結果公表

東松島市避難施設整備事業 審査結果について(平成27年7月24日)

東松島市避難施設整備事業について応募があった事業提案の審査結果については以下のとおりです。

審査結果
 平成27年7月17日(金)に選定委員会を開催し、審査を行った結果は次のとおりです。

  • 提案数     2事業者 2件
  • 選定事業者  住友林業・木村土建特定建設工事共同企業体

更新情報

避難施設整備事業に係る質問回答書について(平成27年6月16日)

避難施設整備事業実施要領に基づき、質問回答書を公表いたします。

質問回答書[ 148 KB pdfファイル]

東松島市避難施設整備事業に係る実施要領等の訂正について(平成27年6月11日)

平成27年6月2日に公表した(公募型プロポーザル)東松島市避難施設整備事業に係る実施要領及び特記仕様書について、一部誤り及び追加がありましたので次のとおり訂正いたします。

実施要領等の訂正について(お知らせ) [ 106 KB pdfファイル]

プロポーザル実施要領(修正版) [ 323 KB pdfファイル]

特記仕様書(修正版)[ 220 KB pdfファイル]

追加参考資料

【公募型プロポーザル】東松島市避難施設整備事業に係る受託事業者の募集について※募集は終了しました※

 東日本大震災を経験した本市では、想定外の大規模な被害、特に住宅被害が甚大であったことから、緊急的な避難施設としての公共施設の重要性を痛感させられました。行政庁舎も例外ではなく、本来避難所ではなかった本庁舎に避難者が押し寄せ、行政業務に支障が出たほか避難者への支援も十分にできない状況となりました。
 そこで、大規模災害の発生に備えることを目的として、平常時には会議、研修、車庫等のためのスペースとして活用しながらも、災害発生時には避難者の収容、炊き出し、支援物資の受け入れ・保管等の復旧支援活動が行える避難施設を整備するものです。
 なお、整備にあたっては民間事業者から整備計画の提案を受け、事業者を選定した後、事業者が設計、建設した建物を市が買い取る方式とし、事業者選定に関しては、参加する事業者を広く公募し、様々な提案を受ける事が出来る「公募型プロポーザル方式」を採用するもので、避難者の利便性、本市の要求に応じた計画内容で提案可能な事業者を募集いたします。

 公募の概要については下記のとおりです。

【事業概要】

  1. 事業名    東松島市避難施設整備事業
  2. 担当課    総務部行政経営課
  3. 事業期間   契約締結日から平成28年2月28日まで

  ※詳細については、下記の実施要領及び仕様書等を御参照ください。

【実施要領・仕様書】

プロポーザル実施要領[ 273 KB pdfファイル]

特記仕様書 [ 273 KB pdfファイル]

様式

別紙3 参加申込書 [ 143 KB pdfファイル]

参考資料

 本コンテンツ内のPDFを表示する際、閲覧するブラウザのバージョン、アクロバットリーダーのバージョンによっては表示に時間がかかる場合があります。各リンクにカーソルを合わせ【右クリック】して「対象をファイルに保存」でハードディスク等に保存しご覧ください。