詳細・お申込みはこちら

観光タクシー 奥松島遊覧船☆周遊プラン

所要時間:2時間  野蒜駅から乗車

奥松島に行ってみたかった!にお応えします♪

詳細・お申込みはこちら

ブルーインパルス

松島基地は、第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」の本拠地となっており、市内上空では日常的に飛行訓練が行われているため、基地周辺でタイミングが合えば出会えるかもしれません。青と白にカラーリングされた6機の飛行機が、白い噴煙で線を描きながら加齢なアクロバット飛行で魅力します。毎年8月の最後の日曜日に松島基地航空祭を開催しています。また、市内のお店には、たくさんのブルーインパルスグッヅが販売されています。

ブルーインパルス飛行訓練の予定(松島基地ホームページ)

ブルーインパルスグッズを取り扱うお店

清水畳店

〒981-0503 宮城県東松島市矢本字河戸 396-3
TEL FAX 0225-82-2448
E-mail brownie@peach.plala.or.jp 

清水畳店のホームページ           

東松島オンライン(清水畳店が作るブルーインパルスグッヅのご紹介)

 

東松島あんてなショップまちんど

〒981-0503 宮城県東松島市矢本河戸342−2

Tel 0225-83-3391 Fax 0225-25-6818

東松島あんてなショップまちんどのホームページ

東松島オンラインカタログ(東松島あんてなしょっぷまちんどが販売するブルーインパルスグッヅのご紹介)

東松島オンライン(東松島あんてなしょっぷまちんどが行う通信販売のページ)

 

RUNWAY15END(ランウェイ・ワンファイブエンド) のり工房矢本

〒981−0503 宮城県東松島市矢本字一本杉209

定休日 : 土日祝日 営業時間 : 9:00~15:00
電話 : 0225-82-3612 FAX : 0225-98-8858

のり工房矢本のホームページ

 

滝山公園

桜の名所で、4月中旬~5月上旬にソメイヨシノや八重桜など様々な種類の桜が咲き誇ります。展望台からは、海岸線や街並みの景色、ブルーインパルスの飛行訓練の様子が楽しめます。

滝山桜まつり(東松島市観光物産協会ホームページ)

KIBOTCHA(キボッチャ)

 

【外観】

【宿泊施設】

【シアター】
10時から17時

【大浴場】日帰り入浴可能
10時から21時まで
(よもぎ蒸し10時から20時)

【レストラン・ショップ】
平日・土日祝共に10時から24時

【BBQ場】
屋外でBBQ可能

【2F体験ゾーン】10時から17時
 

旧野蒜小学校が、防災をテーマにした総合防災宿泊施設として生まれ変わりました。宿泊・シアター・大浴場・レストラン・BBQ場、遊びを通じて防災を学ぶ体験ルームなどがあります。※貸自転車レンタサイクルあり

東松島市野蒜字亀岡80番地
TEL:0225-25-7319
 
営業時間

キボッチャ(ホームページ)

東松島市東日本大震災復興祈念公園

【外観】
※併設されているコンビニは2019年3月末で閉店します。

震災の記録を保存しています。
震災当時の状況を分かりやすく解説するビデオも上映しています。

祈念広場の慰霊碑(震災復興モニュメント)

震災当時のままのプラットホームを保存しています。

旧JR野蒜宿舎を、東日本大震災の被害状況や復興の歩みを学ぶことが出来る「震災復興伝承館」としてリニューアル。
また、祈念広場には、震災により亡くなられた方々への鎮魂と慰霊のために、震災復興モニュメントが建てられています。
 
 
 

奥松島観光物産交流センター(通称:イートプラザ)

市内や周辺市区町村の観光情報あり

屋外イベントスペース完備

【JR仙石線 野蒜駅】
野蒜駅のすぐ隣に「イートプラザ」があります。

東松島市の特産品やお土産を販売中

奥松島の玄関口であるJR野蒜駅西側に2016年11月にオープン。観光案内に加え、焼き海苔や奥松島産の椿油、ご当地野蒜生まれのスイーツなど、お土産にぴったりの特産品を販売しています。また旬の市などの屋外イベントも開催される予定です。

貸自転車レンタサイクルあり 貸自転車レンタサイクル申し込みフォーム

イートプラザ(東松島市奥松島観光物産交流センター)(石巻観光推進機構・海街さんぽ)

東松島市野蒜ヶ丘1丁目15-1
TEL:0225-88-2611
営業時間:9:00-17:00
年中無休
 

美馬森(みまもり)八丸牧場

通称 美馬森(東松島市野蒜)にある八丸牧場では、この牧場ならではの乗馬レッスンや牧場体験、馬とのコミュニケーションから様々なことを学ぶホースマンシッププログラム等が行われています。

現在募集中の体験プログラム
【東松島市】ビジター乗馬レッスン(石巻観光推進機構・海街さんぽ)
【東松島市】乗馬で牧場内を散策プロムナード(石巻観光推進機構・海街さんぽ)
 

 

美馬森 八丸牧場(みまもり はちまるぼくじょう)公式ホームページ

美馬森 八丸牧場(フェイスブック)

東松島市大塚字三反田22-1
TEL:090-9636-0325
 

アトムサーキット

アトムサーキットで、レンタルカートに乗ってレーシング体験。ヘルメットとグローブの無料レンタルがあり、いつでも気軽にレーサー気分を味わえます。また、2人乗りカートも用意されており、お子さまと一緒にのんびりサーキットドライブもおすすめです。

住所:東松島市大塩字山崎9-1
電話:0225-83-8467
営業時間:10:00-18:00
※冬季・悪天候時は営業時間の変更あり。
定休日:木曜日
 

宮城県松島自然の家

ウォーキングやバードウォッチング、アウトドアキャンプにクッキングなど、奥松島の大自然の魅力を存分に味わえる魅力的な体験イベントを開催。

詳しくはホームページをチェック!

松島自然の家ホームページ

松島自然の家フェイスブック

 

新宮戸八景

①さとはま縄文の里史跡公園(里浜地区)

②医王寺薬師堂(里浜地区)

③大高森(おおたかもり)(里浜地区)

④嵯峨見台(さがみだい)(室浜地区)

⑤儀兵衛(ぎへえ)・多十郎(たじゅうろう)記念碑の丘
(室浜地区)

⑥大浜唐船番所(からふねばんしょ)跡
(大浜地区)

⑦新浜(しんはま)岬(月浜地区)

⑧稲ヶ崎(いながさき)公園(月浜地区)

宮戸島において、地元の方々が新たな8箇所の名所を「新宮戸八景」として選定しました。オルレコースの大高森・さとはま縄文の里史跡公園・稲ヶ崎公園・新浜岬がこれに含まれていますが、それ以外の4つの名所を見て回るのもオススメです。

新宮戸八景(東松島市観光物産協会のホームページ)

東松島市のグルメ

牡蠣

2本の1級河川から注ぐミネラルやプランクトンなど栄養分が豊富な漁場で育てる牡蠣は、サイズもより大きく身も締まっていて、甘みのある深い味わいとなっています。かき小屋で焼き牡蠣を楽しんだり、鍋やフライなど食事処で様々な牡蠣料理を味わうことができます。

全国の養殖地へと種牡蠣を送り出す、牡蠣のふるさと・東松島。奥羽山脈から流れる二本の一級河川、豊かな海、そして独自の育成方法が、甘くて大粒な絶品の牡蠣を生み出します。直売所や牡蠣小屋などで、最高の味をお楽しみください。

販売元:(株)奥松島公社 TEL:0225-86-1511 FAX:0225-86-1545
(月~金:8時30分から17時15分まで)

(株)奥松島公社のホームページ

(株)奥松島公社の通信販売のページ

のりうどん

天ざるのりうどん

のりうどん乾麺と専用のつゆ

名産の海苔をふんだんに練り込んだ東松島名物。一口食べると、ツルツルの食感と心地よい海苔の香りが広がります。市内複数の店舗で提供され、ざるうどんやサラダうどん、パスタ風など、様々な味が楽しめます。

のりうどん&上下堤そばのハーフ&ハーフ
(スマイルダイニング)

サラダのりうどん
(旨い食処 あごら)

温かいのりうどん
(スマイルダイニング)

のりパスタ
(パラダイス)

のりうどん提供店舗【常時提供】

・ちゃんこ萩乃井    0225-82-2478
・旨い食処 あごら   0225-83-3399(土曜のみ提供)
・レストランぱらだいす  0225-82-2117
・割烹 芝苑      0225-82-3321
・安べえ食堂      0225-82-7152
・スマイルダイニング   090-2951-0220
・えんまん亭       080-5579-3769
 
その他予約制で提供する店舗もあります。
詳しくは東松島市観光物産協会(TEL:0225-87-2322・平日:8時30分~17時15分)にお問い合わせください。
 

のりうどん通信販売のご案内

鍋のまち東松島

東松島市ではカキ小屋の焼きカキ以外にも、カキを使った鍋など、カキをいろいろな形で楽しめます。

豊富に獲れるカキを贅沢に使った料理をおなかいっぱい楽しめる東松島市へ是非お越しください。カキが好きな方なら必ずご満足頂けます。

   

【あさりと鶏肉のエスニック鍋】
ダイニングカフェ おちゃや 0225-83-3772

【かき鍋】
のみくい処 よっこより 0225-82-1722

【ちゃんこ鍋定食】
ちゃんこ萩乃井 0225-82-2478

【ポトフ鍋】
レストラン ぱらだいす 0225-82-2117

【みそ肉鍋】
食事処 こばると 0225-82-4859

【もつ鍋】
料理 菅原 0225-83-3251

【牛モツ醤油鍋・味噌鍋】
鉄板鍋 東屋 0225-98-7844

【仙台牛極上すき焼き・しゃぶしゃぶ】
ファミリーハウスみちのく 0225-82-6999

【東松島鍋なべぷりん】
お菓子の国パンジー 0225-83-2253

【豚バラキムチ牡蠣鍋うどん】
宮戸つばめ食堂 080-9639-7218

【ぎゅっと!!地元鍋~せり鍋~】
和みダイニング 酒菜や 凛 0225-83-2312

【かき坦々鍋】
うまし処 破竹 0225-83-8313

【野蒜の郷はっとう】(牡蠣入り)
KIBOTCHA(森のKITCHEN)0225-25-7319
 
 
 
【えごま豚コラーゲン旨塩鍋】
旨い食処 あごら 0225-83-3399
 
 

Harappa(はらっぱ)本店

朝採れ野菜や地元食材を使ったお惣菜や、市内の特産品などを取り扱う直売所「yaoya」と人気の塩パンや海苔パンなど地元食材を使った手作りパンを販売する「畑のパン屋さん」で構成されており、地域で人気のお店です。ぜひ東松島市で採れた食材で鍋を作ってみてください。

東松島市矢本字北浦485-1
0225-24-6740
営業時間9:00-19:00 年中無休(年末年始を除く)
 
Harappaは矢本駅前にも店舗がございます。
矢本駅前店
営業時間11:00-17:00
休業日:日曜日と年末年始

 

 
 
 

その他の東松島市のグルメ・特産品

東松島オンラインカタログ(東松島の特産品をご紹介)

東松島市の美味しい食べ物、特産品・お土産のご紹介(東松島市観光物産協会のホームページ)

東松島タウンガイド「特産品のご案内」

通信販売

奥松島観光物産通販モール(株式会社奥松島公社)

東松島市のお土産

海苔

品評会で優勝し皇室に献上された実績を多数持つ高品質な東松島の海苔。焼き海苔や味付け海苔のほか、塩のり、つくだ煮、のりドレッシングなど様々な商品が販売されています。

市内の各浜で盛んに生産される海苔は、同じ東松島産でも育つ場所や生産者によって違う味を見せます。焼きのりや味付け海苔のほか、佃煮、ドレッシング、アイスクリームなど、様々な形で味わうことができます。

のびるバウム

野蒜で作られた小麦粉や米粉を使用した、農家自らが作るバウムクーヘンです。のびるバウム(ソフト)、のびるバウム(ハード)、のびるこどもバウムの3種類があり、サイズも大きなものと手のひらサイズがあるので、お土産や贈り物にぴったりな商品です。

 

 

(有)アグリードなるせが運営する 「のびる村直売所」もしくは「インターネットの通信販売」で購入できます。
 
「のびる村直売所」
住所:宮城県東松島市野蒜字神吉5−1
電話:0225-88-3645
 
営業時間
平日(10時から17時) 
土日祝(10時から16時)

製造販売:(有)アグリードなるせ

宮城オルレ「奥松島コース」周辺の飲食店

宮戸つばめ食堂 [セルコホームあおみな内]

(営業時間:金・土・日の週末のみ(10時~16時30分)休/月火水木)

   
地元産の食材をたっぷり使った、お腹も心も大満足なご飯が食べられる、海が見える奥松島宮戸の食堂です。

 島で唯一の食堂で、牡蠣や海苔など地元特産の食材を生かした料理のほかスイーツなどカフェメニューも提供し、住民や観光客らの憩いの場となっています。

電話:080-9639-7218
住所:東松島市宮戸字川原5-1

宮戸つばめ食堂 フェイスブック

宮戸つばめ食堂 インスタグラム

えんまん亭

えんまん亭

牡蠣ラーメン
(期間限定:10月から3月頃まで

海の幸ラーメン

あさりラーメン

ホルモン定食(あら汁付)

うに丼(期間限定)

 

 
海の幸ラーメン、かきラーメン、あさりラーメン、うに丼、ホルモン焼き定食など
 
営業時間10:30-19:00(ラストオーダー18:30)、休/不定休
住所 東松島市野蒜字北赤崎8-4
TEL 080-5579-3769

えんまん亭(インスタグラム)

かき小屋 海鮮堂

今シーズンの牡蠣小屋は2019年3月14日に終了しました。たくさんのご来店まことにありがとうございました。

牡蠣小屋は終了しましたが、その他、お食事のご提供はしておりますので是非ご来店ください。

※不定休のため訪れる場合は、あらかじめ電話で確認してください。

焼き牡蠣、カキフライ定食など
※不定休のため訪れる場合は、あらかじめ電話で確認してください。
 
営業時間11:00-15:00、休/不定休
住所 東松島市野蒜字南赤崎71-38
TEL 0225-98-3715

かき小屋 海鮮堂(ホームページ)

KIBOTCHA 森のKITCHEN

大人数宴会可能。お酒飲み放題あり。

東松島御前(のりうどん付き)

日替わり野蒜定食

からあげ丼

チキンソースかつ丼

焼きそば(ソース味orピリ辛味)

森のKITCHENキッズプレート(ドリンク付き)

牡蠣もあります。

今シーズンの蒸し牡蠣は終了しました。2019年3月14日現在

外でBBQも可能

刺身定食
天ぷら定食
ハンバーグ定食
海鮮丼
天丼
鉄板ビビンバ
 
宴会メニューあり・アルコール飲み放題あり
17時以降から居酒屋メニュー開始
ソフトドリンクあり
(平日17時から19時はアルコール全品半額)

牡蠣フライ定食

蒸し牡蠣は終了しましたが、牡蠣フライはまだ提供しています。

2019年3月14日現在

 

 

 
営業時間 11:00-21:00(平日11:30-)
住所 東松島市野蒜字亀岡80番
TEL0225-25-7319

KIBOTCHA 森のKITCHEN(ホームページ)

奥松島の民宿のお食事(ランチのみも可能※要予約)

宮城オルレ「奥松島コース」周辺にある9軒の民宿それぞれが提供するお食事(ランチのみも可能※要予約)

新鮮な海の幸を使った料理で皆様をおもてなしする宮戸地区のお宿。その日の漁の状況によってメニューが決まるので、あっと驚くような食材が並ぶことも。お宿によっては事前に予約でお昼の御前も用意でき、魅惑の味を気軽に楽しむことができます。

 

 

 

 

東松島市内の宿泊(宮戸地区・宮城オルレ「奥松島コース」周辺の民宿)

東松島市のビーチ・砂浜一覧

大高森観光ホテル (※ランチのみ可能 要予約)

 

 

男湯

女湯

 

「大高森観光ホテル」ホームページ

電話 0225-88-2121  
住所 東松島市宮戸字川原3  
1泊2食付7,000円~(税別)  
素泊まり4,000円~(税別)  
日帰り食事3,000円~(税別) 
送迎 無

漁師民宿 桜荘 (※ランチのみ可能 要予約)

部屋の窓からは里浜の風景が広がります。

送迎バス有  

 

「漁師民宿 桜荘」ホームページ

電話 0225-88-3206 
住所 東松島市宮戸字里25  
1泊2食付7,600円~(税込)  
素泊まり3,880円~(税込) 
日帰り食事1,500円~(税込)※予算に応じ・要予約  
送迎 有

民宿 いすず

 

電話 0225-88-3090  
住所 東松島市宮戸字里35
1泊2食付8,500円~(税別)
送迎 無し

旅館 薬師堂 (※ランチのみ可能 要予約)

大広間宴会場有

 

電話 0225-88-2054  
住所 東松島市宮戸字牛山崎9
1泊2食付7,000円~(税別) 
素泊まり3,500円~(税別) 
日帰り食事1,500円~(税別)
送迎 無し

民宿 山根 (※ランチのみ可能 要予約)

目の前は月浜海水浴場です。

宴会場有 送迎バス有

 

「民宿 山根」ホームページ

電話 0225-88-3349  
住所 東松島市宮戸字村64
1泊2食付7,000円~(税別)  
素泊まり3,500円~(税別)  
日帰り食事2,000円~(税別)
送迎 有

民宿 かみの家 (※ランチのみ可能 要予約)

送迎バス有

「民宿 かみのいえ」ホームページ

電話 0225-88-4141  
住所 東松島市宮戸字月浜16-1
1泊2食付7,000円~(税込)  
日帰り食事3,500円~(税込)
送迎 有

民宿 新浜荘 (※ランチのみ可能 要予約)

部屋の窓からは月浜海水浴場を見渡すことができます。

送迎バス有

 

 

「民宿 新浜荘」ホームページ

電話 0225-88-2045  
住所 東松島市宮戸字三サ河31
1泊2食付7,000円~(税込) 
素泊まり3,500円~(税別) 
日帰り食事3,000円~(税込)
送迎 有

民宿 西の家 (※ランチのみ可能 要予約)

電話 0225-88-2063  
住所 東松島市宮戸字村64
1泊2食付7,000円~(税込) 
素泊まり3,500円~(税込) 
日帰り食事2,500円~(税込)※予算に応じ対応可
送迎 無

汐さいの宿 ちどり館 (※ランチのみ可能 要予約)

 

送迎バス有

 

「汐さいの宿 ちどり館」ホームページ

電話 0225-88-2066  
住所 東松島市宮戸字横山11-1
1泊2食付7,000円~(税別) 
素泊まり4,000円~(税別) 
日帰り食事 ※予算に応じ対応可
送迎 有

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※送迎の有無はコースまでの送迎ではなく、宿まで。

※宿泊および日帰り食事は、全て要予約。

 

 

東松島市 野蒜地区の宿泊施設

KIBOTCHA(キボッチャ)

2018年4月、旧野蒜小学校が、防災をテーマにした総合防災宿泊施設として生まれ変わりました。宿泊・シアター・大浴場・レストラン・地元の物産店と、それをすぐに食べられるBBQ場、遊びを通して防災を学ぶ体験ルームなどがあります。

KIBOTCHA(キボッチャ)ホームページ

電話 0225-25-7319  
住所 東松島市野蒜字亀岡80番地
1泊2食付6,750円~(税別) 
1泊朝食付5,000円~(税別) 
素泊まり4,000~(税別)
レストラン 有
送迎 有
 

東松島市 野蒜ヶ丘地区の宿泊施設

奥松島 LANE HOTEL(おくまつしまレーンホテル)

2019年4月19日(金)オープン!

ご宿泊・宴会などご予約承っております。

施設・設備

・ゲストルーム
  洋室ツイン23室
  洋室トリプル3室
  和室(5名)3室
・創作和風会席レストラン
・人工温泉
・ライブラリーラウンジ

住所

〒981-0416
宮城県東松島市野蒜ヶ丘三丁目29-1
TEL:0225-86-2501
FAX:0225-86-2502
注)現在のところ電話のみ開通しております。FAXに関しては順次開通致します。

アクセス

お車でお越しの方
最寄りIC
東京方面からお越しのお客様 松島北ICから約20分
青森方面からお越しのお客様 大和ICから約30分

鉄道でお越しのお客様
最寄り駅
陸前大塚駅または東名駅から徒歩10分
 

奥松島 LANE HOTEL(公式ホームページ)

奥松島 LANE HOTEL(facebook)

 

東松島市内の日帰り温泉施設

KIBOTCHA(キボッチャ)の大浴場

10時から21時まで(宿泊者は24時まで)

住所:東松島市野蒜字亀岡80番地

電話:0225-25-7319

KIBOTCHA大浴場(ホームページ)

東松島市健康増進センターゆぷと

平日:10時から22時 土日祝:10時から21時 休館日:毎週木曜日

住所:東松島市矢本河戸342−2

電話:0225-84-3855

東松島市健康増進センターゆぷとの温泉(ホームページ)

アクセスとお問い合わせ

 

 

 

宮城オルレ公式ホームページ(宮城県)

宮城オルレ | 見て、歩いて、体験する。(宮城オルレ公式ホームページ)

宮城県が作成した宮城オルレの公式ホームページです。「奥松島コース」と「気仙沼・唐桑コース」が紹介されています。

今後も宮城県内の自治体に新たなコースが整備される予定です。

宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」のご紹介

宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」も奥松島コースと同時にオープンしました。

宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」(気仙沼観光推進機構のホームページ)

 

 

【WONDERFUL 唐桑!!】宮城オルレ気仙沼・唐桑コースを中学生がPR (youtube)

 

 

 

 

唐桑町観光協会のホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」の風景)

宮城オルレについて

 

 

九州オルレのご紹介

九州オルレ( 一般社団法人 九州観光推進機構のホームページ)

九州オルレ(フェイスブック)

九州オルレ(インスタグラム)

韓国・済州オルレのご紹介

済州オルレ(公式ホームページ)

済州島の観光(済州観光公社のホームページ)

社団法人済州オルレ(フェイスブック)