自治宝くじコミュニティ助成事業とは

 自治宝くじコミュニティ助成事業とは、財団法人自治総合センターが宝くじの普及広報事業費を財源とし、市町村やコミュニティ組織などが行う活動に対して助成されるものです。
この事業により市内地域自治組織に対して行なわれている一般コミュニティ助成事業は、住民が自主的に行うコミュニティ活動の促進を図り、地域の連帯感に基づく自治意識を盛り上げることを目指すもので、コミュニティ活動に直接必要な設備等の整備に関する事業となっています。
地域自治組織では、おまつりなどの地域イベントに活用し、地域活動を活発にするだけでなく、地域の生活環境や課題の改善等にも役立てています。
詳しくは財団法人自治総合センターのホームページをご覧下さい。

 宝くじが持つ親しみやすさと広く社会や暮らしに役立っているイメージをキャラクター化したコミュニケーションマークを作成しています。整備した備品には、すべてこのマークが表示されています。

 

宝くじのイメージキャラクタークジラのクーちゃん

平成30年度の実績

団体名 助成額 助成内容
宮戸コミュニティ推進協議会 250万円

ワンタッチテント、折り畳みベンチ、除雪機、プロジェクター 他

平成29年度の実績

団体名 助成額 助成内容
野蒜まちづくり協議会 250万円

テント、大型プリンター、展示パネル、折り畳み式リアカー、

テーブル・チェアーセット、かき氷機、ポップコーン機、綿菓子機 他

平成28年度の実績

団体名 助成額 助成内容
矢本ひがしネットワークコミュニティ 250万円 折りたたみベンチ、折りたたみ椅子、折りたたみテーブル、かき氷機、テント、除雪機、音響設備 他